HOME

処暑の意味や旬の食べ物について教えて!2019はいつ?

処暑の時期や意味と食べ物について!

春夏秋冬の他に、季節を表す言葉というのは多数存在します。

特に、春分秋分立春立秋夏至冬至などは、どこかで必ず一度は聞いたことがある言葉ではないでしょうか。

では、「処暑」はいかがでしょうか?

もしかしたら、今初めて聞いたという方がいらっしゃるかも知れませんね。

暑いという字が入っているので、何となく夏の言葉なのかなという気がしますが、処という字の意味がよくわかりません。

しかしこのように、日本には春分、冬至のような有名な言葉以外にも季節を表す美しい言葉がたくさんあります。

そこで今回は、処暑について詳しく調べてみようと思います。


Sponsored Link


そもそも「処暑」って何?意味や由来は?

syosyo3
処暑は、二十四節気の一つです。

二十四節気とは中国から伝わった季節の区分方法で、太陰暦による月単位の季節のズレを補正するために考えられたものです。

地球から見た空を一つの球体と捉え、太陽の通り道を15度ごとに24に分け、特定の度を太陽が通過する時に節気と中気を配しています。

処暑は、太陽黄径が150度の時のこと、もしくは次の節気である白露までの期間を指します。

処、という字に「止まる」という意味があることから、暑さが収まってくる頃と考えられています。

とは言え、8月23日頃と言えば、まだまだ暑い時期じゃないか、と思う方もいらっしゃるかも知れません。

二十四節気は、中国の黄河周辺が発祥と言われており、緯度的には日本とさして変わらないため四季感覚についてそれほど誤差は生じないものの、気温に関しては内陸性の中国と海洋性の日本との間で違いが起こります。



2019年の処暑の時期はいつ?

syosyo2
2019年の処暑は、8月23日

お盆が過ぎ、夏休みまで残り一週間を切って、子供達があたふたとしている頃でしょうか。

ちなみに北海道では一足早く2学期が開始される頃となっています。

処暑の時期に食べる旬な食べ物は?なぜその食べ物を食べるの?

syosyo4
処暑は、暑さが一段落し幾分過ごしやすくなり始める頃、とされています。

暑い最中には、どうしてもさっぱりした物、冷たい物を摂ってしまいがちですが、それでは体力が低下してエネルギー不足になってしまいがちです。

そんな時に、食べるとよいとされるのがちょうどその時期に旬を迎える食べ物です。

中でもサンマは、たんぱく質が豊富でほろ苦いワタの部分にはビタミンがたくさん含まれています。

たんぱく質とビタミンは体力を回復させる成分なので、是非とも積極的に摂りたいものですよね。

また、サンマには大根おろしが付き物ですが、大根に含まれるジアスターゼは消化を助けてくれる働きがあるので、夏の暑さで弱った胃や体を元に戻すには、打ってつけの食べ物と言えるのです。

さらに、この時期は新米も出回ってきますから、サンマの塩焼きと炊きたてのご飯を食べて元気をつけましょう。

まとめ

いかがでしたか?

毎日うだるような暑さが続いていた時は、早く夏なんて終わったらいいのにと思っていたのに、いざ暑さが弱まってくると何となく淋しい気持ちになるのが不思議ですよね。

処暑が過ぎたら、次は白露

そしてその次はいよいよ立秋です。残り少ない夏を楽しく元気に過ごしましょう。

 


Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました