七五三の贈り物は、何が喜ばれるの?渡す時期はいつ?

七五三の贈り物は、何が喜ばれるの?渡す時期はいつ?


七五三お祝いの贈り物(プレゼント)は何が良いの?

かわいいお孫さんや、親しい方のお子様の七五三の贈り物は、何が良いのか悩むところです。

一般的に、七五三のお祝いを贈るときは、 内輪のお祝いのため、お祝いを贈るのはごく親しい身内だけで構いません。

また、ご近所同士や、知人程度の付き合いであれば、お祝い金、お祝いの品を贈らなくても、特にマナー違反にはなりませんが、過去に頂いている相手には、きちんと贈ったほうが良いでしょう。

七五三のお祝いの贈り物は何が喜ばれるのか?

渡す時期はいつが良いのか?などをご紹介します。


Sponsored Link


七五三の贈り物やプレゼントを渡す時期は?

贈るもの

事前に、お贈りするお子さんの両親の希望を聞いておくとよいでしょう。

子供の 晴れ着 一式を揃える場合はかなり金額がかさむので、親族でお金を出し合ったり、お祝いの品が重ならないようにすることもできます。

当日の衣装に合う履物(ぞうりや靴)や扇子などの付属品がよく贈られます。

ギフト券や現金を包んでも構わないようです。

お祝いをする日

11月15日前後

お祝いをするお子様の年齢(満年齢)

  • 女の子・・・3歳と7歳
  • 男の子・・・3歳と5歳

贈り物の予算の目安

  • 祖父母の場合は、1万円~2万円。
  • 親しい親戚では、3,000円~5,000円

ほどが目安です。

七五三の贈り物を渡す時期

10月中旬~11月15日前

祝儀袋・かけ紙について

水引きは赤白の蝶結び。のしを付けます。

表書きには、

  • 「祝七五三」…どの年齢のお祝いにも書ける表書き
  • 「賀御髪置」(おんかもきをがず)…3歳の子供に贈るとき
  • 「賀御袴着」(おんはかまぎをがす)…5歳の男の子に贈るとき
  • 「賀御帯解」(おんおびときをがす)…7歳の女の子に贈るとき

と書きます。

omotegaki

七五三のお祝いを贈る時期

11月に入ってから贈りますが、遅くても七五三当日(11月15日)までには送りましょう。


Sponsored Link


七五三のお祝いのランキング

1位 お祝い金
2位 洋服
3位 祝い菓子
4位 おもちゃ
5位 男の子 ⇒スポーツ用品、ゲームなど
女の子 ⇒文房具、帽子、カバン、小物など

七五三のお祝い品を贈るときの注意点は?


七五三のお祝いに、お祝い金ではなく品物を贈りたいと思っている方もいますよね。

しかし、贈る対象となる子どもにとってどのような品物がいいのかわからないですし、子どもの親としても頂いて困るものもあるでしょう。

特に祖父母の場合、七五三の写真撮影や参拝時に使ってもらえると思い、扇子や草履などの小物を贈ることもあるようですが、これらの品物は七五三が終わってしまうとほとんど使わなくなるので、あらかじめレンタルをしていることがあります。

何を贈ったらいいか悩んだ時は、直接七五三を迎える子どもの親に聞いてみるのがよいでしょう。

また、他の親せきが何を贈る予定なのかを聞いておくと、品物が被ってしまう心配もありません。

なお、七五三の子どもやその親は次のような品物を贈ってもらえると嬉しいと思っているそうです。

・人形やぬいぐるみ

・おもちゃ

・洋服

・ゲーム

・本

・文房具

・スポーツをしている子どもの場合は用具やウェアーなど

これ以外にも、品物が自由に選べるカタログギフトだと、子どもと相談しながら好きなものを選ぶことができて有難いという声もあります。

七五三のお祝いに品物を贈る時は、11月の上旬から11月15日までに届くように手配をしましょう。

それ以前に会う予定があればその時に渡しても構いませんが、11月15日を過ぎてしまうようであれば、先に品物だけ送っておくのがマナーです。


Sponsored Link




おすすめ記事





LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)