HOME

米寿に喜ばれるお祝いの言葉やメッセージ一覧【相手別】

米寿には大切な方へお祝いの言葉やメッセージを贈りませんか?

超高齢者社会の日本においても、88歳を迎えることは簡単なことではありません。

米寿祝いは身内や親戚で盛大に、と考える方が多いと思いますが、食事会やプレゼントだけではなく、日ごろの感謝や気持ちを込めた手紙やメッセージカードを贈ることをお勧めします。

とは言え、どのようなお祝いの言葉を書けばよいのかよくわからないという方も多いですよね。

そこで今回は、米寿に喜ばれるお祝いの言葉やメッセージを集めてみました。

スポンサーリンク

米寿に喜ばれるお祝いの言葉やメッセージ一覧!【相手別】


米寿に喜ばれるお祝いの言葉やメッセージの内容、米寿を迎える方との関係によって変わりますよね。

そこでここでは、相手別に米寿のお祝いの言葉やメッセージを集めて一覧にしてみました。

該当する文例を参考に、オリジナルの文章を作って米寿のお祝いに花を添えましょう。

父親

「お父さん 米寿のお誕生日おめでとうございます。普段は無口であまり語らないお父さんだけど、いつも家族を大切に思っている気持ちはしっかりと伝わっていますよ。これからも健康第一に長生きして下さいね。」
「お父さんへ 米寿おめでとう。いつも元気で明るいお父さんを見ていたら、88歳と聞いて驚いてしまいそうになります。どうぞこれからもお父さんらしく幸せに過ごして下さい。」
「お父さん 米寿おめでとうございます。お母さんのことを大切に思うお父さんは素敵です。子供の時からずっとお父さんは尊敬する人ですよ。これからもお母さんと2人で幸せな毎日を過ごして下さいね。」

母親

「お母さん 米寿おめでとうございます。社交ダンスに庭の手入れに手芸と多趣味なお母さん。いつも若々しくて88歳には思えないけど、これからも元気で趣味を楽しんで下さいね。」
「お母さん 米寿のお誕生日おめでとう。こないだの帰省の時も顔色良く、元気そうだったので安心しました。近いうちにまたお母さんの笑顔を見に行きますね。」
「お母さん 米寿おめでとう。88歳とは思えないほど元気なお母さんを見ていて、私も同じように年を重ねたいと憧れています。卒寿、白寿を目指してお互いに頑張りましょう。これからも末永くよろしくね。」

おじいちゃん

「おじいちゃん 米寿おめでとう。おじいちゃんの88歳の節目を一緒に過ごすことができて嬉しいです。次の卒寿、白寿もみんなで一緒にお祝いしましょう。」
「おじいちゃん 米寿おめでとうございます。ひ孫を会わせた時、とても嬉しそうな顔をしてくれたおじいちゃん。お母さんに聞いたら私が生まれた時も同じように笑っていたとか。今度会いに行った時、その話聞かせてね。」
「おじいちゃん 米寿おめでとうございます。なかなか会えないけれど、子供達の成長を一緒に見守ってもらえることが心強いです。次の休みにはみんなで会いに行きますね。」

おばあちゃん

「おばあちゃん 米寿のお誕生日おめでとうございます。おばあちゃんが私くらいの時のアルバムを見ました。とても美人でお洒落だった!そんなおばあちゃんに似てると言われて嬉しくなったよ。」
「おばあちゃん 米寿おめでとう。おばあちゃんが作ってくれる野菜は子供達の大好物です。おかげでスーパーの野菜には見向きもしません。子供達の健康のため、これからも体に気を付けながら美味しい野菜を作ってね。」
「おばあちゃん 米寿おめでとうございます。いつも優しくて笑顔のおばあちゃんが大好きです。最近仕事が忙しくて大変だから、元気もらいにおばあちゃんの顔見に行くね!」

義父

「お父さん 米寿おめでとうございます。元気にお誕生日を迎えられたこと、本当に嬉しく思います。なかなか会いに行けませんが、お祝いにお父さんの大好きなお酒を贈りました。夏に帰省した時に一緒に飲めたら嬉しいです。」
「お父さん 米寿おめでとうございます。88歳という節目の年に家族みんなでお父さんのお祝いをできることが幸せに思います。これからも元気で長生きして下さい。」

義母

「お母さん 米寿おめでとうございます。この町に嫁いできてから、お母さんには本当にお世話になっています。まだ半分も恩返しさせてもらえていないので、これからも少しずつ恩返しさせて下さいね。」
「お母さん 米寿おめでとうございます。お母さんが私のことを本当の娘のように温かく接してくれたおかげで、慣れない土地での家事や育児をこなすことができました。今までありがとうございます。そしてこれからも末永くよろしくお願いしますね。」

職場の上司

「卒寿おめでとうございます。〇〇さんと出会って早△△年が経ちました。その間、いつも変わらず温かく接して下さったこと、本当に感謝しております。私も〇〇さんのような温かく、尊敬される人物になれるようこれからも精進していきます。これからもご指導のほどよろしくお願い致します。」

お祝いの言葉を伝える時のポイント!


米寿のお祝いの言葉やメッセージを伝える時には、いくつか気を付けておきたいことがあります。



米寿のお祝いの言葉やメッセージを伝える時に、注意したいポイントをご紹介します。

文字は大きく、簡潔に

文字は大きく書いて見やすいのがよいでしょう。

ただし、あまり大きすぎると相手の方が老いを感じてしまうので、適度な大きさにします。

また、長すぎる文章は伝えたいことがブレてしまったり、相手の方に上手く伝わらないことがあります。

伝えたいことを簡潔に書くことも大切です。

かしこまりすぎない

米寿祝いは人生の節目となる特別なお祝いなので、身内とは言えくだけ過ぎた表現は避けるのがよいでしょう。

とは言え、かしこまり過ぎるのも堅苦しくなってしまいますよね。

言葉使いは丁寧でありながら、親しみを込めた文章を綴りましょう。

感謝の気持ちや頼りにしていることを書く

普段は照れくさくてなかなか言えない「ありがとう」の言葉も、米寿祝いなら素直に言えるのではないでしょうか。

これまで育ててくれた感謝の気持ちを伝えるとともに、これからも頼りにしているということを伝えてみましょう。

お母さんやおばあちゃんなら家事や子育ての先輩として、お父さんやおじいちゃんは一家の大黒柱として、今までだけではなくこれからも頼りにしていると伝えることで、本人もやりがいや生きがいを感じるようですよ。

先の楽しい予定を盛り込む

「今度の休みに会いに行きます」や「ひ孫の顔を見せに行くからね」など、これからの楽しい予定をメッセージに入れるのもよいでしょう。

家庭菜園をしている方なら「自分でもやってみようと思っているから、今後詳しくやり方を教えてね」、日曜大工が趣味の方なら「道具や材料を買いに行くのに付き合ってほしい」なども、嬉しい一言になるでしょう。

縁起の悪い言葉や老いを感じさせる言葉は使わない

「死」や「苦」と言った言葉は当然ですが、「老いる」や「朽ちる」「落ちる」「弱る」なども、米寿のお祝いの言葉やメッセージでは使わないようにします。

文章全体が前向きで明るい雰囲気になるよう、暗い言葉は使わないようにしましょう。

まとめ

米寿に喜ばれるお祝いの言葉やメッセージを集めてみました。

お祝いの言葉やメッセージを贈る相手との関係によって選ぶ言葉は多少は変わりますが、基本的には米寿を迎える方への感謝や長生きの願いを込めたものになるのではないでしょうか。

「自分は作文があまり上手ではないから・・」と困ってしまう方もいますが、文章が上手くなくても、一生懸命書いたものは気持ちが必ず伝わりますよ。

あまり肩肘を張らずに、目の前におじいちゃんやおばあちゃん、お父さんやお母さんがいるつもりで、素直な気持ちをしたためてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました