熊手の飾り方や方角・飾る場所は?由来や意味は?

熊手の飾り方や方角・飾る場所は?由来や意味は?

縁起物の熊手の飾り方や方角、そして飾る場所!

毎年、11月の酉の日に開催される酉の市

元々は、関東地方に多く存在する鷲神社や酉の寺といった鳥にちなんだ寺社の年中行事として知られていましたが、現在は大阪や名古屋といった関東以外の地方でも開催されています。

その酉の市で見掛けるのが、だるまや招き猫、小判、鯛と言ったあらゆる〝縁起物〟を飾った熊手

この熊手は、商売人にとって必須のアイテムとされ、昨年より大きな物を買って飾ると、商売がより繁盛されるとされ、年々大きさも飾りも大きくて派手なものを買っていく人もいるようです。

ですが、縁起物という割りにいまいち世間一般には浸透していないようで、熊手を全く知らないという人もいらっしゃいます。

そこで今回は、熊手にスポットライトを当てて、その謎を紐解いてみようと思います。


Sponsored Link


熊手の由来や意味は?なぜ縁起物なの?

kumade2
熊手と聞いて真っ先に思い浮かべるのは、農作業や庭掃除の時に使う細かく割られた竹が扇状に並べられた柄の付いた農具ではないでしょうか。

縁起物としての熊手も、それが由来となっていると言われています。

元々酉の市で農具として売られていた熊手を、「金運を集める」「福を掃き込む」と洒落を交えて売り始め、それにどんどんと飾りや七福神を付けるようになって今の形になったそうです。

また、熊手のこの他の由来として、「わしの爪の鷲掴み」というものがあります。

鷲が獲物を捕らえるように運を鷲掴みするという意味から来ているそうです。

 

しめ縄やしめ飾りの由来や意味!飾る時期はいつからいつまで?

お正月飾りはいつからいつまで飾ればいいの?処分の仕方は?


Sponsored Link


 

熊手の飾り方や飾る場所は?

kumade3
熊手は、商売繁盛・開運招福のご利益があるとされている縁起物です。

そのため、低い場所に置いておくような事はせず、高い場所に飾るのがよいとされています。

玄関の少し高い位置に飾ったり、家の中であれば茶の間などの鴨居や柱の少し高い位置に飾るのがよいでしょう。

さらに、玄関であれば福を取り込みやすいように入り口に向けて飾るのですが、家の中の場合、熊手を東・西・南といった北以外の方角に向けて飾るのがよいとされています。

 

どんど焼き【どんと祭り】の由来や意味!古い御札やお守りの処理の仕方

 

熊手を飾るのにベストな方角は?

kumade4
熊手は、福をかき込むとされているものですから、一般的には家の入り口である玄関に飾るのがよいとされています。

しかし、例えば受験を控えたお子さんがいる場合には、合格を呼び込むという意味で受験校のある方角に熊手を向けるとよいとされています。

叶えたい事がある場所、方角に向かって熊手を飾ると福を招いてくれると言われています。

また、その年に歳徳神がいるとされる恵方の方角に向けて飾るのもよいでしょう。

 

歳神様ってどんな神様?お正月に迎える理由や由来

節分の由来【食べ方・方角(恵方)・豆まき】節分を英語で言うと?

 

熊手のまとめ

いかがだったでしょうか。現在の熊手は商売人の洒落から誕生したものだったのですね。

また、酉の市で購入した熊手は、翌年の酉の市へ持っていくと熊手を納めるところがあるのでそちらに納める事が出来ます。

一年間、福をかき込んでくれた事に感謝しつつ、納めましょう。


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)