HOME

霜降とは?2019はいつ?意味や由来を教えて!

霜降の意味や時期について!

「霜降」は、シモフリではなくソウコウと読みます。

シモフリだと、赤身の間に脂肪が入った高級牛肉(霜降り牛)になってしまいますが、ソウコウは季節を表す言葉の一つです。

霜が降りる、と書く通り、露が冷気によって霜となり草花に降りる時期を指します。

では、霜降はどうしてそのように呼ばれるようになったのでしょうか。

また、霜降の意味や由来は一体何なのでしょうか。

そこで今回は、霜降について詳しく調べてみました。



そもそも「霜降」って何?

霜降は、〝二十四節気〟の18番目にあたる節気で、秋を表す季語となります。

カエデやツタが紅葉し始め、季節が夏から完全に秋へと移り変わった頃を指します。

霜が降りるのは、一般的には気温が0度以下になるのが条件とされていますが、霜降の時期になると気温が3度前後であっても霜が降りる時もあります。

これは、気象庁の発表する気温の測定地点が地上から1.5mほど上の高さにあるためであり、3度~5度と発表がされていても実際に地面に近い場所では0度以下になっていることも少なくありません。

このようなことから、農家の方にとっては非常に警戒するシーズンであり、また農家の方以外でもガーデニングや家庭菜園をされている場合は、花や作物をうっかりと凍らせてしまわないように注意が必要になる時期でもあります。

霜降の時期はいつ?



霜降は毎年10月23日頃、もしくは10月23日頃から次の節気である「立冬」の前日までの期間を示します。

2019年は10月24日になります。

霜降の時期になると、東北地方や本州の中部あたりでも霜が降り、北から順に日本列島が赤色に染まり始めます。

霜降の意味や由来について

soukou1
霜降は、書いて字の如く「霜が降りる」という意味があります。

日が短くなり、本格的な冬支度を始めるのがこの頃で、仕舞いこんでいたコートやこたつを出して冬を迎える準備を始める方も多いでしょう。

また、霜降から立冬までに吹く寒い北風を「木枯らし」と言い、ニュースで「冬の訪れを告げる木枯らし1号が吹きました」と聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

秋の気配がどんどん弱まり、変わって冬の匂いが強くなってくる時期なので、スーパーなどの店頭にはシチューやカレーの煮込み料理や鍋料理の食材が並び始めます。

まとめ

季節の変わり目を感じる瞬間というのは多々あると思いますが、子供の頃、朝の道路に霜が降りているとザクサクとした音を楽しみながら通学していたことを思い出します。

このように私達は、小さなころから知らず知らずの間に様々なシーンで季節の移り変わりを感じていたのですね。

大人になってからは霜を踏んで音を楽しむことはなくなりましたが、記憶の中にはいつまでも刻み込まれている光景だと感じます。



コメント

タイトルとURLをコピーしました