HOME

猪名川花火大会2019穴場スポットと最寄り駅や場所取りは?

伝統の花火大会「猪名川花火大会」

猪名川花火大会は、1948年(昭和23年)から続く伝統があり、大阪府池田市と兵庫県川西市が合同で開催している花火大会です。

両市の間を流れる猪名川(いながわ)の河川敷を会場に、毎年、13万人を超える見物客が訪れる夏の風物詩です。

変わり花火、メロディー花火、スターマインなど、特殊効果花火を含めた花火が約4,000発、猪名川の夜空を彩ります。

特に、見ごたえのある色とりどりのスターマインが打上げられる様は圧巻で、多くの人々を魅了します。

2019年の猪名川花火大会の開催日程や最寄駅、場所取りに最適な穴場スポットの情報などをご紹介します。


Sponsored Link


猪名川花火大会の動画

猪名川花火大会 2019年の開催日程や会場は?

開催日:2019年8月17日(土)
※小雨決行
開催時間:19:20~20:20
開催場所:猪名川河川敷

猪名川花火大会の詳細

打ち上げ数:約4000発
例年の来場者数:13万人
所在地:兵庫県川西市小花2丁目・下加茂1丁目地先
大阪府池田市桃園1丁目・2丁目地先(猪名川両河川敷)
問い合わせ先:072-754-6244(池田市観光・ふれあい課)
072-740-1161(川西市観光・スポーツ振興課)
駐車場:なし
交通規制:18:00~22:00 会場周辺で交通規制
公衆トイレ:11ヶ所

猪名川花火大会の花火の打ち上げ場所
inagawahanabiichizu

猪名川花火大会の最寄りの駅

  • 阪急電鉄池田駅から徒歩10分
  • 川西能勢口駅から徒歩10分
  • JR川西池田駅から徒歩15分

花火大会の魅力や見どころと特徴


猪名川花火大会は、大阪府池田市と兵庫県川西市が毎年8月に合同で開催している花火大会です。

猪名川を挟んで隣り合う両市を始め、大阪府、兵庫県からも足を運ぶ人が多く、来場者は例年13万人ほどに及びます。

夏の夜空を彩る4,000発の花火は、川も鮮やかに染め、その光景は息を飲む美しさ。

とは言え、猪名川花火大会は花火の数だけで言えば、他の花火大会と比較して決して規模は大きいと言えません。

それでも来場者が多いのは、花火大会には欠かすことができない屋台の数にあります。

何と、猪名川花火大会に出店する屋台の数は300~350ほど。

この数の屋台が出る花火大会は、全国でもそう多くありません。

花火大会の規模が大きすぎると、せっかく花火を見にいっても場所がなく、結局遠くから眺めるだけになってしまった・・なんてこともあり得ますが、猪名川花火大会は場所取りを急がなくても花火を見ることができますし、数多く並んだ屋台でお祭りムードをたっぷりと満喫することができます。

観覧のポイント

例年、打ち上げ場所近くの「第1会場」は大変混雑します。



観覧は駅から少し離れますが、南側の猪名川大橋近く、「第2会場」が比較的空いており、打ち上げ場所に近く、おすすめです。

また、この花火大会では事前の場所取りが禁止されており、16時以降にしか場所を確保できないというルールがあります!ご注意を!

猪名川花火大会おススメの穴場スポット

inagawahanabi1

猪名川運動公園から猪名川大橋にかけて

猪名川運動公園から猪名川大橋の辺りが、比較的ゆったりと見れる穴場スポットです。

 

五月山公園

五月山秀望台がおススメの穴場スポットです。

花火会場まで2kmぐらいの距離があるので、迫力ある花火とはいかないかもしれませんがゆったりと楽しめます。

 

絹延橋周辺

意外と人が少なくてゆっくり観れる穴場スポットです。

 

大阪空港西側のスカイパーク

ちょっと小さくても、綺麗な夜景とセットで楽しみたい方の穴場スポット。

タイミングが合えば飛行機も一緒に見られちゃう、お得な場所です。

 

伊丹の総監部東側

「北伊丹駅」の近くにあり、花火がよく見えるそうです。

 

すみれが丘

特にすみれが丘郵便局と小学校をつなぐ長い階段がおすすめで、かなり遠くまで見渡せる穴場スポットです。

 

兵庫県で開催されるその他の花火大会と穴場スポット

加古川花火大会の穴場スポット一発チェック!

いたみ花火大会の穴場スポット一発チェック!

芦屋サマーカーニバル花火大会の穴場スポットと交通規制は?

淡路島まつり花火大会の穴場スポットと駐車場は?

みなと神戸海上花火大会の穴場スポット一発チェック!

 


Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました