月見団子の由来や意味は?月見団子の数や並べ方は?

月見団子の由来や意味は?月見団子の数や並べ方は?

十五夜に月見団子!その由来や意味は?

中秋の名月(十五夜)には、月見団子。

この日には、お団子を作って、ススキを供えて、月にお供えをしてから、美味しく団子を食べる!

そんな日なんですが、なぜ月にお供えをするのか?

なぜ団子を供えるようになったんでしょうか?

また、月見団子由来やその意味は?

月見団子の数はいくつお供えしたらいいのでしょうか?

気になったので、月見団子に関することを調べてみました。


Sponsored Link

月見団子の由来や意味は?

takimidango1
お月見の日に団子を供える習慣は、江戸時代からと言われています。

お月見の時に「これからの収穫」を祈るという事で収穫物である米の団子を用意したのが月見団子の由来だと考えられています。

つまり、お月見にお供えものをするのは、月が信仰の対象でもあったからです。

そして、この時期の収穫に感謝し、収穫物をお月様にお供えするようになったということですね。

月に見たてた丸い団子ですが、地域に根ざした様々な月見団子があります。

例えば、江戸では丸型、京都では芋型だったとも言われています。

なぜ十五夜に、月見団子やススキを供えるの?

月を信仰の対象としていたためで、収穫に感謝するためだったようです。

十五夜の時に供える月見団子は、穀物の収穫に感謝を表すため、月のように真ん丸団子を作ってお供えしたのが、月見団子の始まりです。

月見団子の形は、月にみたてて丸にしていることが多いのですが、地域によっては違う物もある様です。

また、ススキを飾るのは、ただ単に稲穂(お米)に似ているからで、本物の稲穂を供えることもあるようです。

 

十五夜はいつ?十五夜の意味や楽しみ方は?

十六夜はいつ?読み方や意味や楽しみ方!


Sponsored Link


十日夜はいつ?読み方や意味や楽しみ方!

中秋の名月はいつ、由来は?その日に満月は見れるの?

 

月見団子の並べ方や数はいくつ?

月見団子をいくつ供えるか? 実は2つ説があります。

第1の説:満月の数→12個

その年に出た満月の数を供えるとされていて、平年では12個、閏年では13個です。

第2の説:十五夜→15個

十五夜だから15個としていることもあります。

なお、十三夜は13個。

 

十三夜の月(栗名月)はいつ?読み方は?

 

dangonarabekata

15個供える場合の並べ方

一段目に9個(3×3)、二段目に4個(2×2)、三段目に2個を盛ります。

三段目の2個は、神事では正面からみて縦に2個並べます。

横に2個並べると仏事になります。

13個供える場合の並べ方

一段目に9個(3×3)、二段目に4個(2×2)並べます。

12個供える場合の並べ方

一段目に9個(3×3)、二段目に3個並べます。

お供えの器は、本来は「三方(さんぽう)」に白い紙を敷いてお供えします。

ただ、三方がある家庭は少ないので、お盆やお皿にお供えすれば大丈夫です。

また、最近では、月見団子の代わりに、月うさぎに見立てた可愛らしいおまんじゅうや、中国の月見に欠かせない月餅などをお供えしたりしているようです。

今回は、「月見団子」についてのうんちくでしたが、いかがだったでしょうか。

最後に、お供えした月見だんごは、必ず食べてくださいね!


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)