HOME

【2020-2021年】市役所や町村役場の年末年始の営業はいつ?

市役所の休みは公務員の休みと関係している?休業中の対応について!

市町村役場は事務手続きをする上ではよく利用される場所ですが、年末年始の休みは一体どうなっているのでしょうか。

今回は市町村役場の2020-2021年における日程を調査しつつ、公務員の休みと連動しているのか、休み期間中の対応はどうなっているのかも調べて参ります。

そもそも、2020年の年末がどのような日程になっているのかも見ていきましょう。



2020年-2021年の一般的な会社のお休みはどうなっているの?


(参考URL:https://illustimage.com/?id=2962

市区町村のお休みをチェックする前に、まずは2020年から2021年の年末年始のお休み期間はどうなっているのかをチェックしましょう。

基本的に行政機関の休日に関する法律では、12月29日から1月3日の6日間がお休みと決まっています。

なので、一般的な企業のお休みもこの日程に倣っているのです。

2020年の年末は12月28日が平日の月曜日なので年末のお休みスタートは12月29日の月曜日になる可能性が高いでしょう。

しかも、お正月の三箇日は1月1日が金曜日、1月2日が土曜日、1月3日が日曜日と休日と正月休みが完全に被っているので、1月3日までとなる人も多いと思います。

会社によっては12月28日もお休みにして9連休にするところもあるでしょうが、基本的には12月29日から1月3日の6日間がお休みになるとお考えください。

ちなみに、銀行や郵便局は銀行法で12月31日から1月3日という4日間がお休みと設定されているので、あわせて覚えておきましょう。

個人的な意見ですが、有休をうまく使えないと12月26日と27日と休んだ後の月曜日に向かってまた連休が始まるのでちょっとやりにくいと感じてしまいます。

2020-2021年の市役所・町村役場の年末年始の営業はいつ?


先ほど解説したように、基本的に行政機関の休日に関する法律では、12月29日から1月3日の6日間がお休みとなっていますので、これに倣っているかどうかがポイントでしょう。

ここでは、市役所・区役所・町村役場と3つに分けて調べて参ります。

市役所

市役所や県庁といった行政機関は基本的に12月29日から1月3日の6日間がお休みとなります。

2020年4月現在では2020年から2021年の年末年始の日程詳細をネットでアップしているところは少ないので、参考が去年の資料となってしまいますが姫路市役所の「年末年始の市役所休業日・窓口サービスなどについて知りたい(https://www.city.himeji.lg.jp/faq/faq_detail.php?frmId=541)」ではっきりと「市役所は12月29日から1月3日まで休業となります」と書いてあるのです。

横浜市のホームページの「行政サービスコーナー(https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/koseki-zei-hoken/todokede/koseki-juminhyo/shoumei/gsc.html)」にも、「行政サービスコーナーの開所日時及び休所日」において2020年12月29日から2021年1月3日は年末年始でお休みと記載されています。

2019年から2020年の年末年始は、土日がうまくずれたことで市役所も12月28日から1月5日までお休みとなりました。

区役所

こちらは目黒区の公式ホームページにある「平日夜間と休日(土曜日・日曜日)の証明書交付窓口の休業日
https://www.city.meguro.tokyo.jp/smph/gyosei/madoguchi/kyugyo.html)」を参考にしています。

こちらにははっきりと「休業日を設定する日」に「12月29日から1月3日までの年末年始」という記載があり、2020年から2021年までの年末年始は12月29日から1月3日までお休みにするという記載もあります。

町村役場

町や村役場ではネット上で2020年から2021年の年末年始の予定はアップされていないのか、全く見つかりませんでした。

一応の目安として、2016年にアップされている幸田町の「年末・年始の各種業務(https://www.town.kota.lg.jp/events/index.cfm/detail.1.38614.html)」を見てみると、役場業務は「12月29日から1月3日まで閉庁に伴いお休み」と記載されているので、基本的には「12月29日から1月3日までの年末年始」となっていると言えるでしょう。

他にも宮城県丸森町のホームページにある「丸森町 窓口案内・受付時間(http://www.town.marumori.miyagi.jp/gudie.html)」において、受付時間の項目に「年末年始12月29日~1月3日を除く」という記載があったので、町や村役場も同じ日程だと思われます。



公務員の休みと関係している?


記事市町村役場の職員はいわゆる地方公務員であり、この休日はやはり「行政機関の休日に関する法律」が適応されているようです。

詳しくこの法律を知りたいという方は「行政機関の休日に関する法律(https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=363AC0000000091)」をご覧ください。

そこに「昭和六十三年法律第九十一号行政機関の休日に関する法律」について記載してあり、第一条の「次の各号に掲げる日は、行政機関の休日とし、行政機関の執務は、原則として行わないものとする。」の掲げる日に「十二月二十九日から翌年の一月三日までの日」と明記してあるのです。

なので、市区町村役場もこのルールがしっかりと適応されていると考えましょう。

色んな役場や役所の情報を拾ってきましたが、全部この「12月29日から1月3日までの年末年始」が適応されているので、役場を利用する予定がある人は注意してください。

土日がうまくずれてしまうと、役場も9連休になる可能性があるのです。

年末年始の休み期間中の対応について


これはその市区町村役場によって異なるのではっきりと言えません。

言えませんが、基本的に年末年始は役場はお休みとなっているので対応も特にないと考えてください。

例外的に「出生・死亡・婚姻などの戸籍に関する届出は受付する」役場もありますし、休日対応のために窓口職員がいるケースもあります。

ちなみに「出生・死亡・婚姻などの戸籍に関する届出は受付する」役場の参考は「信濃町」でこちらの公式ホームページ(https://www.town.shinano.lg.jp/docs/490742.html)に明記されています。

他にも、土日がうまくずれることで9連休が発生する時は一部の役場窓口業務を解説するというケースもあります。

こちらは北海道当麻町の「年末・年始期間中の役場窓口臨時開設

https://mykoho.jp/article/%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E5%BD%93%E9%BA%BB%E7%94%BA/%E5%BA%83%E5%A0%B1%E3%81%A8%E3%81%86%E3%81%BE%E3%80%8C%E6%88%91%E3%81%8C%E9%83%B7%E5%9C%9F-2019%E5%B9%B4%E6%96%B0%E6%98%A5%E5%90%88%E4%BD%B5%E5%8F%B7/%E5%B9%B4%E6%9C%AB%E3%83%BB%E5%B9%B4%E5%A7%8B%E6%9C%9F%E9%96%93%E4%B8%AD%E3%81%AE%E5%BD%B9%E5%A0%B4%E7%AA%93%E5%8F%A3%E8%87%A8%E6%99%82%E9%96%8B%E8%A8%AD/)」に記載してあり、戸籍や固定資産などを対応する税務住民課、介護係や保険医療係に対応している健康課などが1月4日に開設したようです。

職員が休日対応をしていないケースでも警備員の方が対応してくれるケースもありますが、彼らはいわゆる民間の委託を受けた警備員の可能性が高く各種手続きといった対応はできません。

このようにそれぞれの市区町村役場によって年末年始の対応に差が出ますので、自分たちが住んでいるところの役所はどのように対応してくれるのかを事前にチェックしておくことが重要になります。

年末年始でも休めない公務員もいるの?


年末年始のお休み期間はしっかりと公務員の方々はとっているというイメージですが、公務員でも仕事の量や内容に差があり、年末年始でも休めない人もいます。

具体的には24時間態勢の施設などに勤務している人でしょう。

具体的には気象庁や自衛隊や宮内庁職員や海上保安庁や空港関連官庁、そして刑務所などに勤めている方々が該当します。

彼らは公務員ではありますが市区町村役場職員とは働く内容が全く異なっているので、同じ公務員に見えないという人もいるでしょう。

個人的に自衛隊や海上保安庁が公務員というイメージがかなり薄かったので、情報を精査しているときに「そういえば公務員だった」と思ってしまいました。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は2020年から2021年にかけての市区町村役場における年末年始のお休み期間について調べてまいりました。

市区町村役場は「昭和六十三年法律第九十一号行政機関の休日に関する法律」のお休みにあわせて行動しているので、わかりやすいのですが市区町村役場ごとに年末年始の対応の仕方は異なっていますので、その部分は自分で調べるしか無いでしょう。

引っ越しで対応していた市区町村役場が変わる場合は市区町村役場の日程や対応の仕方は調べた方が絶対に良いです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました