HOME

厄年にやってはいけない事【男性編】気をつける事は何?

厄年の男性がやってはいけない事

厄年の男性がやってはいけない事という言葉を聞くと、多くの方が何となくの不安を感じるかもしれません。

厄年とは、一般的に災いが起こりやすいとされる特定の年齢を指し、特に男性にとっては人生の節目とも重なることが多いのです。

では、具体的にどのような行動を避け、どんな点に注意すれば良いのでしょうか?

この記事では、厄年を迎える男性が直面するかもしれない問題を深堀りし、心理的な不安を和らげるための解決策をご紹介します。

読者の皆様が安心して厄年を乗り越えられるよう、役立つ情報を丁寧に解説していきます。

  • 厄年における男性が避けるべき行動や決断
  • 42歳の大厄における特別な注意点
  • 厄年における健康管理と食生活の重要性
  • 厄年をポジティブに捉え、自己成長の機会とする方法
  • 心の安定とストレス管理のためのリラックス方法

厄年にやってはいけない事【男性編】気をつける事は何?


厄年の男性がやってはいけないと言われている事や気を付ける事と何なのでしょうか。

  • 家を建てる
  • 転職をする
  • 事業を始める
  • 引っ越しをする
  • 結婚をする
  • 乱れた食生活

厄年の男性がやってはいけない事と気を付ける事をそれぞれご紹介します。

家を建てる

厄年の男性は新しい事をするのは控えた方がよいと言われています。

家を建てるのもその一つですが、男性の厄年で家を建てようと思うのは42才の年齢が最も多いかも知れませんね。

42才の厄年では、男性が最も気をつけなければならない大厄に当たります。

そのため、厄災に遭わないように家を建てるなら、40才以前もしくは44才以降がよいと言えるでしょう。

転職をする

男性が厄年の中で転職を考えるのは25才、42才の年齢ではないかと思います。

特に42才の場合は、現在の仕事をそのまま続けるのか、このタイミングで思い切って転職をするか悩む方が多いのではないでしょうか。

厄年の転職はリスクが高くなるので避けた方がよいのですが、男性の42才は大厄になるので決断はより慎重に行うのがよいでしょう。

事業を始める

厄年の男性が転職よりもさらにリスクが伴うのが事業を始める事です。

厄年には避けた方がよいと言わざるを得ないのですが、厄年だから絶対に止めた方がよいと言う事でもありません。

タイミング的に厄年に事業を始める事になるケースはあるでしょう。

その場合に、安易に物事を決めず、厄年だからより慎重に冷静になる事が大切です。

引っ越しをする

厄年の男性の引っ越しは避けた方がよいと言われています。

特に遠方への移動は控えるべきと言われていますが、25才、42才の働き盛りでは転勤に伴って引っ越しをする方も少なくないでしょう。

厄年の引っ越しは必ず厄災に遭うのではなく、遭うリスクが高まると言われているので、事前に万全の準備をして行う事が大事です。

結婚をする

男性が厄年の時に結婚をするのは良くないと言われています。

特に男性は世帯主となる事が多いので、それをリスクと捉えると厄年には結婚はしない方がよいと言えるでしょう。

しかし、結婚はタイミングが重要でもあるので、厄年だからと先伸ばしにした事が原因で破談となってしまう可能性はゼロではありません。

厄年は相手の方としっかり話し合う切っ掛けとして捉え、後悔のない方法を選ぶのがよいでしょう。

乱れた食生活

42歳という年齢は、男性にとって体力の低下や健康問題が増えやすい時期です。

さらに、仕事の責任も増え、忙しさが増す時期でもあります。

そのため、つい乱れた食生活に陥りがちです。

この厄年において、健康的な食生活を意識することが極めて重要です。

適度な運動や栄養バランスの取れた食事を心がけることで、健康を維持することができます。

厄年にやってはいけないNG行動と健康運を上げる簡単開運法を解説

本厄の男性の過ごし方と注意点!やってはいけないことは?
本厄の男性の過ごし方と注意点ややってはいけないことはあるのでしょうか? 厄年を気にする方は多いですし、中でも本厄は厄払い...
厄年の女性がやってはいけない事や気をつける事は?
厄年の女性がやってはいけない事やしてはいけないことという疑問は、多くの方が抱えるものです。 特に女性の厄年は、人生の大き...

厄年の男性がなぜ新しいことをやってはいけないのか?

なぜ男性が厄年の時に新しいことをやってはいけないとされているのかというと、新たなことをすることはリスクを伴うことも多いからです。

大きなリスクをともなることを災厄の起きやすい厄年の時にするのはやめた ほうがいいと考えられているのです。

厄年の時は年齢的にも、そこからくる社会的な立場や状況的にも、そして身体的にも変化が起きやすい時期であり、立場や状況が変わることが多くなるため、その分多くのリスクを伴い災厄に見舞われやすいとも言えます。

  • とくに男性は大厄を迎える40代前半は、身体的な変化 (成人病なども起きやすくなる)
  • これまでの食生活や日々の生活が身体の変化に現れ始める
  • 環境や立場の変化 (部下ができる、 自分で事業を行うなど仕事で もプライベートでも環境・立場が変わる)

時期でもあり、それらは重なることもあるし、 避けられない、避けることが難しいこともあるでしょう。

だからこそ、厄年だからといって無理にすべてをやらない(状況的に、物理的に無理なこともあるので)、というのではなく、それらの状況や時期を留意しつつ、厄年を迎え、新しいことで始めるべきことは始める、という過ごし方をおすすめします。

厄年だからといって新しいことはすべてやらない、ではなく、 厄年 災厄に遭いやすいということに十分に気をつけて新しいことなどを行うようにしましょう。

男性の厄年のタイミングはいつ?


男性の厄年のタイミングはいつなのでしょうか?

厄年は前厄、本厄、後厄の3年間で、男性と女性では該当する年齢が違います。

男性の厄年のタイミングをご紹介します。

24才(前厄)、25才(本厄)、26才(後厄)

41才(前厄)、42才(本厄)、43才(後厄)

60才(前厄)、61才(本厄)、62才(後厄)

人生の中で3度厄年が巡ってきて、1回が3年間続くと考えるとよいですね。

なお、全部の厄年の中で男性は42才の本厄を大厄と言い、厄年の中で最も厄災に遭いやすい年齢とされています。

42才と言えば会社で重要なポストを任される方が多く、働き盛りとなっています。

仕事でのトラブルだけではなく、働きすぎが原因で心身にストレスを抱えやすい年齢でもあるので、厄年を切っ掛けに自分の健康を見直してみることが大切でしょう。

男性の厄払いの年齢はいつ?厄年の数え方は?行く時のマナー!
男性の厄払いの年齢はいつなのでしょうか? 厄年の数え方や行く時のマナーを知りたいですよね。 厄払いは毎年行う人は稀で、多...

2024年の男性の厄年早見表

本厄・前厄・後厄の年齢を、男女別にわかりやすく一覧で紹介します。

年齢は数え年、括弧内は2024年においての生まれ年と干支を表しています。
<男性の厄年早見表>(※は大厄)
前厄 本厄 後厄
24歳(2001年/へび) 25歳(2000年/たつ) 26歳(1999年/うさぎ)
41歳(1984年/ねずみ) 42歳※(1983年/いのしし) 43歳(1982年/いぬ)
60歳(1965年/へび) 61歳(1964年/たつ) 62歳(1963年/うさぎ)

厄年は必要以上に気にしないようにしよう!

厄年は必要以上に気にしないようにしましょう。

厄年は厄災に遭いやすい年と言われていますが、そもそも厄年には科学的根拠はありません。

言わば迷信の一つで、昔から「この年齢は注意をした方がいいよ」と言われているだけです。

そのため、厄年を信じていない方は全く気にしていないですし、何かあってもそれが厄年が原因だと思わないでしょう。

一方で厄年を気にしすぎてしまう方は、どんな小さい事でもそれが厄年が原因だと考えて、落ち込んだりパニックになってしまう事もあるかも知れません。

厄年を迎えるに当たり大切なのは、「昔から気を付けた方がよいと言われているのだから、先祖の経験や英知が元になったものが厄年であるのだろう。だから否定はしなくても、必要以上に怯えず、いつもより注意が必要な年だと捉える事が大事」と言った考え方です。

道を歩いている時、石が落ちていると想像せずに自由に歩けば石に躓いて転んでしまうかも知れません。

でも、道には石が落ちているかも知れないと注意をして歩けば、石に躓く事はありませんよね?

厄年とはそのような年と考えて過ごすのがよいでしょう。

厄年にやるといい事【男性編】知っておくべきポイントと過ごし方!
厄年にやると良いこと、男性にとって何があるのでしょうか? 厄年は、多くの男性が不安を感じる特別な時期です。 人生の大きな...

どうしても厄年のことが気になる場合は厄払いがオススメ


どうしても気になる場合は厄払いがオススメです。

いくら厄年に科学的根拠がないと言われても、気になってしまう方は多いでしょう。

厄払いにも科学的根拠はありませんが、実際に厄払いを受けた多くの方が「厄払いをした事で気持ちが落ち着いた」と答えています。

目に見えない不安と戦う時は、心の安静がとても大切です。

心が落ち着いていないとパニックを誘発したり、良くない事ばかりを考えてしまうからですね。

厄払いはお守りと同じ役割を果たすもの。

受験の前にもらう合格祈願や、出産前にもらう安産祈願のお守りは、効果について科学的根拠はありません。

しかし、持っていると安心して受験や出産に臨めますよね。

これと同じで、厄年がどうしても気になってしまう方は厄払いをしてもらって、安心を得るのがよいでしょう。

厄年のお祓いはいつ行くの?時期に決まりはある?
厄年のお祓いはいつ行くのでしょうか? 時期に決まりはあるのか知りたいですよね。 厄年は厄災に遭いやすいと言われている年齢...
厄年のお祓いをしないとどうなる?しなかったけど大丈夫という人は?
厄年のお祓いをしないとどうなるのでしょうか。 しなかったけど大丈夫という人はいるのか気になります。 厄年が近付いてくると...

運気が上がる厄年の過ごし方は?


運気が上がる厄年の過ごし方はあるのでしょうか?

厄年は新しい事は控え、じっと大人しく過ごしているのがよいと言われています。

しかし、男性の厄年は25才、42才、61才(全て本厄のみ)。

特に25才と42才は仕事を中心に生活している男性が多く、経験を積んでステップアップしたり、重要な役職に就いている場合もありますよね。

そのようなタイミングで3年間も身動きしないのは、もったいないと思ってしまいませんか?

実は江戸時代では厄年は「役」年として、あえて仕事を変えたり、家を建てる人もいたそうですよ。

そのように新しい事をして、厄を落とすと考えられていたようです。

厄年は男性にとって転機が訪れやすいタイミングだからこそ、ピンチをチャンスに変える気構えが大切と言えそうです。

実際には転職や新築が難しい場合でも、資格を取るために勉強を始めてみるとか、数年後に本格的な投資をするために株を学んでみるなど、厄年を土台作りと考えてみるのもお勧めですよ。

日常的な清掃習慣

厄年における最も有益と言われているのは、日常的な清掃です。

毎日、どこかしらの場所を清潔に保つことが重要です。

特に、気が滞りやすい場所である水回りを念入りに掃除しましょう。

清潔な環境は良い気を引き寄せ、厄を避けるのに役立つでしょう。

リラックスの時間を持つ

厄年では心が不安定になり、小さなことでもイライラしやすくなります。

ストレスが過度にたまらないよう、リラックスできる時間を積極的に確保しましょう。

例えば、朝日を浴びながらゆっくりと朝食を楽しむか、夜空を眺めながらお酒を楽しむなど、リラックスできる瞬間を作ってみることをおすすめします。

厄年【男性・女性】の上手な過ごし方と厄払い・厄除けの時期
厄年を迎える人の上手な過ごし方と厄払いの時期や料金について 厄年と言うと、何かあまりよくない事が起こる年、だというイメー...

厄年の男性がやってはいけない事に関するよくある質問

厄年の男性でやってはいけないことは?

厄年は、結婚や転職、家の購入など、『人生の大きな転機』や『新しい物事への挑戦』を避けるべきだとされています。この期間では、多くの人々が新たなステップを踏むことを避け、慎重に行動することが推奨されています。

厄年の男がやるべきことは?

厄年の男がやるべきことは、日本全国の神社・お寺で厄除け・厄祓いの祈祷を受けることです。 地元の氏神様の神社はもちろん、厄除けのご利益で有名な神社やお寺などでも祈祷を申し込んで受けることができます。 また、神社やお寺では新年になると厄年の方向けに早見表を掲示したり、祈祷を案内する掲示や放送が流れたりします。

本厄年にやってはいけないことは?

新しい事を始める
大きな決断をする
気に病みすぎる
無理をする

厄年で一番悪いのは何歳ですか?

厄年は、一般的には数え年で男性は25歳、42歳、61歳、女性は19歳、33歳、37歳、61歳の年齢であるとされています。『本厄(ほんやく)』という言葉が最も厄年として知られていますが、本来は『三年間の厄年』と考えられ、同じくらい運気が低いとされています。

厄年になると何が起こるのでしょうか?

厄年は、多くの人にとって人生の変化や転機が訪れやすい時期であり、また、体調や精神的な安定が減少することが一般的に言われています。この時期には、進学、就職、転職、昇進、退職、結婚、出産など、さまざまなライフイベントが多くの人に影響を与えることがあるため、多くの方がこのことについて考えることがあるのではないでしょうか?

厄年を迎える理由は何ですか?

厄年は、地域社会において一定の地位を意味し、宮座への加入や神輿担ぎなど、神事に多く関わるようになることを示します。 したがって、心身を清浄に保ち、言動を慎むために物忌に服する必要がありました。 厄年の「厄」は、神様に仕える神役の「役」であるとも言われ、これも同様の理由に起因します。

厄年にやってはいけない事【男性編】のまとめ

厄年の男性が気を付ける事は、結婚や家を建てる、事業を始める、転職、引っ越しなどです。

25才、42才に本厄を迎える男性は、どちらの年齢においても仕事や家庭の状況が変わりやすい年齢となり、新しく何かを始める時は十分な慎重な姿勢が大切と言えるでしょう。

とは言え、厄年だからと何もしないのは時間が無駄になってしまいます。

厄年は何もしてはいけない年ではなく、注意をしっかりとして動く事が必要な年。

厄年だからと何もしていないと、厄年が明けてから大変な事になってしまうかも知れません。

自分がより成長するために何が必要かをじっくりと見極め、花を咲かせるために土を耕し、栄養を補う時間と考えて行動してみるのがよいでしょう。

この記事のポイントをまとめますと

  • 厄年の男性は新しいことを始めるのを控える
  • 家を建てるのは避けた方が良い
  • 転職はリスクが高まるため慎重に
  • 事業を始める際は特に注意が必要
  • 引っ越しは遠方への移動を控える
  • 結婚は厄年にすると良くないとされる
  • 乱れた食生活を避け、健康に留意する
  • 42歳の大厄は特に注意が必要
  • 厄年は自己成長の機会と捉えることも可能
  • 心身の変化に注意し、ストレスを溜めない
  • 日常的な清掃で良い気を引き寄せる
  • リラックスの時間を持ち、心の安定を図る

コメント

タイトルとURLをコピーしました