HOME

傘寿のお祝いの仕方!何が喜ばれる?タイミングはいつ?

傘寿のお祝いの仕方は何が喜ばれるのでしょうか。

傘寿のお祝いのタイミングはいつなのか知りたいですよね。

長寿祝いはお祝いをされる人に負担が少ない形で行うのが大切です。

どのように行うと喜んでもえらえるのか、悩まれている方も多いと思います。

そこで今回は、傘寿のお祝いの仕方について調べてみました。

スポンサーリンク

傘寿のお祝いの仕方は?喜ばれるのは何?


傘寿のお祝いの仕方は特に決まりはありません。

しかし、傘寿は80歳をお祝いするものなので、傘寿を迎える方の体調や気持ちに配慮する必要があります。

それでは、傘寿のお祝いで喜ばれるのは何なのでしょうか。

傘寿のお祝いの仕方をご紹介します。

食事会を開く

傘寿のお祝いの仕方で一般的なのは食事会です。

食事会と言っても自宅にて少人数で行うものから、高級レストランや料亭で普段よりもお高めの料理を堪能するなど、方法は様々になります。

自宅で行う場合は食事の内容を本人(傘寿を迎える方)の希望通りに整えることができ、移動の手間もなくリラックスして行えますよね。

一方で高級レストランや料亭での食事会は非日常や特別感を演出することができますが、移動の手間が発生します。

プレゼントを渡す

傘寿のお祝いの仕方としてこちらも一般的です。

昔は傘寿に濃黄色(金茶)のちゃんちゃんこや頭巾をプレゼントしていましたが、今は本人の希望するものを渡すことが多いようです。

心のこもったプレゼントを贈って喜んでもらいましょう。

本人が希望すれば旅行も

現代の80歳は一昔前とは違い、アクティヴな方もまだまだ多いですよね。

そのため、傘寿のお祝いとして旅行を希望する方もいます。

旅行先は本人の体調などに考慮して決めるのが良いでしょう。

傘寿のお祝いのタイミングは?


傘寿のお祝いのタイミングも、特に決まりはありません。

ただし、一般的には80歳の誕生日に行うことが多いようですよ。

誕生日以外なら、正月やお盆、ゴールデンウィークなど、親戚などが集まりやすい時に行うこともあります。

また、昔は傘寿を始めとした長寿祝いは数え年で行っていましたが、現在は満年齢で祝う方も少なくありません。

傘寿のお祝いで遠方から親戚が集まる時は、タイミングについては集まりやすい時期を検討してみるのがよいかも知れませんね。

なお、傘寿を迎える方が「数え年で80歳になる誕生日にして欲しい」などの希望があれば、その希望に沿って行うのが大前提になります。

傘寿のお祝いの注意点は?


傘寿のお祝いを行う場合、何か気を付けるべき点はないのでしょうか。

傘寿のお祝いを行う時の注意点を調べてみました。

本人の意向を必ず確認する

超高齢化社会を迎えている日本の平均寿命は、男女ともに80歳を超えています。

そのような中でもやはり、80歳をお祝いする傘寿は家族や親戚からすれば、「盛大に」行いたい特別なお祝いと言えますよね。

しかし、傘寿を迎える本人にしてみると、心身ともに若く元気な自分が「長寿」祝いをされることに、「年寄扱いされている」と感じる方もいるようです。

つまり、傘寿のお祝いをされてもあまり嬉しくないという方もいるのです。

そのため、傘寿のお祝いを行う時は、サプライズ的に行うのではなく、事前に必ず本人に承諾をもらうことが大切です。

お祝いをすること自体はOKでも、「盛大に」されるのはNGということもあります。

体調を最優先に

現代の80歳はまだまだ健康で元気な方が多いですが、急に体調を崩してしまうことは珍しくありません。

お祝いの予定は本人の体調を考慮して計画していても、前日や当日に難しくなることもあるでしょう。

その時に、「せっかく予約したから」「お祝いだから」と言って、無理に参加させるのは止めましょう。

また、高級レストランや料亭、ホテルなどでお祝いを行う場合は、長時間の移動や催しは避け、体調が良くない時は中止にすることも想定しておくべきです。



座敷での会食は体の負担になりやすいので、あらかじめテーブル席を用意しておく。

疲れた時に横になれるように個室にするなどの配慮が必要です。

傘寿のプレゼントで喜ばれるものは?


傘寿のお祝いでは、傘という字が入っているので傘をプレゼントすることが多いようです。

しかし、あまり外出しない方や移動は車で行うことが多い場合、必要がないということもありますよね。

そこでここでは、傘以外に傘寿のプレゼントで喜ばれるものをご紹介します。

お祝いに贈るプレゼントとして定番ですが、傘寿に花を贈る方は多いです。

傘寿は濃黄色がテーマカラーなので、明るくて華やかな黄色の花をメインにした花束を贈ってみてはいかがでしょうか。

お酒

傘寿を迎える方がお酒好きなら、お酒を贈るのもオススメです。

傘寿のお祝いとして贈る時は、いつもは飲まない高級な銘柄を選ぶのがよいでしょう。

お菓子

お酒と同様にお菓子も甘いものが好きな方に喜ばれるプレゼントです。

この場合も、いつもは食べない高級なブランドのものを贈るのがよいでしょう。

湯飲み茶わんやコーヒーカップ、食器類

毎日使う湯のみ茶碗やコーヒーカップ、食器も傘寿のお祝いに贈られて嬉しいプレゼント。

名前を入れてくれるサービスを行っているお店もあるので、名前を入れて贈ると世界に一つだけのプレゼントになりますよね。

アルバム

傘寿を迎える方が生まれてからの写真を集めて、アルバムにして贈ってみるのはいかがでしょうか。

写真屋さんでアルバム製作のサービスを受け付けていることが多いですし、最近はオンラインでの申し込みも可能のお店が増えています。

傘寿祝いの料金相場は?


傘寿祝いの料金相場は、傘寿を迎える方との関係によって変わります。

傘寿を迎える方があなたの両親の場合、相場は20,000~30,000円程度になりますが、お祝いの内容によっては金額はかなり変わります。

高級レストランや料亭での食事では、1人あたりの予算が5,000~20,000円となるので、家族5人分になると25,000~100,000円になり相場を大きく超えてしまいますよね。

旅行に行くともっとかかることもあるでしょう。

次に、傘寿を迎える方があなたの祖父母の場合は10,000~20,000円程度、あなたが親戚や知人なら5,000~10,000円程度が一般的な相場となります。

ただしこちらも、本人との付き合いが深いほど金額は高くなる傾向にあるようです。

傘寿のお祝いメッセージの例文!


傘寿祝いで食事会やプレゼントを贈る時は、必ずお祝いのメッセージを添えましょう。

食事会やプレゼントも嬉しいですが、それ以上にお祝いのメッセージは心に響くものがあります。

ここでは、傘寿のお祝いのメッセージの例文をご紹介します。

例文を参考に、あなたと傘寿を迎える方とのエピソードを盛り込んだオリジナルのメッセージを作成してみましょう。

「お父さんへ 傘寿おめでとうございます。いつも若々しく元気なお父さん。これからも一緒に趣味の観劇や映画鑑賞を楽しみましょう。健康第一に楽しく過ごして下さいね。」
「お母さん 傘寿おめでとう。お母さんが家庭菜園で作る野菜がどこの野菜よりも一番甘くておいしいです。いつもありがとうね。今度、孫達の顔を見せに会いに行きます。」
「おじいちゃん 傘寿おめでとう。仕事が忙しくてなかなか顔を見せに行けないけど、次の休みには会いに行くからね。お洒落なおじいちゃんに似合いそうなマフラーをプレゼントに贈ります。喜んでくれたらいいな。」
「おばあちゃん 傘寿のお誕生日おめでとう!いつもにこにこ明るいおばあちゃんが大好きです。これからも素敵でかわいいおばあちゃんでいてね。」

まとめ

傘寿のお祝いの仕方をご紹介しました。

傘寿のお祝いは、傘寿を迎える方の体調や気持ちを最優先することが大切です。

お祝いだからと周囲が盛り上がり過ぎず、傘寿を迎える方が楽しく、心地よい時間を過ごせるように考えて計画しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました