窓の結露を簡単に防止する3つの方法と日々の対策

窓の結露を簡単に防止する3つの方法と日々の対策

窓の結露は家庭にある物で防止できます!

内外の気温差が生じると起こる結露は、雑巾で拭くと驚くほどビショビショになるくらい大量の水分を発生させます。

毎年、窓に結露が出始める時期になると市販のグッズなどを使って対策を講じるものの、それ以外にも何か結露を防ぐ方法はないだろうかと悩まされいる方も多いのではないでしょうか。

窓の結露を防止するためにはまず、結露がどのような仕組みで起こるのか、そのメカニズムを知る事がとても大切です。

そして、結露は家にあるとても身近なもので被害を最小に食いとめる事も出来ます。毎日の生活にちょっとした工夫を取り入れて、是非、結露とは無縁の生活を手に入れて下さい。


Sponsored Link

そもそもなぜ結露は起こるの?

 

寒い外から、急に暖かい家の中に入ったり満員の電車に乗ると、眼鏡が曇ったりまたはそのような現象になっている人を見掛けた事はないでしょうか。

結露はこれと同じ原理と考えて下さい。

普段、私達の目には見えませんが空気はたくさんの水蒸気を含んでいます。

空気中に取り入れられる水蒸気の量は、湿度が高いほど多く、湿度が低くなると少なくなってしまうため、暖房などで暖められた空気が外気温の影響を非常に強く受けた窓の周辺に流れると、空気中の水蒸気は空気内に留まれなくなってしまい水滴となって窓に付着するのです。

窓の結露を簡単に防止する3つの方法

ketsuro2
1.古い新聞を窓に貼りつける。もしくは桟にはめこんでおく
水滴を新聞紙が吸ってくれるだけではなく、その濡れた新聞で窓を拭くとインクの油で窓がピカピカになります。

2.台所用洗剤を使って窓を拭き、乾拭きをする。
通常の20倍程度に薄めた台所用洗剤を使って窓を拭いた後、さらに乾拭きをします。洗剤に含まれる界面活性剤によって窓に水滴がつきづらくなります。


Sponsored Link


3.夜、寝る前に換気をする。
結露を防ぐためには、室内と外の気温差を少なくするのもポイントです。特に夜は外気が一気に冷えて結露が起こりやすくなるので、寝る前に換気をする事で室内の温度を下げ、結露になるのを防ぎます。

日々の窓の結露対策はどうすればいいの?

 

毎日の生活の中にも、結露を防止する方法というのはいくつかあります。

結露を防ぐためには、窓付近の気温が極端に下がる事のないようにする事が大事なので、サーキュレーターなどを使って家の中の空気を常に動かすように心掛けてみましょう。

こうする事で、温まった空気が窓の付近に流れるようになり、結露になるのを防ぐ事が出来ます。

または、カーテンは極力開けておき、カーテンと窓の間の隙間に冷たい空気を溜めこまないようにするのも大切です。

そして、灯油ストーブではなくエアコンやホットカーペットと言った電気器具で暖を取るのも有効です。

灯油ストーブからは以外と水分が放出されています。余計な水分を空気中に出さないようにする工夫をするのがよいでしょう。

窓の結露対策のまとめ

結露は掃除の手間や見た目だけの問題ではなく、カビを発生させるなどの健康面での不安にも繋がります。

そのため、なるべく結露にならないような生活に変えていく事も必要です。

 

冬の対策

窓の防寒対策!外の冷気を遮断する3つの方法

しもやけの対処法や治し方と予防【足指・耳・手】

ひび・あかぎれの原因や症状と治療法や対策は?

手荒れやひび割れの予防法と3つの対策法

カイロの貼る場所や位置で効果が決まる【冷え性・肩こり】

スノボ(スノーボード)初心者の持ち物リスト【日帰り・一泊】

スキーの持ち物リスト【初心者・子連れ・日帰り・一泊】

 


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)