大曲花火大会2019穴場スポットと駐車場や渋滞情報はコチラ

大曲花火大会2019穴場スポットと駐車場や渋滞情報はコチラ

全国花火競技大会「大曲花火大会」

秋田県大仙市で行われる大曲の花火の打ち上げ花火数は、全国最大規模の1万8000発で、観客動員数も、約80万人近い人たちが、大曲の全国花火競技大会を見るためにやってきます。

昼花火の部は、5号早打ち5連発、割物または煙竜。夜花火の部は、課題・自由玉の10号玉それぞれ1発の10号割物の部と創造花火の部で競われます。

毎年恒例の尺玉30連発の豪快な演出などクオリティーの高い全国花火競技大会

大曲花火大会」は、名前のとおり花火の全国大会で、日本三大花火大会に数えられる有名な花火大会です。

アニメキャラクターなどの打ち上げ花火の発祥地は、全国花火競技大会「大曲の花火」と言われています。

毎年多くの見物客でにぎわうこの花火大会。2017年の大曲花火大会の見どころや穴場スポット、駐車場や交通規制、渋滞情報などをご紹介します。


Sponsored Link


大曲花火大会の動画

大曲花火大会 2019の開催日程や会場は?

開催日:2019年8月31日
※雨天決行。荒天時は、延期 ※延期日は要問い合わせ
開催時間:
17:15~18:00(昼の部)
18:50~21:30(夜の部)

開催場所:雄物川右岸河川敷(大曲橋下流)

大曲花火大会の詳細情報

打ち上げ数:18000発
例年の来場者数:76万人
所在地:秋田県大仙市大曲 雄物川河畔
問い合わせ先:0187-62-1262(大曲商工会議所)
駐車場:8000台( 無料:約5000台、有料約3000台)
交通規制:大会数日前より会場周辺は駐車禁止、当日は市内全域
公衆トイレ:観覧会場内に多数(1000基以上)

大曲花火大会の打ち上げ会場
omagarimap

 

大曲花火大会の魅力や見どころと特徴


大曲花火大会は、秋田県大仙市大曲で行われる花火大会です。

日本三大花火大会の一つにも数えられており、毎年80万人近い人出で賑わいます。

打ち上げられる花火の数が18,000発と、日本全国の花火大会の中でもトップクラスを誇りますが、大曲花火大会が人気なのはそこだけではありません。

大曲花火大会は、日本の有数の花火師達がその腕を競う、花火競技大会でもあります。

実際の審査は審査員が行いますが、来場者用のパンフレットにはエントリーしている煙火業者や花火師の名前が記載されており、花火を見て個人的な評価を記すことが可能となっています。

このような花火競技大会は他の花火大会でも行われていますが、大曲花火大会の特徴として最優秀賞に「内閣総理大臣賞」が設定されています。

内閣総理大臣賞がある花火競技大会は大曲花火大会の他に1つしかないので、より選りすぐられた花火師が集まる大きな花火大会であることがお分かりいただけるかと思います。

ただし、大曲花火大会の特徴はこれだけではありません。

花火大会終了後、観客は手にしているペンライトや懐中電灯を一斉に振り出します。

これは、素晴らしい花火を見せてくれた花火師達に感謝の気持ちを表すものです。

そして、観客の気持ちに応えるように、打ち上げ場所にいる花火師達が発煙筒を焚いてくれるのです。

この光景に感動し、初めて来た方などは「次はペンライト持参で来よう」と翌年も、その翌年も・・と通うようになると言われています。

今年、初めて大曲花火大会に行くという方は、ぜひペンライトや懐中電灯を持参して出かけることをお勧めします。

場所取りのコツや何時からがおススメ?


大曲花火大会は、来場者が80万人を超える大人気の花火大会となっています。

多くの花火大会では、有料席の打ち上げ会場近くに無料で観覧できるエリアがありますが、大曲花火大会の場合、これまで自由観覧席として設けていた場所が、有料となり、料金を払わずに花火を見るには他のスポットを探す以外になくなりました。

なお、有料席については、以前までは抽選によってチケットの販売が行われていましたが、現在は先着順となっています。



インターネット受付(ローソン及びイープラス)と、大曲商工会議所での直接販売が対象となっていますので、お間違えのないようにして下さい。

有料席が確保できなかった時は、打ち上げ会場から少し離れた場所から見ることになります。

比較的近い場所なら、大曲中学校周辺や、仙北自動車学校近くの土手、興栄建設付近の農道が穴場スポットとなります。

場所によって仕掛け花火が見えないこともありますが、打ち上げ花火なら見ることができます。

大曲花火大会へのアクセス方法

電車の場合

JR大曲駅から徒歩30分

※JR秋田新幹線、田沢湖線、奥羽本線で臨時電車運行(~24:00前後)。

車の場合

秋田道大曲ICから車で10分

駐車場や交通規制、渋滞情報について

駐車場や交通規制についての詳細はコチラです。

大曲花火の渋滞についての詳細はコチラです。

大曲花火大会の穴場スポット

omagarihanabi1

大曲中学校周辺(近くの農道)

あまり人通りも少ない場所なので、人ごみに揉まれる事もなく、また、花火の打ち上げ場所に近く、打ち上げ花火の観賞には、おすすめの穴場スポットです。

 

仙北自動車学校付近の土手

会場の土手までいけない、帰りの渋滞がいやな方向けの穴場スポットです。

 

興栄建設の脇

プロの写真家御用達の撮影スポットも近く、迫力のある花火が綺麗に見えるおススメの穴場スポットです。

 

姫神公園

大平山登山道の昇り口にもなっている公園で、大仙市街地を一望できるバリアフリー対応のトイレもついているおススメの穴場スポットです。

 

河川敷のキャンプエリア

anaba

こちらは車が停められて、そのままそこでテントが張れる穴場スポットです。

予約専用エリアと先着順エリアに分かれています。

 

大曲ファミリーキャンプ場

高台にあり大仙市の町並みを一望できます。

打ち上げ会場から離れていますが、打ち上げ花火は観賞できる穴場スポットです。

 

丸子川にある河川敷

会場から少し離れていて、人混みは比較的緩やかです。

ゆっくりと花火を観賞したい人には、おススメの穴場スポットです。

 

国道13号線(大曲バイパス)周辺

人ごみを避けながらゆっくり観覧できるスポットです。

近くで見るほどの迫力はないですが、かなり楽しめます。

 


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)