HOME

「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」は何時から何時までの時間帯を言うの?

「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」

日本文化において、挨拶は社会的なコミュニケーションの基本であり、日々の生活に深く根ざしています。

特に「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」という三つの挨拶は、時間帯に応じて使い分けられることが一般的です。

しかし、これらの挨拶をいつ、どのような状況で使うべきかについては、明確なガイドラインが存在するわけではありません。

そこで、ここではこれらの挨拶の適切な使用時刻とその境界線について探求してみましょう。

「おはよう」の適切な使用時間帯(何時から何時まで)


日本の文化において、挨拶はコミュニケーションの基本であり、その中でも「おはよう」という言葉は日常生活において頻繁に使われます。

しかし、「おはよう」を使う適切な時間帯については、多くの人が疑問を持っています。

ここでは、「おはよう」の使用に適した時間帯について詳しく解説します。

「おはよう」の使用開始時間

「おはよう」という挨拶は、一般的に朝の時間帯に使用されます。

しかし、その開始時間については、明確な基準が存在しません。

これは、個人の生活リズムや職業、地域によって異なるためです。

例えば、早朝から活動する人は、夜明け前から「おはよう」と挨拶することがあります。

一方で、遅い時間に起床する人は、午前中でも「おはよう」と言うことがあります。

NHKの場合

公共放送であるNHKでは、視聴者の感覚に合わせた挨拶を心がけています。

その一例として、NHKでは朝の時間帯に特に注意を払っています。

具体的には、NHKでは朝9時までの時間帯を「おはようございます」という挨拶で区切っています。

この決定には、2003年に行われた興味深い調査結果が背景にあります。

その調査によると、回答者の約3分の1が「10時に『おはようございます』と言われることに抵抗を感じる」と回答していました。

さらに、この抵抗感を持つ人々の年齢層が比較的高いことが明らかになりました。

NHKは、これらのデータを踏まえ、朝の時間帯における視聴者層の傾向を考慮し、9時までを「おはようございます」とする挨拶の基準と定めました。

これは、視聴者の感覚に寄り添い、伝統的な文化を尊重するNHKの姿勢を示しています。

以下の表は、NHKにおける朝の挨拶の時間帯を示しています。

時間帯 挨拶
~9:00 おはようございます

このように、NHKは視聴者の感覚を重視し、日本の文化に根差した挨拶の使い分けを行っています。

これは、公共放送としての責任と、日本の伝統を大切にする姿勢の表れと言えるでしょう。

参考資料:「おはようございます」何時まで? | NHK放送文化研究所

百貨店などの小売業界の場合


接客業、特に百貨店などの小売業界では、顧客とのコミュニケーションが非常に重要です。

その中でも、挨拶は第一印象を決定づける要素の一つとされています。

では、接客業における挨拶のタイミングはどのように決まっているのでしょうか?

一般的に、百貨店などの接客業では、午前11時までの時間帯を「朝」とみなし、「おはようございます」という挨拶を用います。

これは、顧客が店舗に訪れた際に、爽やかで明るい印象を与えるための慣習とされています。

また、この時間帯は多くの店舗が開店する時間帯と重なるため、新たな一日の始まりを迎える顧客に対して、積極的な挨拶をすることが望ましいとされています。

特に百貨店などの高級感を重視する業態では、細かなマナーが顧客満足度に大きく影響するため、従業員はこのような挨拶のルールを厳守することが求められます。

秘書技能検定試験における基準

公益財団法人実務技能検定協会が実施する「秘書技能検定試験」では、朝の挨拶に関して特定の基準が設けられています。

この試験では、朝の挨拶「おはようございます」は「10時まで」とされています。

これは、ビジネスシーンにおける一般的なガイドラインとして参考にされることが多いです。

「こんにちは」の使用時間帯(何時から何時まで)


日本では、時間帯に応じて異なる挨拶を使う習慣があります。

特に「こんにちは」という挨拶は、日中に広く用いられますが、その具体的な使用時間帯は場所や状況によって異なることがあります。

以下では、異なる環境における「こんにちは」の使用時間帯について詳しく解説します。

NHK(日本放送協会)の場合

NHKでは、一般的に「9時~18時」の間に「こんにちは」という挨拶を使用します。

これは、日中の主要な時間帯をカバーしており、テレビやラジオの放送においてもこの時間帯に「こんにちは」という言葉が頻繁に使われます。

百貨店や接客業の場合

百貨店や接客業では、やや狭い時間帯で「こんにちは」を使用する傾向があります。

具体的には、「11時~17時」の間にこの挨拶が用いられることが多いです。

これは、お客様とのコミュニケーションにおいて、より適切な時間帯を反映しているためです。

秘書技能検定の場合

秘書技能検定試験では、「10時~18時」の間に「こんにちは」と挨拶することが推奨されています。

これは、ビジネスシーンにおける標準的な時間帯を反映しており、プロフェッショナルな環境における挨拶のマナーとして位置づけられています。

以下の表は、これらの異なる環境における「こんにちは」の使用時間帯をまとめたものです。

環境 使用時間帯
NHK 9時~18時
百貨店・接客業 11時~17時
秘書技能検定 10時~18時

これらの情報から分かるように、「こんにちは」という挨拶は、日中の時間帯に広く使われていますが、その具体的な時間帯は、場所や状況によって異なることがあります。

それぞれの環境に応じた適切な挨拶の使い分けが、スムーズなコミュニケーションには不可欠です。

「こんばんは」の適切な使用時間帯(何時から何時まで)


「こんばんは」という挨拶は、夕方から夜にかけての時間帯に用いられますが、その正確な使用時刻については、状況や場所によって異なることがあります。

NHKなどのメディア業界の場合

NHKなどのメディア業界では、夕方のニュース番組が始まる18時から「こんばんは」という挨拶を使用することが一般的です。

これは、夕方のニュースが日中の出来事を総括し、夜の部分への移行を意味するためです。

参考資料:NHK放送文化研究所「こんばんは」は何時から?

百貨店などの接客業の場合

百貨店やその他の接客業では、顧客とのコミュニケーションが重要です。

ここでは、夕方の買い物客に対して17時から「こんばんは」と挨拶することが多いです。

これは、夕方の時間帯にショッピングを楽しむ顧客に対して、より親しみやすい雰囲気を作るためです。

秘書技能検定の基準

秘書技能検定試験では、ビジネスシーンにおける正確な挨拶が重要視されます。

この試験では、18時から「こんばんは」とすることが基準とされています。

これは、ビジネスの世界において、夕方から夜にかけての時間帯が重要な会議や接待の場となることが多いためです。

「こんばんは」を何時まで使用するか

「何時まで」については、一概には言えませんが、NHKでは深夜番組が終わる2時~3時ごろまで「こんばんは」と使用していることがあります。

一般的には、就寝前や日の出前までと考えるのが妥当でしょう。

「こんばんは」という挨拶の使用時刻は、業界や状況によって異なりますが、一般的には夕方から夜にかけての時間帯に使用されます。

ただし、その終了時刻については、個人や状況によって異なるため、柔軟に対応することが重要です。

業界/状況 開始時刻 備考
メディア(NHK) 18時 夕方のニュース開始時
接客業(百貨店) 17時 夕方の買い物客への対応
専門職(秘書技能検定) 18時 ビジネスシーンにおける基準
一般的な終了時刻 就寝前や日の出前まで

時間帯による挨拶「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」の使い分け


日本の挨拶文化は、時間帯によって異なる言葉を使うことで知られています。

しかし、これらの挨拶の境目には、一般的なガイドラインはあるものの、厳密なルールは存在しません。

以下では、一般的な目安としての挨拶の使い分けについて詳しく解説します。

「おはよう」と「こんにちは」の境目

時間帯 挨拶 参考
9時~11時 おはよう/こんにちは 個人差が大きい
10時 こんにちは NHK
11時 こんにちは 接客業
9時 おはよう 秘書技能検定

日の出や日没のような明確な変化がないため、この境目は特に曖昧です。

一般的には9時から11時の間に「おはよう」から「こんにちは」への移行が見られますが、これは個人や職業によって異なります。

「こんにちは」と「こんばんは」の境目

目安: 日没の時間

日没前は「こんにちは」、日没後は「こんばんは」とされています。

季節や地域によって日没の時間が異なるため、具体的な時刻を定めることは難しいですが、周囲が暗くなり始めたら「こんばんは」と言うことが一般的です。

「こんばんは」と「おはよう」の境目

時間帯 挨拶 参考
3時半~4時過ぎ おはよう 一般的な目安
2時~3時 こんばんは NHK(放送終了時)
4時過ぎ おはようございます NHK(放送開始時)
3時半~4時過ぎ おはようございます 民放

一般的には、就寝前や日の出前は「こんばんは」、起床後や日の出後は「おはよう」とされています。

放送業界では、NHKでは放送終了の2時~3時ごろまで「こんばんは」とし、放送開始の4時過ぎからは「おはようございます」としています。

民放では、3時半~4時過ぎごろの番組から「おはようございます」とすることが多いです。

これらの目安は、日本の文化や習慣に根ざしたものであり、地域や個人の習慣によって異なることがあります。

「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」は何時から何時までのまとめ

「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」という基本的な挨拶は、日々のコミュニケーションにおいて欠かせません。

しかし、これらの挨拶をいつ使うべきかについては、厳密なルールが存在しないことが多いです。

例えば、あなたが朝の気分で「おはよう」と挨拶したとしても、相手が昼の気分で「こんにちは」と返すことがあります。

このような場合、相手の気持ちを尊重し、「こんにちは」と返すのが良いでしょう。

挨拶は単なる言葉以上の意味を持ち、相手との関係性を築くための重要なツールです。

以下の表は、一般的に使われる挨拶とそのおおよその使用時間を示していますが、これはあくまで目安です。実際には、状況や相手の反応に応じて柔軟に対応することが大切です。

挨拶 おおよその使用時間帯
おはよう 朝〜午前中
こんにちは 昼〜午後早い時間帯
こんばんは 夕方〜夜

挨拶は、相手とのコミュニケーションの出発点です。

そのため、相手の反応を見ながら、臨機応変に使い分けることが、スムーズなコミュニケーションの秘訣と言えるでしょう。

関連記事

「朝」「昼」「夕方」「夜」って何時から何時まで?
日常生活で使われる「朝」「昼」「夜」といった時間帯の言葉は、私たちにとって非常に馴染み深いものです。 しかし、これらの言...
「夜中」「深夜」「未明」「夜明け」って何時から何時まで?
日本の時間帯の呼び方には、実は一般的な定義がないことをご存知でしょうか? 「夜中」「深夜」「未明」「夜明け」といった言葉...

コメント

タイトルとURLをコピーしました