HOME

厄年の男性が気をつける事とやってはいけない事は?

厄年の男性が気を付ける事とやってはいけない事を調べてみました。

厄年は厄災に遭いやすいと言われていますが、どのような事に気をつけたらよいのか知りたい方が多いでしょう。

また、厄年にやってはいけない事を知っておけば、注意することができますよね。

そこで今回は、厄年の男性が気を付ける事とやってはいけない事をご紹介します。

スポンサーリンク

厄年の男性が気をつける事とやってはいけない事は?


厄年の男性が気を付ける事とやってはいけない事は何なのでしょうか。

厄年の男性が気を付ける事とやってはいけない事をご紹介します。

家を建てる

厄年は新しい事をするのは控えた方がよいと言われています。

家を建てるのもその一つですが、男性の厄年で家を建てようと思うのは42才の年齢が最も多いかも知れませんね。

42才の厄年では、男性が最も気をつけなければならない大厄に当たります。

そのため、厄災に遭わないように家を建てるなら、40才以前もしくは44才以降がよいと言えるでしょう。

転職をする

男性に厄年の中で転職を考えるのは25才、42才の年齢ではないかと思います。

特に42才の場合は、現在の仕事をそのまま続けるのか、このタイミングで思い切って転職をするか悩む方が多いのではないでしょうか。

厄年の転職はリスクが高くなるので避けた方がよいのですが、男性の42才は大厄になるので決断はより慎重に行うのがよいでしょう。

事業を始める

転職よりもさらにリスクが伴うのが事業を始める事です。

厄年には避けた方がよいと言わざるを得ないのですが、厄年だから絶対に止めた方がよいと言う事でもありません。

タイミング的に厄年に事業を始める事になるケースはあるでしょう。

その場合に、安易に物事を決めず、厄年だからより慎重に冷静になる事が大切です。

結婚をする

厄年に結婚をするのは良くないと言われています。

特に男性は世帯主となる事が多いので、それをリスクと捉えると厄年には結婚はしない方がよいと言えるでしょう。

しかし、結婚はタイミングが重要でもあるので、厄年だからと先伸ばしにした事が原因で破談となってしまう可能性はゼロではありません。

厄年は相手の方としっかり話し合う切っ掛けとして捉え、後悔のない方法を選ぶのがよいでしょう。

引っ越しをする

厄年の引っ越しは避けた方がよいと言われています。

特に遠方への移動は控えるべきと言われていますが、25才、42才の働き盛りでは転勤に伴って引っ越しをする方も少なくないでしょう。

厄年の引っ越しは必ず厄災に遭うのではなく、遭うリスクが高まると言われているので、事前に万全の準備をして行う事が大事です。

運気が上がる厄年の過ごし方は?


運気が上がる厄年の過ごし方はあるのでしょうか?

厄年は新しい事は控え、じっと大人しく過ごしているのがよいと言われています。

しかし、男性の厄年は25才、42才、61才(全て本厄のみ)。

特に25才と42才は仕事を中心に生活している男性が多く、経験を積んでステップアップしたり、重要な役職に就いている場合もありますよね。

そのようなタイミングで3年間も身動きしないのは、もったいないと思ってしまいませんか?

実は江戸時代では厄年は「役」年として、あえて仕事を変えたり、家を建てる人もいたそうですよ。

そのように新しい事をして、厄を落とすと考えられていたようです。

厄年は男性にとって転機が訪れやすいタイミングだからこそ、ピンチをチャンスに変える気構えが大切と言えそうです。

実際には転職や新築が難しい場合でも、資格を取るために勉強を始めてみるとか、数年後に本格的な投資をするために株を学んでみるなど、厄年を土台作りと考えてみるのもお勧めですよ。



男性の厄年のタイミングはいつ?


男性の厄年のタイミングはいつなのでしょうか?

厄年は前厄、本厄、後厄の3年間で、男性と女性では該当する年齢が違います。

男性の厄年のタイミングをご紹介します。

24才(前厄)、25才(本厄)、26才(後厄)

41才(前厄)、42才(本厄)、43才(後厄)

60才(前厄)、61才(本厄)、62才(後厄)

人生の中で3度厄年が巡ってきて、1回が3年間続くと考えるとよいですね。

なお、全部の厄年の中で男性は42才の本厄を大厄と言い、厄年の中で最も厄災に遭いやすい年齢とされています。

42才と言えば会社で重要なポストを任される方が多く、働き盛りとなっています。

仕事でのトラブルだけではなく、働きすぎが原因で心身にストレスを抱えやすい年齢でもあるので、厄年を切っ掛けに自分の健康を見直してみることが大切でしょう。

厄年は必要以上に気にしないようにしよう!


厄年は必要以上に気にしないようにしましょう。

厄年は厄災に遭いやすい年と言われていますが、そもそも厄年には科学的根拠はありません。

言わば迷信の一つで、昔から「この年齢は注意をした方がいいよ」と言われているだけです。

そのため、厄年を信じていない方は全く気にしていないですし、何かあってもそれが厄年が原因だと思わないでしょう。

一方で厄年を気にしすぎてしまう方は、どんな小さい事でもそれが厄年が原因だと考えて、落ち込んだりパニックになってしまう事もあるかも知れません。

厄年を迎えるに当たり大切なのは、「昔から気を付けた方がよいと言われているのだから、先祖の経験や英知が元になったものが厄年であるのだろう。だから否定はしなくても、必要以上に怯えず、いつもより注意が必要な年だと捉える事が大事」と言った考え方です。

道を歩いている時、石が落ちていると想像せずに自由に歩けば石に躓いて転んでしまうかも知れません。

でも、道には石が落ちているかも知れないと注意をして歩けば、石に躓く事はありませんよね?

厄年とはそのような年と考えて過ごすのがよいでしょう。

どうしても気になる場合は厄払いがオススメ


どうしても気になる場合は厄払いがオススメです。

いくら厄年に科学的根拠がないと言われても、気になってしまう方は多いでしょう。

厄払いにも科学的根拠はありませんが、実際に厄払いを受けた多くの方が「厄払いをした事で気持ちが落ち着いた」と答えています。

目に見えない不安と戦う時は、心の安静がとても大切です。

心が落ち着いていないとパニックを誘発したり、良くない事ばかりを考えてしまうからですね。

厄払いはお守りと同じ役割を果たすもの。

受験の前にもらう合格祈願や、出産前にもらう安産祈願のお守りは、効果について科学的根拠はありません。

しかし、持っていると安心して受験や出産に臨めますよね。

これと同じで、厄年がどうしても気になってしまう方は厄払いをしてもらって、安心を得るのがよいでしょう。

まとめ

厄年の男性が気を付ける事は、結婚や家を建てる、事業を始める、転職、引っ越しなどです。

25才、42才に本厄を迎える男性は、どちらの年齢においても仕事や家庭の状況が変わりやすい年齢となり、新しく何かを始める時は十分な慎重な姿勢が大切と言えるでしょう。

とは言え、厄年だからと何もしないのは時間が無駄になってしまいます。

厄年は何もしてはいけない年ではなく、注意をしっかりとして動く事が必要な年。

厄年だからと何もしていないと、厄年が明けてから大変な事になってしまうかも知れません。

自分がより成長するために何が必要かをじっくりと見極め、花を咲かせるために土を耕し、栄養を補う時間と考えて行動してみるのがよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました