HOME

栃木の県庁所在地はなぜ宇都宮市名なの?県庁への最寄りの駅やアクセス方法は?

栃木の県庁所在地

栃木県庁

栃木県の県庁所在地は?と聞くと、多くの人が「宇都宮市」と即答するでしょう。

しかし、実はこの背景には多くの歴史やエピソードが隠されています。

なぜ栃木の県庁所在地が宇都宮市なのか、その理由についてはあまり知られていません。

また、県庁に訪れる際の最寄りの駅やアクセス方法についても、正確な情報を持っている人は少ないかもしれません。

この記事では、そんな疑問や不明点を解消するための情報をわかりやすく解説しています。

初めての方でも安心して読み進めることができる内容となっておりますので、ぜひ最後までお読みください。

  • 栃木県の県庁所在地は宇都宮市である。
  • 宇都宮市は栃木県の中心都市としての役割を果たしている。
  • 宇都宮市には多くの行政機関や施設が集まっている。
  • 栃木県の歴史や文化に関する情報も宇都宮市で学ぶことができる。

栃木の県庁所在地なぜ宇都宮市なの?


栃木県の県庁所在地が宇都宮市である理由

栃木県の歴史的背景

栃木県には「栃木市」という市が存在しますが、県庁所在地は「宇都宮市」となっています。

この事実は、多くの人々にとって驚きの事実であるかもしれません。

実は、栃木県の名前の由来は、現在の栃木市にあたる「栃木町」から来ており、かつてはこの地に栃木県の県庁が置かれていました。

明治時代の変遷

1871年の廃藩置県により、藩が廃止され、新たに県が設置されました。

この時、現在の栃木県内には複数の県が誕生しましたが、その後の統合により「栃木県」と「宇都宮県」の2つの県が成立しました。

そして、1873年にこれら2つの県が合併し、県名は「栃木県」となり、県庁は「栃木町」に置かれました。

しかし、1882年に宇都宮への県庁移転を求める運動が活発化し、翌年の1883年に新たに栃木県令として就任した三島通庸によって、宇都宮への県庁移転が実現しました。

移転の背景

宇都宮への県庁移転の背景には、宇都宮が県の中央部に位置していたこと、人口や商工業の規模が栃木を上回っていたこと、そして宇都宮側が移転費用を負担したことなどが挙げられます。

栃木県庁へのアクセス(最寄り駅など)

栃木県庁へのアクセスに関する情報は以下の通りです。

電車を利用する場合:

  1. JR宇都宮駅からのアクセス:
    • 西口バスターミナルの「乗り場番号:1番,2番,6番,7番,11番,12番,13番」からのバスを利用し、「県庁前」で下車すると、徒歩で本町交差点を北進することで約5分(0.4Km)で到着します。
    • 「乗り場番号:38番」からのバスを利用すると、「栃木県庁舎前」で下車し、すぐに到着します。
    • JR宇都宮駅の西口から徒歩で約20分(1.4Km)で到着します。
  2. 東武宇都宮駅からのアクセス:
    • 東口から徒歩で約2分(0.2Km)進み、中央通りを左折して北進すると、約10分(0.8Km)で到着します。

車を利用する場合:

  • 東北自動車道の宇都宮IC出口や鹿沼IC出口、北関東自動車道の壬生IC出口からのルートが利用可能です。

また、県庁には来庁者用の地下駐車場があり、利用時間や料金などの詳細情報が提供されています。

参考サイト:
栃木県 – 県庁舎へのアクセス(交通案内・駐車場)
県庁への交通案内 – 栃木県

栃木県庁の所在地の郵便番号や住所、電話番号は?

栃木県庁の詳細情報は以下の通りです:

参考サイト:
栃木県公式ウェブサイトhttps://www.pref.tochigi.lg.jp/

栃木県庁の営業時間は何時から何時まで?

栃木県庁舎の利用時間に関して、公式な情報を以下にまとめました。

  • 本館(県民サービスゾーン)
    • 平日:午前8時30分から午後9時まで
    • 土日・祝日:午前10時から午後9時まで
  • 昭和館
    • 平日:午前8時30分から午後5時15分まで
    • 土日・祝日:午前10時から午後5時15分まで
  • 来庁者用駐車場(地下駐車場)
    • 平日:午前8時15分から午後9時30分まで(入場は午後8時30分まで)
    • 土日・祝日:午前9時45分から午後9時30分まで(入場は午後8時30分まで)

参考サイト:
栃木県公式サイト「県庁舎の見学時間」
栃木県公式サイト「県民サービスゾーン」
栃ナビ!「栃木県庁15階展望ロビー」

栃木の県庁所在地が栃木市と間違えられる理由

栃木県の県庁所在地は宇都宮市ですが、栃木市という、県名と同じ名前の市も存在します。

このため、栃木県の県庁所在地が栃木市ではないのかという疑問が生じることがあります。

実際に、栃木県の歴史を見ると、明治時代に日光県と統合された後、明治17年に県庁が宇都宮へ移されました。

この背景には、栃木県での自由民権運動の拠点であった栃木を、当時の三島県令が好ましく思わなかったことが一因とされています。

他の例

実は、栃木県だけでなく、他の都道府県でも県名と同じ名前の市が存在しながら、その市が県庁所在地でない例があります。

例として、山梨県の県庁所在地は甲府市ですが、山梨市という市も存在します。

また、沖縄県の県庁所在地は那覇市ですが、沖縄市という市も存在します。

宇都宮市が栃木の県庁所在地となった歴史

宇都宮市が栃木県の県庁所在地として選ばれた背景には、いくつかの要因があります。

  1. 地理的な位置: 宇都宮市は栃木県の中央に位置しており、交通の便が良いことが挙げられます。この点は、『栃木県議会の百年』という資料にも記載されています。
  2. 宇都宮市の歴史的背景: 宇都宮市は戊辰戦争の影響で多くが焼失しましたが、廃藩置県後の宇都宮県の治所として機能していました。また、明治5年以降、栃木県の県庁所在地として裁判所や招魂社、鎮台分営、県立病院などが設置されていました。これらの情報は『土木県令・三島通庸』という資料に記載されています。
  3. 地域住民の願い: 宇都宮市と県北地方の住民は、移転費用を負担しながらも、県庁の移転を熱心に求めていました。この点は、『評伝三島通庸 明治新政府で辣腕をふるった内務官僚』という資料に記載されています。

塙田が具体的に選ばれた理由については、資料に明確な記述は見当たりませんでしたが、『土木県令・三島通庸』によれば、最終的な決定は県令の意向によるものであったとされています。

参考資料:
『明治時代に栃木県庁が栃木市から宇都宮市に移転になった理由が知りたい。』 | レファレンス協同データベース
栃木県/県庁移転 – 栃木県公式ホームページ

栃木県の県名の由来

明治時代初期、日本は廃藩置県の政策を実施し、多くの「藩」が「県」として再編されました。

明治4年11月、栃木県と宇都宮県の2つが成立しました。

このときの「栃木県」という名前は、初めての県庁所在地であった「栃木町」(現在の栃木市)に由来しています。

そして、明治6年6月15日に、栃木県と宇都宮県が統合され、現在の栃木県が成立しました。

初めての県庁は栃木町に置かれましたが、明治17年には宇都宮町(現在の宇都宮市)に移転しました。

「栃木」の地名の語源

「栃木」の地名の語源には複数の説が存在します。

  1. 十千木説:栃木市内の神明宮という神社の屋根にある特定の木材が、遠くから見ると10本に見えたことから、「十千木」と呼ばれるようになった。
  2. トチノキ説:トチノキが多く生えていたことから、「トチギ」という名前がついた。
  3. 崩壊地名説:栃木市内の巴波川が氾濫を繰り返し、地形が浸食されたことから、「チギる」という動詞が名前の由来となった。
  4. 遠津木説:古事記に登場する神話の人物が、遠く離れた地域を指して「遠津木」と名付け、それが「トチギ」となった。

「栃」の字の使用経緯

「栃」は日本独自の国字で、中国では「橡」と書かれます。

栃木県の名前に「栃」の字が使われるようになった経緯は明確ではありませんが、明治12年に県が「栃」の使用を正式に決定し、その後の使用表記が「栃」に統一されました。

参考サイト:栃木県公式サイト

栃木の県庁所在地(宇都宮市)の魅力と特徴


宇都宮市の観光スポット

宇都宮市は、多くの観光スポットで知られています。

以下は、宇都宮市での観光の際に訪れるべきスポットの一部です:

  1. ザ・グランドスパ南大門:JR宇都宮駅から徒歩約10分の位置にあるこの施設は、地下約1,200mからの天然温泉を利用した露天風呂や、多彩なお風呂が楽しめます。特に「愛の湯」や「スパークリングスパ」などの希少な源泉100%掛け流しのお風呂が人気です。 公式サイト
  2. 宇都宮カンツリークラブ:1961年開場のこのゴルフクラブは、歴史と風格を持ちつつもカジュアルに楽しめる27ホールがあります。宇都宮ICから車で約5分のアクセスが可能です。 公式サイト
  3. ファーストタクシーグループ:栃木県最大手のタクシーグループで、質の高いサービスとホスピタリティが評価されています。 公式サイト
  4. 宇都宮天然温泉 ベルさくらの湯:北関東最大級の日帰り温泉で、多彩なお風呂やリラクゼーション施設が楽しめます。 公式サイト
  5. 若竹の杜 若山農場:広大な敷地に広がる竹林を散策できるスポットで、映画のロケ地としても知られています。 公式サイト

これらのスポットは、宇都宮市の魅力を感じることができる場所として、多くの観光客におすすめされています。

宇都宮市のグルメ情報


宇都宮市は、美味しいグルメで知られる場所として多くの人々に親しまれています。

特に、宇都宮餃子は全国的にも有名で、多くのレストランや居酒屋で提供されています。

また、宇都宮には和食、中華料理、イタリアンなど、さまざまなジャンルのレストランが豊富に存在しており、訪れる人々を飽きさせません。

特に、トリップアドバイザーによれば、宇都宮には3,703件のグルメに関する情報が掲載されており、その中から特に評価の高いレストランやカフェを選ぶことができます。

参考サイト:
トリップアドバイザー宇都宮市のグルメ・レストラン・ランキング
RETRIP宇都宮の人気グルメ・レストランランキングTOP30
ぐるなび宇都宮のグルメガイド・人気レストランの食事におすすめ
icotto(イコット)宇都宮に来たら外せない!おすすめご当地グルメ14選

宇都宮市の歴史的建造物

宇都宮市には多くの歴史的建造物が存在しており、その中でも特に注目すべきは以下の建物です。

旧篠原家住宅

宇都宮市を代表する旧家の一つで、江戸時代(18世紀の終わり頃)から奥州街道口の現在の場所で醤油醸造業や肥料商を営んでいた。

現在の建物は明治28年に建てられたもので、歴史的価値が高い。

施設情報
宇都宮市公式Webサイト

岡本家住宅

江戸時代中期に建てられた民家で、庄屋格組頭を務めた旧家である。

主屋は茅葺、寄棟造で、南東部に折れ曲った別棟がつく珍しい形式。

表門は桟瓦葺、入母屋造の長屋門で、主屋とともに見るべき点が多い。

岡本家住宅|宇都宮の歴史と文化財

宇都宮市近隣のおすすめスポット


宇都宮市は、多くの魅力的な観光スポットや施設で知られています。

以下は、宇都宮市近隣のおすすめスポットをいくつか紹介します。

大谷資料館

この資料館は、宇都宮市の採掘場跡にあり、大谷石採掘の歴史や道具、採掘方法などを展示しています。

地下の採掘場跡は、神秘的な雰囲気を持つ広大な空間として知られており、映画やドラマのロケ地としても利用されています。

大谷資料館 - 大谷石の歴史と巨大地下空間
石の町「大谷」 大谷石に育まれ発展した大谷。現在では、大谷石採掘も手堀りから機械堀りへとなり、昔と大きく変わってきていま...

宇都宮動物園

「自然と動物と子供たち」をコンセプトにした動物園で、ライオンやキリン、アジアゾウなど約90種の動物が飼育されています。

動物との距離が近く、子供たちに人気のスポットです。

宇都宮動物園
栃木県宇都宮市の北部に位置する宇都宮動物園は、「自然とどうぶつとこどもたち」のふれあいテーマパーク。親子で、みんなで、動...

とちのきファミリーランド

栃木県総合運動公園内にあるファミリー向けの遊園地。

新幹線E5系「はやぶさ」をモチーフにしたジェットコースターや、大観覧車などのアトラクションが楽しめます。

とちのきファミリーランド
とちのきファミリーランドは栃木県総合運動公園の中にある遊びいっぱい♪夢いっぱい♫乗り物いっぱい♬ みんな元気になれるとっ...

ベルさくらの湯

宇都宮市の柳田街道沿いにある日帰り温泉施設。

美肌の湯として知られる人口炭酸泉や、岩盤浴、サウナなどが楽しめます。

宇都宮天然温泉 ベルさくらの湯
「北関東最大級の日帰り温泉・源泉かけ流し」ベルさくらの湯は、ゆとりある空間を提供します。温泉水を使用した露天風呂をはじめ...

宇都宮美術館

近代美術やポスター、デザイン家具などを収蔵しており、宇都宮市にゆかりのある美術作品も展示されています。

宇都宮美術館|ホーム
栃木県宇都宮市にある美術館、宇都宮美術館の公式ウェブサイト

栃木の県庁所在地はなぜ宇都宮市名なの?のまとめ

栃木県の県庁所在地、宇都宮市は、その歴史や文化、観光スポットなど、多彩な魅力を持つ場所です。

県庁所在地としての役割だけでなく、多くの人々に愛される観光地としても注目されています。

宇都宮市を訪れる際は、その魅力を存分に感じ取ってください。

この記事のポイントをまとめますと

  • 栃木県は関東地方に位置する
  • 県庁所在地は宇都宮市である
  • 宇都宮市は餃子で有名である
  • 栃木県は自然豊かな場所として知られる
  • 歴史的な建造物や観光地が多い
  • 県内には日光市や那須町などの観光地がある
  • 日光の東照宮は世界遺産に登録されている
  • 栃木県は産業も盛んである
  • 農業や工業が主要な産業として挙げられる
  • 県内には多くの温泉地が点在する
  • 栃木県は文化や伝統も豊かである

コメント

タイトルとURLをコピーしました