勝毎花火大会2019穴場スポットと場所取りや駐車場は?

勝毎花火大会2019穴場スポットと場所取りや駐車場は?

北海道最大規模「勝毎花火大会」

勝毎花火大会は、北海道帯広市で開催される、全国トップクラスの花火ショー。

例年の多くの人でにぎわう帯広の一大ビッグイベントです。

打ち上げ数は道内最大級!

十勝川河川敷で、音楽・照明・花火が一体となったエンターテインメント性の高い花火が繰り広げられ、グランドフィナーレでは、夜空一面に広がる錦冠(にしきかむろ)花火は、感動!の一言です。毎年、多くの見物客でにぎわい、

北海道の夏を代表するイベントとして、全国的に知名度が高まっています。

2019年の勝毎花火大会の開催日程や見どころ、場所取りにおススメの穴場スポットや駐車場の情報などをご紹介します。


Sponsored Link


勝毎花火大会の動画

勝毎花火大会 2019年の開催日程や会場は?

開催日:2019年8月13日
※荒天時は、8月14日に延期
開催時間:19:30~21:00
開催場所:十勝川河川敷特設会場(十勝大橋下流400m付近)

勝毎花火大会の詳細

打ち上げ数:非公表
昨年の来場者数:非公表
問い合わせ先:0155-22-7555(十勝毎日新聞社)
駐車場:あり 無料 特設駐車場から有料シャトルバスを運行
交通規制:9:00~22:00、会場周辺立入禁止区域あり
公衆トイレ:7ヶ所(160基)

打ち上げ会場

アクセス方法

電車の場合

katumaitrain

※帯広駅前発シャトルバス(往路のみ)料金 大人200円、子ども100円

車の場合

駐車場は?

  • 北愛国交流広場特設駐車場(帯広市愛国町10番1)
    ※北愛国シャトルバス(往復あり)片道料金 大人400円、子ども200円

勝毎花火大会の魅力や見どころと特徴


勝毎花火大会は、北海道帯広市を流れる十勝川河川敷で行われる花火大会です。

北海道では最大規模の花火大会で、打ち上げられる花火の数は道内最大級。

毎年多くの人出で賑わい、北海道の夏の一大イベントとなっています。

北海道で最初に花火大会を始めたのは勝毎花火大会だと言われています。

ちなみに勝毎とは、地元十勝で発刊されている「十勝毎日新聞」の略となっており、北海道ではよく知られた名前となっています。

肝心の花火についてですが、勝毎花火大会の名物と言えば、「錦冠(にしきかむり)」に他なりません。

錦冠は打ち上がった後に尾を引くタイプの花火で、これがグランドフィナーレとして連発して上がる様子はまさに圧巻。

花火の眩い光が、短い北海道の夏の夜空を彩ります。

また、音楽と連動したプログラムを組んでいるのも特徴で、光と炎、そして音の演出が見る人の心を震わせます。

場所取りのコツや何時からがおススメ?


勝毎花火大会は、北海道を代表する花火大会です。

そのため、多くの観客で賑わい、打ち上げ会場周辺は勿論のこと、周辺の道路も大混雑となります。

これは一例ですが、札幌に住む方が勝毎花火大会を観るため午前中に自宅を車で出発したものの、道路の渋滞が激しく打ち上げ時間までに会場に到着することができなかったと言われています。



通常、札幌から十勝までは車で3時間(高速道路を利用)あれば着く距離のため、当日の混雑ぶりがよくわかると思います。

加えて、会場周辺には駐車場はなく、特設駐車場からシャトルバスの利用となりますので、あらかじめご了承下さい。

なお、勝毎花火大会では有料席の設定があります。

少しでも花火をいい場所で見たい、なおかつ場所取りはしたくないという方は有料席を利用するのがよいでしょう。

さらに、無料席についても身障者席と安全対策協力エリア入場規制席はチケットが必要となっており、チケットのない方の入場はできません。

無料でかつチケットの必要がない一般開放席は、花火大会当日に場所取りが可能となっています。

一般開放席はかなりの激戦となるので、場所取りを考えている方は当日午前中には会場に着いているのがよいでしょう。

シートのみを敷いてその場を離れると撤去されてしまいます。

無料エリアでの観覧を希望している場合は、場所取りのためには打ち上げ時間までその場で過ごす必要があるので注意して下さい。

 

勝毎花火大会の穴場スポット

katumaihanabi1

鈴蘭公園

キレイに整備された公園でトイレも完備されており、高台で見晴らしもよく、帯広の町並みや会場の十勝川、日高山脈を望める展望スペースがある場所取りにはおすすめの穴場スポットです。

 

すずらん大橋

会場からは少し離れてしまいますが目前にさえぎる物がないため打ち上げ花火が良く見える穴場スポットです。

 

音更町側の河川敷

音更町側の河川敷が、大通南4丁目からかなり歩くため意外な穴場スポットになっています。

 

すずらん大橋下の河川敷

会場から少し離れてしまいますが、打ち上げ花火は楽しめる穴場スポットです。

何より河川敷にはトイレがあってほとんど混むことはありません。

 

札内ガーデン温泉の展望台

こちらの屋上にある展望台からは、十勝の大自然が360度のパノラマで楽しめ、そこから花火が楽しめます。

毎年、花火大会当日は、展望台を無料開放してくれている穴場スポットです。

 

帯広競馬場(帯広ばんえい競馬場)

人混みから離れて花火を楽しみたい方に、おすすめの穴場スポットです。

 


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)