HOME

寒気の候を使う時期はいつまで?意味や読み方と使い方や例文と結びも!

この記事は、寒気の候を使う時期と使い方や読み方、例文や結び文についてまとめています。

寒気という言葉は聞き馴染みがありますが、寒気の候はいつ使うとよい時候の挨拶なのか、よく分からないですよね。

ビジネス文章や、目上の人など大切な方へ送る手紙やはがきで、間違った使い方はしたくないもの。

そこで今回は、寒気の候について詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

寒気の候を使う時期はいつからいつまで?


寒気の候は12月中に使える時候の挨拶になります。

旧暦の仲冬に該当する期間(二十四節気の大雪と冬至)に使える時候の挨拶で、具体的には例年12月7日頃から1月5日頃までとなりますが、1月に入ると他の時候の挨拶を使うのが一般的です。

寒気の候の意味や読み方は?


寒気の候は「かんきのこう」と読みます。

寒気はさむけと読んでしまいたくなりますが、「かんき」が正しい読み方になりますよ。

寒気には冬の冷たい空気や、本格的な冬が訪れて気温が下がった状態を表しています。

候は時候や気候、季節などの意味があることから、寒気の候は「冬の冷たい空気を感じる時期になりましたね」という意味になりますね。

寒気の候の正しい使い方は?


寒気の候は12月中に使える時候の挨拶になりますが、「12月よりも1月の方が気温は下がるから、寒気の候は1月に使った方がよいのでは?」と思う方もいるのではないでしょうか。

ですが、時候の挨拶は基本的には旧暦に基づいて使われるもので、二十四節気に合わせて使う時期が決まっています。

寒気の候の場合は冬の半ばとなる仲冬に使うのがマナーとなり、晩冬である小寒・大寒には使いません。

小寒・大寒は新暦では1月に該当するので、1月に寒気の候を使うのは間違いになるのです。

また、寒気は天気予報用語で、周囲に比べて低温な空気を指しています。

日本は南北に長い地形をしており、地域によっては12月に入っても、比較的温暖で温かいところもありますよね。

そのため、例え12月であっても、時候の挨拶に寒気の候を使う時は、手紙やはがきを送る地域の状況に合わせて使うのがよいでしょう。

寒気の候を使った例文


寒気の候を使った文章を作成する時は、手紙やはがきを送る相手によって言葉の使い方が変わります。

ビジネス関係や目上の人に送る場合はより丁寧に、親しい人へは少しカジュアルな文章がよいでしょう。

ここでは、それぞれのケースに合わせた例文をご紹介します。

ビジネスで使う場合

・謹啓 寒気の候、貴社いよいよご隆盛のこととお慶び申し上げます。日頃は格別のお引き立てをいただき、ありがたく御礼申し上げます。
・拝啓 寒気の候、貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。毎々格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
・拝啓 寒気の候、貴社におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。平素より格別のご愛顧を賜り、誠に有難うございます。

目上の人に使う場合

・謹啓 寒気の候、○○様におかれましては、一段とご壮健のことと拝察いたしております。
・拝啓 寒気の候、皆様におかれましてはますますご活躍のことと大慶至極に存じます

親しい人に使う場合

・寒気の候、寒さも本格的になってきました。お変わりございませんか。
・寒気の候、師走を迎えて、毎日何かと慌ただしいですがお元気にお過ごしですか?

寒気の候の結び文


結び文とは文章の締めくくりに書く文のことです。

ビジネス文書には季節を問わず使える定型文がありますよね。

例えば、「貴社のますますのご発展を心より祈念しております。」などです。

このような結び文もよいですが、時候の挨拶の季節感を結び文にも引き継ぐと、文章全体に統一感が出るのでおすすめですよ。



ここでは、寒気の候を時候の挨拶に使った場合の、結び文の例文をご紹介します。

・寒気いよいよ厳しき折、ご自愛専一にてお願い申し上げます。
・ご多忙の折ではございますが、風邪など召されませぬようご自愛ください。
・寒さが厳しい時期です。皆様健康にお気をつけてお過ごしください。

寒気の候を使うときに注意すること


時候の挨拶には漢語調と口語調の2種類があり、寒気の候は漢語調になります。

漢語調は口語調に比べて格調が高く、丁寧な表現になるので、主にビジネス文書や目上の人に送る儀礼的な手紙やはがきに使われています。

しかし、文章の始まりを漢語調の時候の挨拶にしただけでは、文章として完全ではありません。

なぜなら、時候の挨拶に前に頭語を使うのが正しいマナーだからです。

頭語とは「拝啓」や「謹啓」などが知られており、これらには「つつしんで申し上げます」という意味があります。

砕けて言うなら「こんにちは」と同じ意味なのですが、ビジネス文章などには頭語を使うのが一般的と言えるでしょう。

また、頭語には必ず結語があり、「拝啓」の結語は「敬具」や「敬白」、「謹啓」なら「謹言」や「謹白」になりますよ。

漢語調の時候の挨拶を使うとそれだけで丁寧だと思ってしまいがちですが、大切な方へ送る手紙やはがきには頭語と結語を忘れないようにしましょう。

寒気の候以外の12月の時候の挨拶はある?


12月になると寒さが厳しくなる地域が多くなりますが、寒気という言葉があまりしっくりとこない場合もありますよね。

そのような時は、寒気の候以外の時候の挨拶を使うとよいでしょう。

そこでここでは、寒気の候以外の12月に使える時候の挨拶をご紹介します。

師走の候

12月上旬から下旬に使える時候の挨拶です。

師走は聞いたことがある方も多い12月の別称。

12月いっぱい使っても問題はないものの、一般的には12月中旬(15日くらい)まで使うことが多いです。

中旬以降は、年末に使える時候の挨拶を使うことが多いですよ。

大雪の候

二十四節気の大雪の期間(例年12月7日頃から12月22日頃まで)に使える時候の挨拶になります。

大雪は書いて字の如く、山や里が雪で覆われる時期という意味ですが、現在ではこのくらいの時期は北海道や東北地方もそこまで積雪はありません。

しかし、時候の挨拶は旧暦に基づいて行うため、雪の量に関係なく大雪の候を使うことができます。

冬至の候

二十四節気の冬至の期間(例年12月22日頃から末まで)に使える時候の挨拶になります。

冬至の次の節気の小寒は例年1月5日頃なので、期間としては1月4日まで使えるのですが、年を跨いで冬至の候を使うことはありません。

短日の候

12月上旬の大雪(例年12月7日頃)から冬至(例年12月22日頃)まで使える時候の挨拶です。

短日とは日が短い(昼が短い)という意味なので、冬至を過ぎると少しずつ日が長くなることから、使うのは控えた方がよいしょう。

歳末の候

12月20日頃から31日まで使える時候の挨拶です。

歳末は、デパートやスーパーの歳末セールなどで聞いたことがある方も多いでしょう。

元日になると歳末ではなくなるので、歳末の候は使えません。

Wordであいさつ文や定型文を挿入する方法

仕事上で取引先の相手にあいさつ文を送る、目上の人に手紙やはがきを出す時などに、「書き出しに悩んでしまい、なかなか作業が進まない」なんてことはよくあるのではないでしょうか。

そのような時はWordを利用してみましょう。

Wordにはあいさつ文のテンプレートがあるので、参考にすると作業が捗りやすくなりますよ。

ここではwordを使ったあいさつ文や定型文の挿入方法をご紹介します。

手順

①Wordを開きます

②挿入タブをクリックします

③テキストのところにある「あいさつ文」をクリックします

④あいさつ文の挿入を選びます

⑤何月のあいさつ文を作成するのか、最初に月を選びましょう

⑥月のあいさつ、安否のあいさつ、感謝のあいさつをそれぞれ選びます

⑦選んだら「OK」をクリックしてください

⑧Wordに選んだ文章が表示されます

ポイント

Wordではあいさつ文だけではなく、あいさつ文の後に続ける「起こし言葉」や「結び言葉」も選ぶことができますよ。

挿入タブ→テキストのあいさつ文をクリックした後、起こし言葉もしくは結び言葉を選んでください。

まとめ

寒気の候は二十四節気の大雪から冬至の間に使う時候の挨拶です。

例年12月7日頃から1月5日頃までとなりますが、年末や1月になると他の時候の挨拶を使うのが一般的なので、実際には12月上旬から中旬に使うケースがほとんどです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました