HOME

善光寺の初詣の交通規制と渋滞情報や混雑状況と回避する方法は?

長野県長野市にある善光寺の初詣の交通規制はどうなっているのでしょうか?

善光寺は年間600万人ほどの参拝者が来る大寺院で、初詣だけでも三ヶ日で50万人もの人が訪れます!

そのため、善光寺の近辺は歩行者天国や一方通行になっていたりするので、なかなか善光寺にたどり着くことができない!ということが起きてしまいます。

そのようなことにならないために、今回は初詣の時の善光寺近辺の詳しい交通規制と渋滞情報、混雑状況や回避する方法をまとめて紹介していきます!

それでは早速見ていきましょう!



善光寺の初詣の交通規制情報


画像:https://xn—-107a39dz2cl6mlufhmp.jinja-tera-gosyuin-meguri.com/wp-content/uploads/2016/12/zenkouji.pdf

善光寺では12月31日〜1月4日にかけて交通規制を行っています。

善光寺の周辺は歩行者用道路や一方通行になっているところが多々あるので、車で善光寺に向かう際は把握しておく必要があるのです!

まず、「大歓進から千鳥ヶ池」と「城山公園から長野大通り」が一方通行となります。

車で善光寺に行く際は間違えないように注意しておきましょう!

次に歩行者用道路ですが、中央通りの大門から善光寺に向かう道はほぼ歩行者用道路となります!

その他の道はいつもと変わりませんが渋滞間違いなしなので、車なら朝早くに行くか公共交通機関を利用することがオススです!

善光寺の初詣の渋滞情報


12月31日〜1月4日の間、善光寺の近辺では交通規制が行われます。

さらに、善光寺の三ヶ日には毎年50万人もの参拝者が訪れるので、善光寺の付近では渋滞が予想されます!

特に善光寺に向かう道路や一方通行になっている道路は必ずと言っていいほど渋滞しますのでご注意ください。

善光寺の近くには駐車場が数多くあるのですが、ほとんどが満車になるので駐車場が空くのを待つ車の列ができます。

とにかく、初詣の時期の善光寺は渋滞ほぼ間違いなしなので、渋滞を避けるには早朝か夕方以降がオススメです!

善光寺の初詣の混雑状況


善光寺の三が日は約50万人が参拝しに来ます。

1日あたり約17万人もの人が来るので、混雑は間違い無いでしょう。

特に混雑するのが「二年参り」が行われる12月31日大晦日の23:00〜1月1日の元旦の1:00頃です!

ピーク時には参拝に1時間ほど並ぶ長蛇の列ができることも。

2:00頃になると列はほとんどなくなり、スムーズに参拝することができます!

元旦は早朝から人が続々と集まり、10:00頃には混雑し始めます。

元旦のピークは10:00〜15:00頃で、スムーズに進む時はあるのですが参拝するために列に並ばないといけません。

参拝が終わると次はおみくじやお守りの購入に人々は流れるので、次はそちらが混雑します!

お守りを販売しているところはあまり広くなく、もみくちゃにされる可能性が高いです。

もし混雑が嫌な人は別日におみくじやお守りを購入してもいいかもしれません。



善光寺の初詣の混雑を回避する方法は?


初詣で長蛇の列に並びたくないという人は多いかと思います。

そこで、これまでの情報を元に混雑が回避できる時間帯をまとめてみたので、ぜひ参考にしてください。

・5:00〜10:00頃

・15:00〜16:00頃

善光寺の初詣はお昼の時間がとにかく混雑します!

混雑を避けるためには早朝か閉門間際に訪れるのがオススメなので、混雑が嫌な人はこの2つの時間帯を狙って善光寺へ行きましょう!

また、天気によっても混雑具合が変わります。

長野市は雪が降りますが、快晴の時は人手が多くなり混雑します。

先ほどお伝えした2つの時間帯と雪の日が重なったら混雑がかなりましかもしれませんよ。

まとめ

以上、善光寺の初詣の交通規制情報などでした!

善光寺の三が日には50万人ほどの参拝者が訪れます。

善光寺周辺の一部の道路は歩行者専用になったり一方通行になりますので、車や人で混雑することは間違いありません!

ただし、比較的混雑していない時間帯もありますので、どうしても混雑が嫌な方はその時間帯を狙って初詣に行ってみてくださいね。

混雑を避けて気持ちよく参拝しましょう!



コメント

タイトルとURLをコピーしました