HOME

お盆玉の意味や由来は?どこの風習?誰に渡すの?

お盆玉にお返しは必要?誰に渡すのか教えて!

こどもの時、毎年お正月になると両親の実家に帰省し、祖父母や親戚の人からもらうお年玉に期待を寄せていたという方は多いと思います。

しかし最近は、『お盆玉』と呼ばれる風習が全国的に広がっているのをご存知でしょうか。

元々は一部の地域で昔から行われていたものなのですが、メディアなどの情報拡散によって、今や全国的に広がりつつあるものと言われています。

このお盆玉、お小遣いをもらうお子さん側からすると、「もっと詳しく聞きたい!」と思いますが、一方でお小遣いを渡す祖父母や親戚側にとってはややドキッとしてしまう話かも知れません。

それでは一体、お盆玉とはどういったものなのでしょうか。

そこで今回はお盆玉について調べてみました。

お盆玉の意味や由来、誰に渡すのかなどを詳しくご紹介します。



お盆玉の意味や由来


お盆玉とは、お盆の時に渡すお年玉という意味です。

つまり、お正月に孫や親戚のこどもに渡すお年玉の、お盆バージョンということ。

孫やこどもが自分達からは遠い場所に住んでいて、毎年必ずお正月に会ってお年玉を渡すことができるわけではないという祖父母や親戚の方は以外と多くいます。

そのような場合に、お盆の帰省でお正月のお年玉の代わりに渡すのがお盆玉と言われています。

なお、このお盆玉という言葉は、山形県にあるポチ袋などを製造している株式会社マルアイが、2010年に商標登録をしているもの。

お盆の帰省の際に、お正月と同じように孫やこどもにお年玉を渡す新しい風習を定着させるために作られた造語となっています。

お盆玉はどこの風習?


お盆玉という言葉が作られたのは最近ですが、実は江戸時代から「盆玉」と呼ばれ、お盆にお小遣いを渡す風習が山形県にありました。

当時、山形県では実家を離れて商家に住み込みで働く丁稚(でっち)と呼ばれるこどもがいました。

丁稚はお正月とお盆の年に2回しか実家に戻ることができませんでしたが、その年2回の帰省時に、商家の人が丁稚に新しい着物や下駄を渡して実家に帰らせる習慣があったと言われています。

丁稚は時代とともになくなりますが、山形県では着物や下駄の代わりに、お小遣いとしてこどもにお金を渡す風習が生まれたと言われています。

お盆玉は誰に渡すの?


お盆玉はお年玉と同様に、祖父母が孫に渡すというのが一般的のようです。

ただし、必ず祖父母から孫に渡すと決まっているわけではありません。

お年玉も、自分が小さい時は祖父母にもらっていたけれど、社会人になって働くようになってからは逆に孫から祖父母に「お世話になったから」と渡すこともありますよね。

お盆玉も同じで、祖父母が孫に渡すだけではなく、孫が祖父母に、こどもが両親に渡すこともあります。

また、両親が離れて暮らすこどもの帰省時にお小遣いとして渡すものも、広義的にはお盆玉に含まれるそうです。

お盆玉にお返しは必要?


祖父母から孫へのお盆玉の場合、多くはお返しをしていないようです。

お年玉も、もらった分をお金としてお返しするということはしませんよね。

これは、お年玉をもらう孫がこどものため収入がないので、お返しを想定していないというのが大半のためです。

お盆玉も同じく、贈ったのが祖父母でもらったのが孫であれば、お返しはしなくてもよいと考えるのがほとんどです。

ただし、親戚などの集まりでいとこ同士にあたる親のこどもがお盆玉をもらった場合は、その場で相手のこどもにお返しをするのがよいと考える方が多いようです。

お盆玉を用意していなかったからと、後日品物を贈るという方もいるようですが、自分がこどもだった時、お年玉(現金)をもらえなくてガッカリしたことはなかったでしょうか。



お盆玉が一般的に普及していることで、こどもの中でも「お盆にもお金がもらえるかも」という期待値が高まっていることが伺えます。

できれば自分のこどもがもらったお盆玉と同額のお盆玉を、相手のお子さんにお返しするのがよいでしょう。

お盆玉の金額相場


お盆玉の相場はこどもの年齢によって異なり、一般的には次のようになっています。

・7才~12才(小学生) 1,000~3,000円
・13~15才(中学生) 3,000~5,000円
・16才~22才(高校生、大学生) 5,000~10,000円

お盆玉はお年玉に比べて金額はやや低めとなっているようです。

ただし、お正月に会えなかった場合などは、お年玉と同額のお盆玉を準備する方も多いようで、人それぞれというのが実際のところのようです。

お盆玉袋の表書きはどうしたらいい?


お盆玉袋の表書きには、「お盆玉」と記入します。

お盆玉と書くのは袋の上の真ん中部分になります。

市販されているお盆玉袋には、あらかじめ表面に「お盆玉」や「おぼん玉」と記入されている場合が多いので、その場合は新たに書く必要はありません。

お盆玉と書いたら、右上、もしくは左上にお盆玉を渡すこどもの名前を書きましょう。

また、表書きではありませんが、裏面に自分の名前を書いておきましょう。

自分の名前を書くのは、「私があげました」と主張するようで気が引けるという方もいますが、お金を管理する親としては誰がいくら渡したのかをしっかりと把握しておきたいため、名前がある方が有難いと考える方が多いです。

お盆玉専用のポチ袋がある?


お盆玉の全国的な普及に伴い、日本郵政では2014年からお盆玉袋を販売しており、スーパーや雑貨店などでも取り扱いが増えています。

また、お盆玉の商標登録をしている株式会社マルアイでもお盆玉袋を作って販売しています。

お年玉のぽち袋が冬にちなんだイラストや干支などが描かれているのに対し、お盆玉は夏っぽいイラストのぽち袋が多いようです。

特に気にしないのであれば、お年玉用に購入したぽち袋を利用しても構いません。

お盆玉袋の選び方


お金をもらう側のこどもにとっては嬉しい風習となるお盆玉ですが、お年玉に誕生日など孫やこどもにかかる出費に頭を抱えている祖父母世代、親世代にとっては厳しいと感じる部分もあるのではないでしょうか。

上記でお盆玉の相場をご紹介しましたが、孫やこどもの数が多く、相場と同等の金額を用意できないということもありますよね。

そのような時は、500円硬貨がちょうど入る専用のぽち袋が販売されているので、そちらを利用してみてはいかがでしょうか。

お盆玉もそしてお年玉も、あくまでも『心付け』なのですが、一方で孫やこどもには渡すのが当たり前だという風潮があるのも事実ですよね。

無理をしない程度でお盆玉を渡したいという時は、小さめのぽち袋を選んでみるのも一つの方法と言えるでしょう。

まとめ

山形県では昔から行われていたお盆玉は、メディアでの発信などもあり、近年は全国的な風習となりつつあります。

お正月に帰省できないこどもや孫がいる場合は、お盆に会えたタイミングでお小遣いを渡したいと思う祖父母世代の方も多いと思いますが、一方でお正月も誕生日もお盆もとなると困ってしまう場合もあるのではないでしょうか。

お盆玉はあくまでも心付けですが、それでもかわいい孫には何かしら渡したいと思うもの。

そのような時は、無理をしない範囲で渡してみてはいかがでしょうか。

一般的なぽち袋はお札を入れる用になっていますが、中には500円硬貨が入る程度の小さいぽち袋も販売されていますので、上手に使ってお孫さんやお子さんのお盆の帰省を楽しみましょう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました