HOME

バレンタインに喜ばれるメッセージの書き方・例文!

相手別でバレンタインのメッセージを一挙紹介!

バレンタインはチョコレートを贈ること自体が好意の証となります。

でもそれは、自分以外の女の子もしていること、ですよね。

今年のバレンタインは、恋人や片想いの相手に他とは差をつけて、特別な気持ちを伝えてみませんか?

もちろん本命の彼以外にも、家族や職場の人、先輩、後輩などでもOKです。

バレンタインにチョコレートだけじゃなく、自分宛てのメッセージが添えられていたら、絶対に喜んでくれるはず!

そこで今回は、相手別のバレンタインのメッセージの例文をご紹介します。



喜ばれるバレンタインのメッセージの書き方


バレンタインにメッセージを贈ろうと思っても、どんな風に書いたらよいのかよくわからないと言う方も多いですよね。

そもそも、文章を書くのが苦手だからメッセージを贈るのは、かなりハードルが高いと感じる人もいるでしょう。

バレンタインのメッセージは、手紙よりもカードが基本になります。

手紙がダメというわけではありませんが、長々と想いを伝えるよりも、簡潔に率直な思いを書いた方が心にダイレクトに届きます。

それを踏まえた上で、バレンタインのメッセージの書き方について要点をまとめてみました。

① 手書き

現代はSNSが一般的となり、告白や退職願いなどもSNSで行うという人もいますが、だからこそ気持ちを伝えるメッセージは手書きが喜ばれます。

字が下手でも、一文字一文字思いを込めて書くことが大事です。

直筆のメッセージは、高価なプレゼントよりも嬉しいと感じる人は少なくありません。

② バレンタインならではの言葉を添える

思いを伝える以外に、「ハッピーバレンタイン」などの言葉を添えておくと、それがバレンタインに贈られたものだということが一目瞭然となるので、後で読み返す時に記憶が辿りやすくなります。

③ 相手と自分の名前を入れる

名前が入ることで、メッセージにぐっと「特別感」が生まれます。

職場の人に配るメッセージの場合、内容が似たり寄ったりになってしまうこともありますが、“〇〇さんへ”のように名前が書いてあるだけで、その人のために書いたということが伝わりやすくなります。

④ 感謝の気持ちを書く

シンプルな文章で構わないので、「いつもありがとう」「一緒にいてくれてありがとう」など、感謝の気持ちを書きましょう。

⑤ 未来に向けた言葉を書く

「これからもずっと一緒にいよう」「一緒に頑張っていきましょう」など、未来も今のよい関係を続けていきたいという願いを書いておくことで、相手もあなたとの時間を大切に過ごそうと思ってくれるはずです。

【彼氏】バレンタインメッセージ例文!

・〇〇へ ハッピーバレンタイン!〇〇と出会えて私は本当に幸せです。これからも一緒にたくさん思い出作っていこうね。いつも楽しい時間をありがとう。
・Happy Valentine’s Day!付き合って初めてのバレンタインデー。頑張って手作りしてみたのでよかったら食べて下さい。〇〇君と出会えて心から良かったと毎日思っています。大好きです。これからもよろしくね!
・〇〇と付き合って〇回目のバレンタインデーだね。出会った時と変わらず、今も大好きのままでいさせてくれてありがとう。これからもっともっとも大好きになるから覚悟してね。
・ハッピーバレンタイン。時々喧嘩もするけど、本音が言い合える〇〇は私にとって大切な存在です。来年も再来年も〇〇とバレンタインを過ごしたいです。どうぞよろしくね。

 

【片思い】バレンタインメッセージ例文!



・今日はバレンタインデーですね。以前、助けてもらったお礼に〇〇君にチョコを作ったので、よかったら食べて下さい。今度、一緒にお食事でもどうですか?
・〇〇君へ ハッピーバレンタイン!ということでチョコレートケーキを作ってみました。よかったら食べて下さい。ちなみに義理じゃありません。
・〇〇君 いつも楽しい時間をありがとう。お礼にチョコレートを作ってみました。〇〇君は甘い物好きなのかな?もっと色々と知りたいです。
・急にチョコレートを渡して驚かせちゃいましたよね・・。以前見かけてからずっと気になっていました。迷惑じゃなければ色々お話してみたいです。

【友達】バレンタインメッセージ例文!

・happy valentine!いつも相談に乗ってくれてありがとう。〇〇とは一生友達でいたいと思っているからこれからもよろしくね!
・今日はバレンタインだね。いつもお世話になっている〇〇に、友チョコを贈ります!また一緒にご飯行こうね!
・ハッピーバレンタイン!〇〇と出会えてよかった!大好きだよ!おばあちゃんになっても仲良く旅行とか行こうね!
・ハッピーバレンタイン。チョコレートにたっぷりの友情を込めました。よかったら食べてね。

【先輩・後輩】バレンタインメッセージ例文!

・〇〇先輩へ いつもアドバイスを下さりありがとうございます。感謝の気持ちをチョコに込めたので、よかったら食べて下さい。これからもよろしくお願いします。
・〇〇先輩に相談に乗ってもらったおかげで悩みが解決しました。ささいな気持ちですが感謝を込めてチョコレートを贈ります。いつも気を遣って下さり、ありがとうございます。
・〇〇君は後輩だけど、とても頼りになる存在です。日ごろの感謝の気持ちをチョコに込めて渡すので、よかったら食べて下さい。たまには息抜きも大事だよ!
・ハッピーバレンタイン!先輩の私から毎日頑張っている〇〇君へチョコレートを贈ります。これ食べて癒されてね。

【職場の人】バレンタインメッセージ例文!

・〇〇さんへ いつもありがとうございます。日ごろ仕事でお世話になっているので、感謝の気持ちを込めて、バレンタインのチョコレートをお渡しします。これからもよろしくお願いします。
・〇〇君へ 〇〇君と同期になれたおかげで、仕事の悩みを相談できて助かっています。今日はそんな感謝の気持ちをチョコレートにして渡します。これからも頼りにしています!ハッピーバレンタイン!
・happy valentine’s day!〇〇さん、いつもありがとうございます。ささやかですが、感謝の気持ちです。受け取って下さい。これからもよろしくお願いします。
・〇〇課長へ 入社以来お世話になっています。これからもよろしくお願いします。たまには甘い物を食べて疲れを吹き飛ばして下さいね!
・〇〇係長へ いつも助けてもらって感謝しています。このチョコレートはささやかながら感謝の気持ちです。これからもよろしくお願いします。

【家族】バレンタインメッセージ例文!

・〇〇へ ハッピーバレンタイン!いつも家族のためにお仕事頑張ってくれてありがとう。ささやかながら今年もチョコレートを贈ります。くれぐれも体に気を付けて無理はしないようにね。
・〇〇へ 毎日勉強に部活に頑張っているね。だけどたまには息抜きも大事だから、チョコレートを食べて一息吐いてね。
・お父さん いつもありがとう。普段は照れ臭くてなかなか言えないけど、毎日お仕事を頑張っているお父さんには感謝しています。気持ちを込めてチョコレートを作ったので食べて下さい。

まとめ

バレンタインのチョコレートにほんの2~3行メッセージを添えるだけで、例えチョコレートが市販のものでも、それは世界に一つだけのプレゼントになります。

文章を書くのが苦手という方も、難しく考えずに、伝えたい言葉をストレートに書いてみるのがよいでしょう。

今年のバレンタインは、ぜひ手書きのメッセージを添えて、大切な人にチョコレートを贈ってみてはいかがでしょうか。



コメント

タイトルとURLをコピーしました