HOME

秋の七草の意味と由来は?七草の種類と花言葉!

秋の七草

秋の七草の意味や由来は?という疑問を持つ方は多いでしょう。

日本の古来の伝統と文化に根付いた秋の七草の意味や由来、そしてそれぞれの草花が持つ花言葉について詳しく解説します。

秋の七草は、日本の四季の中でも特に秋の風情を象徴するものとして、長い歴史を通じて人々の心に深く刻まれてきました。

それぞれの草花が持つ独特の美しさや哀愁を、詩や歌に詠むことで、日本人の感性や価値観、そして歴史や文化と深く結びついています。

この記事を通じて、秋の七草の深い意味や背景を知り、その魅力を再発見してみてください。

  • 秋の七草の背景とそれが日本の伝統や文化とどのように結びついているか。
  • それぞれの秋の七草の具体的な種類とその特徴。
  • 秋の七草の由来と、詩人・山上憶良が詠んだ歌の影響。
  • 秋の七草の各草花の花言葉とその意味。

秋の七草の意味は?

秋の七草とは、日本の古来の伝統と文化に根付いた、秋の季節に繁茂する7種類の草花を称する言葉です。

これらの草花は、日本の四季折々の風情を象徴するものとして、長い歴史を通じて人々の心に深く刻まれてきました。

特に、古典文学や和歌においては、これらの草花を詠む詩が数多く存在し、それぞれの草花が持つ独特の美しさや哀愁を表現するためのモチーフとして用いられてきました。

このように、「秋の七草」は単なる季節の草花を指す言葉以上に、日本人の感性や価値観、そして歴史や文化と深く結びついているのです。

由来は?

秋の七草の由来は、日本の古代文化と深く結びついています。

特に、平安時代の初めに編纂された日本最古の歌集『万葉集』に、詩人・山上憶良による歌が収録されており、この歌が秋の七草の起源とされています。

山上憶良は、自身の感じる秋の風情や情緒を、七つの草花を通して詠み上げました。

「秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり) かき数ふれば 七種(ななくさ)の花」

「萩の花 尾花 葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝貌の花」

最初の詩では、「秋の原野に広がる花々を一つ一つ数えると、7つの種類がある」との意味が込められています。

次の詩では、「それらは萩、尾花、葛、撫子、女郎花、藤袴、そして朝の顔」と具体的に挙げられています。

なお、「朝の顔」に関してはいくつかの解釈が存在しますが、現代では「桔梗」として広く認識されています。

これらの歌によって、ナデシコやオミナエシ、ハギなどの草花が、秋の風物詩として人々の心に刻まれることとなりました。

そして、これらの草花は、時代を超えて日本人の生活や文化、風習の中で大切にされてきました。

また、山上憶良の歌は、後の時代の詩人や文学者たちにも影響を与え、多くの作品にその名が引用されるなど、日本の文化や歴史においても非常に重要な位置を占めています。

秋の七草の種類とその生息地

出典:いくつ知ってる?色とりどりの秋の七草 – ウェザーニュース

秋の七草は、日本の秋の風物詩として古くから親しまれている7種類の草花を指します。

それぞれが持つ独特の美しさや形状、そして花言葉は、日本人の感性を豊かにしてきました。

以下は、その代表的な7種類と、それぞれの主な花が咲く時期、そして自生する場所についての詳細です。

  • ナデシコ:6月から11月にかけて。湿地や水辺に多く生息。
  • オミナエシ:7月から10月にかけて。日当たりの良い草地や道端に広がる。
  • ハギ:7から10月。山地や川辺、海岸近くの砂地に生える。
  • オバナ(ススキ):8月から11月。乾燥した土地や草原、山の斜面に点在。
  • クズ:8月末から9月中旬。山間や森の中、道端の藪などに繁茂。
  • フジバカマ:8月から10月。湿地や沼地、水辺の近くに多い。
  • キキョウ:8月から10月。山地や平地の日当たりの良い場所に生息。

これらの草花は、日本の四季の中でも特に秋の季節感を感じさせるものばかり。

その美しさや風情を楽しむために、多くの人々が自然の中を訪れ、これらの草花を探し求めるのです。

秋の七草という言葉は、山上憶良の歌がはじまり?

秋の七草という言葉は、山上憶良の歌が起源とされています。

この歌には、秋の風物を代表する七つの草花が詠まれており、それが後の世代に伝わってきました。

山上憶良は、平安時代の詩人として知られ、彼の詠んだ歌には、秋の風情を感じさせる独特の情緒が込められています。

特に、彼の歌に詠まれた七草は、日本の秋の風物詩として多くの人々に愛されています。

これらの草花は、日本の自然や風土に根ざしたものであり、それぞれが秋の風情を象徴しています。

山上憶良の歌に触れることで、日本の秋の美しさや風情を深く感じることができるでしょう。

秋の七草の名前一覧

秋の七草の名前一覧を強化して、より具体的かつ専門的な情報を提供します。

以下の7つの草花について、その特徴や背景を簡潔に述べます。

  1. ナデシコ:学名「Dianthus superbus」。ピンク色の美しい花を咲かせる多年草で、日本の風物詩としても知られています。
  2. オミナエシ:学名「Patrinia scabiosifolia」。黄色い小花を密集して咲かせることから、秋の風景を彩る存在として親しまれています。
  3. ハギ:学名「Lespedeza thunbergii」。細かいピンク色の花をつける落葉低木。日本の古典文学にも度々登場し、秋の情緒を感じさせる草花として知られています。
  4. オバナ(ススキ):学名「Miscanthus sinensis」。秋になると茶色の穂をつけることで知られる、風に揺れる姿が美しい草花です。
  5. クズ:学名「Pueraria montana var. lobata」。日本の夏から秋にかけて見られる蔓性の植物で、白や紫の花を咲かせます。また、クズの根は食用や薬用として利用されることも。
  6. フジバカマ:学名「Eupatorium fortunei」。淡紫色の花を咲かせる多年草で、その名の通り、藤のような花の形状が特徴です。
  7. キキョウ:学名「Platycodon grandiflorus」。青紫色の大きな花を咲かせる多年草で、日本の伝統的な花としても知られています。

秋の七草は、食べるのではなく観賞用

「秋の七草」は、冬の訪れを前にして、その美しさを楽しみつつ、薬効も期待される植物が選ばれています。

これは、「春の七草」が食用として用いられるのとは対照的で、秋の七草はその美観を楽しむためのものとして位置づけられています。

古くは、旧暦の7月から9月を秋としていました。

そのため、「秋の七草」の最適な鑑賞期間はこの時期に該当し、現代のカレンダーで考えると、おおよそ9月中旬から11月初旬までとなります。

秋の七草の覚え方とポイント

秋の七草と知られる

「萩(はぎ)・薄(すすき)・葛(くず)・撫子(なでしこ)・女郎花(おみなえし)・藤袴(ふじばかま)・桔梗(ききょう)」

を覚えるのは、日本の伝統文化を深く知るためにも価値があります。

山上憶良の詠んだ詩を記憶の手助けとして使用するのも一つの方法ですが、「朝貌」を「桔梗」として解釈することが必要です。

順序を変えて、リズミカルに

「おみなえし、すすき、はぎ、ききょう、くず、ふじばかま、そしてなでしこ」

と繰り返すことで、記憶に定着させることができます。

また、各花の頭文字を取り、以下のような言葉を作るのも効果的です。

●「お好みの服は?」=「女郎花、薄、桔梗、撫子、藤袴、葛、萩」の順番で

●「ハスキーのお母さん」=「萩、薄、桔梗、撫子、女郎花、藤袴、葛」の順番で

独自の方法で覚えるのも面白いと思います。

「春の七草」は「七草粥」の材料として利用されますが、「秋の七草」は食用にはされません。

古代の人々は、冬を迎える前の秋に様々な備えをしていたことでしょう。その中で、薬効があるとされる秋の草花を鑑賞する習慣があったのかもしれません。

厳しい日常の中で、自然の美しさを楽しむことで、心の慰めを見つけていたのかもしれません。

秋の七草の花言葉と意味

ナデシコ(撫子)の花言葉

ナデシコは、純愛や真心を意味する花言葉を持つ草花です。

ピンクや白など、さまざまな色の花を咲かせるこの草は、秋の風物詩として多くの人々に親しまれています。

オミナエシ(女郎花)の花言葉

オミナエシは、再会の喜びや思い出を意味する花言葉を持ちます。

黄色い花を咲かせるこの草は、道端や野原でよく見かけることができます。

ハギ(萩)の花言葉

ハギは、愛情や絆を意味する花言葉を持つ草花です。

細長い茎の先に小さな花をつけるこの草は、秋の風物詩として多くの人々に親しまれています。

オバナ(尾花)の花言葉

オバナは、純粋な愛や情熱を意味する花言葉を持ちます。

乾燥した場所や草原に多く生息しており、細長い茎の先に小さな花をつけます。

クズ(葛)の花言葉

クズは、絆やつながりを意味する花言葉を持つ草花です。

夏から秋にかけて、紫色の花を咲かせるこの草は、日本の風物詩として親しまれています。

フジバカマ(藤袴)の花言葉

フジバカマは、慈愛や優しさを意味する花言葉を持ちます。

秋の時期に、紫色の花を咲かせるこの草は、多くの人々に愛されています。

キキョウ(桔梗)の花言葉

キキョウは、永遠の愛や誠実を意味する花言葉を持つ草花です。

青や紫の花を咲かせるこの草は、日本の伝統的な風物詩として親しまれています。

春の七草と秋の七草の意味の違い

春の七草との違い

春の七草とは、新年の七日に食べる七つの草を指す言葉です。

これに対して、秋の七草は秋の風物詩としての七つの草花を指します。

「秋の七草」と「春の七草」の違いとは?

秋の七草と春の七草の最も大きな違いは、その時期と関連する文化や習慣です。

春の七草は、新年の七日に食べることで、一年の無病息災を願うという意味が込められています。

一方、秋の七草は、秋の風物詩としての七つの草花を指し、詩や歌に詠まれることが多いです。

春の七草の簡単な覚え方!意味や由来や特徴!
春の七草とは?覚え方は?春の七草粥の由来は何?秋の七草との違いは?春の七草と言えば、1月7日の人日(じんじつ)の節句に食...

2023年9月29日は中秋の名月!十五夜に秋の七草を飾ろう!

2023年の9月29日は、中秋の名月として知られる十五夜です。

この日は、秋の七草を飾ることで、秋の風物詩を楽しむことができます。

ススキの季節と種類。パンパスグラスとの見分け方は?

ススキは、秋の風物詩として知られる草花の一つです。

パンパスグラスとは異なる特徴を持ち、その見分け方や種類についても詳しく知ることができます。

秋の七草の意味は?のまとめ

  1. 秋の七草は日本の古来の伝統と文化に根付いた言葉である
  2. これらの草花は日本の四季の風情を象徴するものとして深く刻まれている
  3. 秋の七草の由来は平安時代の初めの歌集『万葉集』に関連している
  4. 詩人・山上憶良が秋の風情や情緒を七つの草花を通して詠んだ
  5. 秋の七草は鑑賞用として、また薬草としての効果も持つ
  6. それぞれの草花は独特の美しさや形状、花言葉を持つ
  7. 秋の七草という言葉の起源は山上憶良の歌にある
  8. それぞれの草花の特徴や花言葉を結びつけて覚える方法が効果的である
  9. イラストや写真を利用して視覚的に各草花を覚える方法もある
  10. 秋の七草の花言葉はそれぞれ異なり、日本の風物詩としての価値がある
  11. 秋の七草は日本の自然や風土に根ざしたものであり、それぞれが秋の風情を象徴している

コメント

タイトルとURLをコピーしました