HOME

百寿のお祝いの仕方!何が喜ばれる?タイミングはいつ?

百寿のお祝いの仕方は何が喜ばれるのでしょうか。

長寿祝いの中でも100歳をお祝いする百寿は、世界一の長寿国である日本においても大変おめでたいお祝いの一つ。

そのため、家族や親戚で盛大にお祝いをしたいという声も多いですよね。

しかし、百寿のお祝いの内容やタイミングなどがよく分からないという方も多いです。

そこで今回は百寿のお祝いの仕方について調べてみました。

スポンサーリンク

百寿のお祝いの仕方は?喜ばれるのは何?


百寿のお祝いの仕方に悩んでいる方は多いですよね。

百寿のお祝いではどのようなことをすると喜んでもらえるのでしょうか。

百寿のお祝いの仕方をご紹介します。

食事会を開く

百寿のお祝いでは食事会を開くことが多いです。

家族や親戚、知人など、百寿を迎える方が「会いたい」と思う人を自宅に招いて、美味しい食事をしながら昔話に花を咲かせるのは至福の時と言えるでしょう。

食事会は自宅以外にも高級レストランや料亭などで行うケースもありますが、年齢的に長時間の移動や外出が辛いと感じる方も少なくありません。

「100歳のお祝いを盛大に、特別に」という気持ちが周囲にあっても、本人がそれを望まない場合は無理をせず、リラックスできる自宅で食事会を行うのがよいでしょう。

プレゼントを渡す

お祝いの仕方の定番と言えばプレゼントですよね。

食事会が難しい場合でも、お祝いや日ごろの感謝の気持ちを伝えるためにプレゼントを贈るのがよいでしょう。

プレゼントは購入した品物だけではありません。

幼いひ孫さんが書いた愛らしい絵なども、喜ばれるプレゼントになるでしょう。

百寿のお祝いのタイミングは?


百寿のお祝いのタイミングは特に決まってはいませんが、百寿は100歳をお祝いするものですよね。

そのため、100歳の誕生日に百寿のお祝いをすることが多いようです。

また、遠方から多くの人を招くなどの場合では、正月やゴールデンウイーク、お盆などの人が集まりやすい長期休みに行うことも少なくありません。

この他には、敬老の日などの記念日に合わせることも。

百寿を迎える方の体調を考慮して、時期を決めることが大切になります。

夏の暑い時期にお祝いをすると疲れが溜まりやすくなり、冬は感染症が心配な時期ですよね。

百寿の誕生日がこのような時期に重なってしまうという時は、過ごしやすい春や秋にお祝いを開いてもよいでしょう。

百寿のお祝いのタイミングは、百寿を迎える方の気持ちや体調を最優先して予定を立てることをお勧めします。

百寿のお祝いの注意点は?


百寿のお祝いをする時には注意点があります。

それは、百寿を迎える方にはお祝いを知らせず、サプライズ的にお祝いをするのは避けた方がよいということです。

長寿祝いは周囲の家族や親戚などにとっては大変喜ばしいことですよね。

しかし、長寿祝いをすると早死にすると言い伝えがあり、中には長寿祝いを快く思わない方もいます。

また、長寿祝い自体はしてもよいけれど、ちゃんちゃんこや頭巾を着用するのが恥ずかしく思う方もいるようです。

そのため、百寿のお祝いをする時には必ず本人の意思を確認しておくことが大切でしょう。

百寿のプレゼントで喜ばれるものは?


百寿のお祝いにプレゼントを贈る方は多いですよね。

しかし、どのようなものを贈ると喜ばれるのかよく分からないという方もいるでしょう。

そこでここでは、百寿のお祝いに喜ばれるプレゼントを調べてみました。



・花
・嗜好品(お酒やお菓子など)
・食器(湯飲みやコーヒーカップなど)
・手作りのもの(絵など)

身の回りの品はおおよそ持っている方が多く、品物で欲しいと思うものはあまりないようです。

花や絵などを贈る時は百寿のテーマカラーがピンク(※)なので、桃色にちなんだ色を選ぶのがお勧めですよ。

(※)地域などによっては「白」や「金色」などテーマカラーが違うケースもあります。お住まいの地域の情報を事前に調べておくとよいでしょう。

百寿祝いの予算や料金相場は?


百寿祝いの予算や金額相場は5,000~30,000円程度になります。

ただし、百寿を迎える方との関係によって金額はかなり差が生じるケースもあるようです。

ここでは百寿を迎える方との関係別に、さらに詳しくお祝いの予算や金額相場をご紹介します。

両親

百寿を迎える方があなたの両親の場合は、百寿祝いの予算や金額相場は20,000~30,000円程度になります。

百寿祝いでは本人の体調面などを考慮して、レストランや料亭などではなく自宅で食事会を開くことが多いので、比較的予算は都合に合わせやすいと言えるでしょう。

とは言え、お祝いに参加する人数が多くなれば必然的に費用も多くなります。

100歳を迎えることは超高齢化社会の日本でも大変おめでたいことなので、多くの参加者が集まることが考えられます。

そのような時は、参加費用などを頂くことも考える必要があるかも知れませんね。

祖父母

百寿を迎える方があなたの祖父母の場合は、百寿祝いの予算や金額相場は10,000~20,000円程度になります。

ただし、あなたの両親がすでに他界しているなどの理由では、両親に代わってお祝いを主催することもあり、そのような時は両親と同程度の予算や金額相場が必要となることもあるでしょう。

親戚や知人など

百寿を迎える方があなたの親戚や知人の場合、百寿祝いの予算や金額相場は5,000~10,000円程度になります。

遠い親戚にあたるケースでは、親戚一同としてプレゼントを贈ることもあり、1人あたり2,000~3,000円程度の予算に留まることもあるようです。

百寿のお祝いメッセージの例文!


百寿のお祝いでは食事会やプレゼント以外に、お祝いのメッセージを贈りましょう。

心のこもったメッセージは、豪華な食事やプレゼントよりも嬉しいものですよ。

ここでは、百寿を迎える方との関係別に百寿祝いのメッセージの例文をご紹介します。

お父さん

「お父さん 百寿のお誕生日おめでとうございます。一世紀を生きたお父さんの歴史を誇りに思います。ますますお元気にお過ごしください」

お母さん

「お母さんへ 百寿おめでとうございます。お母さんが100歳を迎えたこと、娘の私にとっても大きな自慢です。これからも健康に気を付けて長生きして下さい。」

おじいちゃん

「おじいちゃん 百寿おめでとう!私達が毎日幸せに暮らせるのは、家族を守ってくれたおじいちゃんのおかげです。これからも元気で、幸せに過ごして下さいね」

おばあちゃん

「おばあちゃん 百寿のお誕生日おめでとう。おばあちゃんの存在は私にとって大きな力になっているよ。近いうちに顔を見にいくからね」

親戚

「〇〇さん 100歳のお誕生日おめでとうございます。笑顔が素敵な〇〇さんが家族一同大好きです。来年の101歳のお誕生日も一緒にお祝いさせて下さいね」

知人

「〇〇さん、つつがなく百寿を迎えられましたことをお慶び申し上げます。これからもお元気でいて下さい」

まとめ

百寿のお祝いの仕方で喜ばれるのは食事会やプレゼントになります。

食事会の開催は、百寿を迎える方の体調に十分考慮して必要があります。

体調に不安のある時は無理をせず、プレゼントを渡すだけに留めておくのがよいかも知れませんね。

また、百寿のお祝いのタイミングとして100歳の誕生日を選ぶことが多いようです。

しかしこれも必ず誕生日にしなくてはいけないということではないので、百寿を迎える方の体調に合わせて決めるのがよいでしょう。

なお、中には百寿祝いを始めとした長寿祝いに否定的な気持ちを持つ方もいます。

お祝いを行う時は事前に本人の承諾を得ておくことも必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました