手賀沼花火大会2024年穴場スポットと開催日や交通規制は?

手賀沼花火大会2024年穴場スポットと開催日や打ち上げ会場や有料席(桟敷席)と交通規制などをご紹介します。

手賀沼の夏の風物詩の手賀沼花火大会は、手賀沼を囲む柏市と我孫子市の2市が合同で開催する花火大会です。

手賀沼花火大会は、今回より、これまでの柏第2会場は廃止となり、柏第1会場に統合され、「柏会場」として1つになりました。

これに伴い、会場が①柏会場【有料観覧者専用エリア】と②柏会場【一般観覧者エリア(無料観覧)】の2つのエリアに分かれます。

手賀沼湖上から同時に打ち上げられる花火は、スターマイン、水中花火、尺玉など13,500発の花火が打ち上げられ、まさに圧巻です!

国内でも有数の打上数を誇るボリューム満点の花火大会が楽しめます。

各会場以外でも手賀沼周辺の広い範囲で観覧可能なので、自分だけのスポットを見つけられるのも、手賀沼花火大会のいいところですよ。

目次

手賀沼花火大会2024年の開催日や観覧会場は?

柏・我孫子両市それぞれの会場の花火を同時に見比べられるのも、手賀沼花火大会の醍醐味のひとつ。

手賀沼湖畔が光の世界となります。訪れる多くの人を楽しませてくれます。

項目内容
開催日2024年8月3日(土)
開催時間19:00~
開催場所千葉県柏市・我孫子市
打上数13,500発
例年の人出40万人
問い合わせ先04-7162-3325(手賀沼花火大会実行委員会)
駐車場なし
交通規制18:00~21:00(交通規制の詳細は、このページ最後)
トイレの数会場約70基
公式ホームページ手賀沼花火大会公式HP

手賀沼花火大会の観覧会場とアクセス情報

①柏会場【有料観覧者専用エリア】

(手賀沼自然ふれあい緑道 ・ 北千葉導水ビジターセンター寄り)

花火大会の開催にご協賛いただきました事業の方の「協賛者席」、及び桟敷席をご購入された方の「桟敷席」有料観覧専用エリアです。従来、柏第1会場となっていた場所になります。※注意 : 今回より一般観覧者の方は、このエリア内でのご観覧、立ち入りが一切できません。一般観覧者の方は、下記の②柏会場【一般観覧者エリア(無料観覧)】にて観覧場所をご確認ください。

◎会場までのアクセス情報
(JR常磐線北柏駅より徒歩25分、柏駅東口より徒歩40分)
 ※桟敷席をご購入された方は、「桟敷席販売」ページでアクセスをご確認ください。

②柏会場【一般観覧者エリア(無料観覧)】

(手賀沼自然ふれあい緑道 ・ 道の駅しょうなん寄り)

これまで旧柏第2会場の「協賛者席」及び「桟敷席」としていた「ヒドリ橋」の先から「しょうなん道のえき」までの場所が、今年から一般観覧者の方が自由に無料でご観覧できるエリアとなります。

◎会場までのアクセス情報

(JR常磐線北柏駅より徒歩35分、柏駅東口より徒歩50分)
(JR常磐線柏駅東口より東武バス沼南方面(1番乗場)から大井停留所下車徒歩20分)

③我孫子会場(手賀沼公園)

(JR常磐線我孫子駅南口より徒歩10分)
我孫子会場の公式ホームページをご確認ください。

teganumamap

有料席(桟敷席)について

柏第1会場では、今年も桟敷席(全席イス席)を全国のセブンイレブン・ローソン・ミニストップで販売!

有料席のお問い合わせはコチラ

手賀沼花火大会の歴史

手賀沼花火大会は、昭和62年に利根川治水100年を記念して開催が始まり、今年で30回目を迎え、柏まつりと並び柏の夏の風物詩として定着しています。

市内在住者や出身者に「ふるさと柏」への愛着や誇りを醸成するとともに、花火大会当日は40万人もの人出で賑わい、柏の観光振興に大きく寄与しています

手賀沼花火大会の動画

手賀沼花火大会の穴場スポット

手賀沼ふれあいライン

手賀沼ふれあいラインは、北柏ふるさと公園から手賀沼公園までの西側に位置しており、花火大会の日には18時以降車両通行止めとなり歩行者専用となるため、広範囲で花火を鑑賞することが可能です。その長い距離が歩行者専用となるため、混雑を避けつつ視界良好な場所で花火を楽しむことができるでしょう。ただし、打ち上げ場所からの距離によっては、花火の迫力が若干落ちるかもしれません。それでも、安全に花火を楽しむことができる穴場スポットと言えるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次