HOME

白寿祝いに喜ばれる花は?選び方や贈るときのポイント!

白寿祝いに喜ばれる花が知りたいですよね。

白寿祝いの花の選び方や、贈るときのポイントも気になります。

「白寿祝いだから白い花を贈るべき?」と悩んでいる方もいるでしょう。

そこで今回は、白寿祝いに喜ばれる花について調べてみました。

スポンサーリンク

白寿祝いに喜ばれる花は?

白寿祝いに花を贈るとき、何を選ぶとよいのか迷ってしまうことがあります。

白寿祝いに贈って喜ばれる花はどの種類なのでしょうか。

ここでは、白寿祝いに喜ばれる花をまとめてみました。

胡蝶蘭


高貴で上品なイメージの胡蝶蘭は、主に年配の方への贈り物で喜ばれる花です。

白寿祝いにぴったりの花と言えるでしょう。

胡蝶蘭には色がいくつかありますが白はメジャーなので、「欲しい色がない」という心配もありません。

また、胡蝶蘭と言えば、新装開店のお店の前に並んでいるイメージがないでしょうか。

これは胡蝶蘭の花言葉が「幸せが飛んでくる」だからです。

花の形が蝶に似ていることが由来で、花言葉も白寿を迎えた方に贈るのにふさわしいお祝いの言葉ですよね。

バラ


贈り物の定番と言えばバラですよね。

贈り物として選ばれるのは赤いバラが多いのですが、赤いバラには「あなたを愛しています」「情熱」などの花言葉があるので、白寿祝いに贈るには少し違う気がします。

しかし、白いバラの花言葉は「深い尊敬」

まさに白寿祝いにふさわしい素敵な花言葉ではないでしょうか。

白いバラはウエディングブーケのイメージもありますが、人生の大きな節目となるお祝いに贈るにはぴったりと言えるでしょう。

トルコキキョウ


花が大きく存在感がありながら、凛とした美しさのあるトルコキキョウは、年齢を問わず人気の花の一つです。

女性だけではなく男性にも似合う花なので、白寿祝いに選ぶと喜ばれますよ。

トルコキキョウの花言葉は「優美」や「すがすがしい美しさ」です。

また白いトルコキキョウには「思いやり」という素敵な意味もありますよ。

トルコ(※)という名前に対して、とても和を感じる日本的な花なのも、白寿祝いにお勧めの理由と言えます。

(※)トルコキキョウの原産地はアメリカのテキサス州です

アマリリス


鈴のようなかわいらしい形のアマリリスは、白寿祝いに贈る花のワンポイントとして入れると花束全体を優しい印象に仕上げてくれます。

白の他にも赤やピンク、黄色、紫など色が豊富なのも嬉しいですよね。

アマリリスの花言葉は「誇り」です。

日本は世界一の長寿国ですが、それでも99歳を迎えることは並大抵ではありません。

白寿を迎える方はまさに誇りですよね。

ダリア


花びらが重なっていて、花全体が大きく豪華なダリアは、ウエディングブーケにも使われる人気の花です。

そんなダリアの花言葉は「優美」や「気品」。

また、ダリアは色別にも花言葉があり、白いダリアは「豊かな愛情」や「感謝」になります。

白寿を迎える方にありがとうの気持ちを込めて、白いダリアを贈ってみましょう。

リンドウ


リンドウは敬老の日に贈る花として選ばれる人気の花です。

リンドウの花言葉は「誠実」や「正義感」「高貴」など。

なお、敬老の日にリンドウが贈られる理由は、リンドウの根には胃腸の調子を整える成分が含まれており、「いつまでも元気で長生きをして下さい」というメッセージが込められているからです。

ガーベラ


白いガーベラには「希望」や「律儀」などの花言葉があります。

派手ではないですが、純粋で無垢な美しさを感じるガーベラは白以外にもピンクや赤、黄色など見ているだけで元気になる色が揃っています。

花束の差し色に使うと、全体が明るくなりますよ。



白寿祝いの花は白色にしないといけない?


白寿祝いの花は白色にしなければいけない、という決まりはありません。

白寿祝いのテーマカラーが白のため、テーマカラーに沿って白い花を選ぶ方が多いというだけなので、白寿を迎える方が白をあまり好きではなかったり、他に好きな色があるならそちらを優先するのが良いでしょう。

とは言え、花を贈る時に白をメインにした花束を贈ることは以外と少ないと思いませんか?

白い花束を聞いて思い出すのは、結婚式くらいかも知れませんね。

そのため、白い花束にはどこか非日常感や特別感があるのも事実。

花に特にこだわりがないという方なら、白い花をメインにしてみるのがお勧めです。

白寿祝いに喜ばれる花の選び方


白寿祝いに喜ばれる花の選び方は、白寿を迎える方の好みの花を贈るということになります。

しかし、フラワーショップで花を注文する時、花の種類や意味などを詳しく知らないと上手に注文ができないのでは?と思ってしまいますよね。

花の種類などが詳しくわからなくても、「おばあちゃんは上品な花が好き」「お母さんは明るい花が好き」など、ぼんやりとしたイメージが沸きませんか?

さらに、「白寿のお祝いで」と花を贈る目的を伝えると、お祝いにふさわしくない花は避けてくれます。

白寿を迎える方の好きな色や、好みの雰囲気を観察しておき、花を注文する時に伝えてみましょう。

花を贈るときの注意点やポイントは?


白寿祝いに花を贈るときには、気を付けておきたいことがあります。

ここでは、白寿祝いに花を贈るときの注意点をご紹介します。

縁起の悪い花がある

葬儀に使われる菊や、花が首から落ちる椿は縁起が悪いのでお祝いに贈るにはふさわしくありません。

また、シクラメンは「死苦ラメン」となり、こちらもお祝いに贈るのは避けた方がよいと言われて
います。

なお、ユリについては人によって捉え方が違い、葬儀に使われるのでNGとする人もいますが、一方で結婚式などのお祝いのイメージもあることから、ユリを贈る場合は相手がどう思っているのか確認しておくのがよいでしょう。

色の組み合わせに注意

白寿は白がテーマカラーなので、白をメインに違う色を組み合わせて花束にすることがあると思います。

その際、紫や青、黄色の組み合わせは避けた方がよいでしょう。

これらの色の組み合わせは葬儀や仏花のイメージがあり、お祝いにはふさわしくありません。

お花の予算や金額相場はどのくらい?


白寿祝いに贈る花の予算や金額相場は、5,000~30,000円程度になります。

金額に幅があるのは、アレンジメント(花束)や花の種類によって金額がかなり変わるからです。

アレンジメントの場合、ラウンドブーケと呼ばれる花の頭を揃えて全体を丸く仕上げているものは5,000円以下と手頃なのですが、白寿という特別なお祝いに贈るには小さめになってしまいます。

アレンジメントにはワンサイドブーケと呼ばれるものがあり、こちらは花の正面を見せることで花束全体が大きくなります。

主流は5,000~10,000円程度で、白寿祝いに贈るならワンサイドブーケの方が見栄えもして、相手にも喜ばれると思いますよ。

また、胡蝶蘭を贈る場合の予算は20,000~30,000円になります。

胡蝶蘭は元々の値段が高く、お祝いとして贈るときには一般的に1本立てよりも3~5本立てのものを選ぶことが多いので、値段がかなり高めになります。

まとめ

白寿祝いに喜ばれる花をまとめてみました。

今回ご紹介した花言葉はポジティブなものばかりでしたが、花によっては裏の意味やネガティブな意味を持つものもあるので、花言葉に捉われすぎてしまわないようにしましょう。

それよりも白寿を迎える方が好きな花や色を優先して、喜んでもらうのがよいでしょう。

ただし、お祝いにふさわしくない花や色の組み合わせは避けるようにして下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました