東海まつり花火大会の穴場スポット2018と駐車場や交通規制は?

東海まつり花火大会の穴場スポット2018と駐車場や交通規制は?


東海まつり花火大会の穴場スポット

東海まつり花火大会は、毎年、10万人以上もの見物客でにぎわう愛知県東海市の花火大会。

市の中心部で実地されるため、周囲どこからでも見ることができるのが特徴です。

スターマインや大乱玉がオープニング直後から続々と打ち上げられ、そしてフィナーレの大スターマインは、圧巻の一言です。

会場である大池公園の北側道路には夜店がずらりと並び、浴衣姿の観覧客でにぎわいます。

2018の東海まつり花火大会の開催日程やおススメの穴場スポット、そして、駐車場や交通規制の情報などをご紹介します。


Sponsored Link


東海まつり花火大会の動画

東海まつり花火大会 2018年の開催日程や会場は?

開催日:2018年8月11日
※小雨決行、荒天の場合は翌日順延
開催時間:19:20~20:30
開催場所:中央町大池公園内

東海まつり花火大会の詳細

打ち上げ数:約4000発
昨年の来場者数:13万人
所在地:愛知県東海市中央町 大池公園
問い合わせ先:0562-32-5149(東海市観光協会事務局)
駐車場:2700台 無料
交通規制:18:00~21:00 会場周辺で交通規制
公衆トイレ:仮設約30基、常設1カ所

東海まつり花火大会の会場

東海まつり花火大会へのアクセス方法

電車で行く場合

  • 名鉄太田川駅から徒歩15分
  • 名鉄新日鉄前駅から徒歩15分

車で行く場合

知多半島道路大府東海ICから国道155・247号経由で4km20分

東海まつり花火大会の駐車場や交通規制

臨時無料駐車場:2,700台

解放時間:各小中学校は15時から22時まで

  • 東海市立平洲小学校・中学校
  • 東海市立大田小学校など

※東海まつり花火大会の駐車場や交通規制の詳細はコチラです。

東海まつり花火大会の魅力や見どころと特徴


東海まつり花火大会は、愛知県東海市大池公園で行われる花火大会です。

スターマインや大乱玉など4,000発の打ち上げ花火が夜空を彩る、東海市の夏の一大イベントとなっており、毎年13万人もの人出で賑わいます。

中でも、フィナーレを飾る大スターマインの圧巻の一言。

また、大池公園という名の通り、大きな池を取り囲むように公園があるため、360度どこからでも花火を楽しめるのも東海まつり花火大会の特徴と言えるでしょう。

この他にも、例年は友好姉妹都市を結んでいる沖縄市から、エイサーを招待して公演が行われ、大池公園内に無料の動物園が併設されているなど、花火大会以外にも楽しめるポイントが多いのも嬉しいところです。


Sponsored Link


さらに、最寄り駅ではフェスや無音盆踊りが開催されるなど、注目したいイベントも盛りだくさん。

ちなみに無音盆踊りとは、イヤホン付きのラジオを持参した参加者がイヤホンから音楽を聞きながら盆踊りを踊るものとなっています。

当然ながら、踊り手には音楽が聞こえていますが、見ている人には聞こえていないので、無音の状態で踊る集団を眺めるという、いささかシュールな雰囲気が特徴となっています。

興味のある方はぜひ、花火大会前に無音盆踊りを観覧してみて下さいね。

東海まつり花火大会の場所取りのコツや何時からがおススメ?


東海まつり花火大会は、愛知県東海市にある大池公園で開催される花火大会です。

1時間10分の間に4,000発の花火が打ち上がり、5~10分おきにスターマインや大乱玉が上がるので、見ている人を飽きさせません。

毎年13万人もの人出で賑わう人気の花火大会となっているため、当然ながら少しでもいい場所で花火が見たいとなると、場所取りが必要になります。

近年の花火大会では、このような事情を考慮して有料観覧席を設けているところもあるのですが、東海まつり花火大会では有料観覧席の設定はありません。

残念ですが、見方を変えれば誰にでも特等席での花火の観覧のチャンスがある!ということになりますよね。

打ち上げ会場となる大池公園は、その名の通り大きな池がある公園のため、公園内ならどこからでも花火を鑑賞することができますが、やはりより間近で見たいということであれば、執行本部のある展望台周辺がよいでしょう。

しかしここは例年混雑するので、場所取りをする場合はかなり早い時間帯に行く必要があります。

それよりも少し離れますが、芝生広場や多目的広場だと夕方に到着しても少人数であれば席を確保できると言われていますので、当日早くに到着できないという方はその2ヶ所にて場所取りを検討してみるのがよいでしょう。

東海まつり花火大会の穴場スポット

アピタ東海荒尾店の屋上駐車場

地元の人に人気の穴場スポットです。ここは、場所取り開始は朝から始まります。

 

しあわせ村の山の傾斜

ゆっくり花火観賞ができる穴場スポットです。ただ、花火の方向にアピタがありますので、それが唯一の難点かもしれません。

 

太田川河川敷

人の混雑とは無縁の穴場スポットです。ただ、座ったりしてみることは出来ません。

 

濃尾大花火大会の穴場スポットと駐車場や交通規制は?

刈谷わんさか祭り花火大会の穴場スポットと駐車場や交通規制は?

犬山日本ライン夏祭り花火大会の穴場スポット!

名古屋みなと祭花火大会の穴場スポットと場所取りや最寄り駅は?

豊田おいでんまつり花火大会の穴場スポットと場所取りや駐車場は?

 


Sponsored Link




おすすめ記事





LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)