HOME

足利花火大会の穴場スポットと2021年の開催日や駐車場や交通規制は?

足利花火大会の穴場スポットと2021年の開催日や場所取りのコツと駐車場や交通規制情報などをご紹介します。

足利花火大会は、栃木県足利市で行われる「足利夏まつり」のクライマックスを飾る関東屈指の花火大会。

毎年50万人を超える観覧客で賑わう歴史ある花火大会では、有名花火師が作った尺玉花火や仕掛け花火の競演、フィナーレの大ナイアガラと大スターマインなど、約2万発以上の花火が惜しげもなく打上げられ、その規模や迫力は圧巻の一言です。

スポンサーリンク

足利花火大会の穴場スポット

織姫公園

小高い山にある公園なので眺めが良く、夜景と花火を一緒に楽しめるおススメの穴場スポットです。

田中橋の上

花火が始まると人混みがゆるやかになるため、花火開始時間ギリギリでも観賞できる穴場スポットです。橋の上からの眺めも良く、目の前に遮るものがないため花火が綺麗に見えます。

ドコモショップ足利店の裏の土手

打ち上げ場所に近く、臨場感たっぷりの迫力ある花火を楽しむことができ、夕方18時過ぎでも場所取り可能な穴場スポットです。

ヤマダ電機の屋上

花火の打ち上げ場所に近い人気の穴場スポットです。早めの場所取りが必要だと思います。

アピタ足利店の屋上

ショッピングセンターの屋上は、駐車場も兼ねている人気の穴場スポットです。ここも早めの場所取りが必要だと思います。

足利税務署の裏手の土手

コチラの土手も臨場感あふれる花火が綺麗に見えるおススメの穴場スポットです。

ヨークベニマル足利店の屋上

打ち上げ会場から少々離れているヨークベニマル足利店の屋上駐車場(無料)から見る花火も穴場スポットです。 ただ、無料開放は毎年とは限らないので、事前に確認が必要です。

白鴎大学足利高等学校野球場の周辺

打ち上げ会場からも近い白鴎大学足利高等学校野球場の周辺は、スペースが広く混雑も避けやすく、しかも迫力ある花火を見る事ができる穴場スポットです。

中橋緑地近くの土手

中橋緑地近くの土手は、打ち上げ会場から少し離れており混雑も避けることができ、しかも、周りに視界を遮るものがないので花火を楽しく鑑賞できる穴場スポットです。

足利花火大会2021年の開催日や会場は?

開催日:2021年の開催日は下記公式HPを参照ください
足利花火大会公式HP
開催時間:19:00~20:45
開催場所:渡良瀬川田中橋下流河川敷
打ち上げ数:25000発
例年の来場者数:50万人
所在地:栃木県足利市伊勢南町 渡良瀬川田中橋下流下川敷
問い合わせ先:0284-21-1354(足利商工会議所)
駐車場:8300台 無料
交通規制:16:30~22:00、会場周辺で車両進入禁止
公衆トイレ:10ヶ所(86基)



足利花火大会の打ち上げ会場

足利花火大会の動画

場所取りのコツや何時からがおススメ?


足利花火大会は、栃木県足利市の渡良瀬川河川敷で開催される花火大会です。

毎年50万人近い人出に賑わう、北関東屈指の花火大会となっていますが、そうなると心配なのが花火を見る場所の確保です。

なお、足利花火大会では有料観覧席が設けられています。

暑い中で同じ場所に座って場所取りをするのは面倒という方は、こちらを利用するのがお勧めです。

足利花火大会は、打ち上げ会場が渡良瀬川河川敷ということもあり、開けた場所となっているので、来場者数の割りには激しい混雑は見られません。

打ち上げ時間の1~2時間前でも、少人数なら座る場所を見つけることができそうです。

しかし、大人数で見る場合や少しでも打ち上げ会場に近い場所で見たいという方は、3~4時間前には会場に着いていた方がよいでしょう。

ちなみに、有料観覧席近くはベストポジションと考える方は多く、このような席は朝早くから会場に来て場所取りをしている方もいるので、このような場所を取りたい場合は朝一での来場がお勧めです。

足利花火大会アクセス方法

電車で行く場合

  • JR足利駅南口から徒歩5分
  • 東武伊勢崎線足利市駅から徒歩10分

車で行く場合

  • 東北自動車道 佐野藤岡ICから車で30分
  • 北関東自動車道 足利ICから車で10分

駐車場や交通規制情報について

ashikagakisei

仮設駐車場や臨時駐車場の詳細情報はコチラです。 

花火大会の魅力や見どころと特徴


足利花火大会は、栃木県足利市で開催される「足利夏まつり」のフィナーレを飾る花火大会です。

歴史ある花火大会の一つなので、尺玉や仕掛け花火を始め、ワイドスターマインや有名花火師が手掛ける名玉大玉花火など、2時間で20,000発もの花火が打ち上げられます。

中でも圧巻なのが、クライマックスに上がる全長400mにも及ぶ大ナイアガラとスターマインの競演。

どこを見ても視界に花火が映るほどの圧倒的なスケールは、北関東随一の花火大会と言われるだけある、納得の内容となっています。

なお、足利夏まつりは、例年4日間に渡って開催され、花火大会はその最終日の夜に行われますが、まつり期間中は様々なイベントが行われます。

中日には花火大会の前夜祭として、北仲通りで色とりどりの七夕飾りが掲げられ、夕方からは歩行者天国にして夜店が数多く出店します。

毎年花火大会だけで35万人もの人出で賑わいますが、花火大会だけではなく、夏まつり全体を楽しんでみるのをお勧めします。

栃木県で開催されるその他の花火大会と穴場スポット

宇都宮花火大会の穴場スポットと駐車場や交通規制は?

真岡市夏まつり大花火大会の穴場スポットと駐車場はどこ?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました