馬刺しユッケ!なぜ桜ユッケとも言うの?由来は?

馬刺しユッケ!なぜ桜ユッケとも言うの?由来は?

馬刺しユッケは、なぜ桜ユッケとも呼ぶの?

全国の焼き肉店から、ごま油の芳醇な風味がおいしさを引き立てた人気のメニューの一つ「ユッケ」が無くなった今、脚光を浴びているのが「馬刺しユッケ」!

別名、「桜ユッケ」とも言います。

桜ユッケって普通のユッケじゃないの?と思っていた方も多いはず。

実は桜ユッケとは、牛肉ではなく、馬肉のユッケなのです。

この馬肉のユッケが、なぜ「桜ユッケ」と呼ばれているかご存知ですか?

今日は、この桜ユッケの由来などをご紹介します。


Sponsored Link


そもそも、なぜ馬肉のユッケを桜ユッケと呼ぶようになったの?

馬肉は別名「桜肉(さくら肉)」とも呼ばれますが、この由来には諸説あります。

  • 馬肉の色が桜色であるから
  • 馬肉は、桜の咲くころ、4月から5月にかけてが一番おいしいから
  • 江戸時代の童謡に「咲いた桜になぜ駒つなぐ」というのがあり、
    そこからきているという説

というような、様々な諸説があります。

また、江戸時代には獣肉を食べることが禁じられており、そのまま呼ぶことがはばかられたため、猪の肉を「牡丹(ぼたん)」、鹿の肉を「紅葉(もみじ)」と呼んでいたように、馬肉にも植物系の名前(隠語)をつけようとしたことが基本としてあったという説が有力です。

そして、「桜」が選ばれた理由として、

切った時の肉の色があり、「桜肉」と呼ばれるようになったということです。

馬肉(桜)以外の隠語ってあるの?

botanniku
仏教が伝来して以来、日本では殺生を禁じる風習となり、奈良時代には肉食禁止の詔が出されました。


Sponsored Link


特にウシ・ウマ・イヌ・ニワトリ・サルの五畜の肉食を禁じると明言されたようです。

しかし当時から江戸時代まで、日本人が全く肉を食べなかったかといえば、そうではありません。

戦いに出れば、野生の動物を捕らえてその肉を食べたでしょうし、飢饉の時にはニワトリなどの家畜も食べたでしょう。

そう言った表向き禁止されている肉食をするために、動物の肉に植物の名前を付け、つまり隠語を使っていたというわけです。

 
肉の隠語

  • 馬肉は、「サクラ(桜)」
  • 鹿肉は、「モミジ(紅葉)」
  • 猪肉は、「ボタン(牡丹)」
  • 鶏肉は、「カシワ(柏)」

ただ、面白いことに、キジとかカモなどの隠語は無いようです。

また、江戸時代まで牛や豚を食べる習慣が日本人にはなかったので、牛、豚にも隠語はないようです。

ユッケってなに?

yukke
ユッケとは、朝鮮料理のひとつ。

牛肉の赤身を細く切り、醤油・ごま油・にんにく・砂糖・コチジャンなどで和え、中央に卵黄をのせ、ネギや松の実を散らしたものです。

ユッケは、韓国語で「肉」を意味する「ユク(Yuk)」と、「刺身」を意味する「フェ(Hoe)」が合わさった語で、「肉の刺身」を意味します。

ユッケの肉には、「ランプ」と呼ばれるモモ肉を使用するのが一般的なのですが、今では、マグロや馬肉、牛タンなどで作られるようになっています。


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)