残炎の候を使う時期はいつ?意味や読み方と使い方や例文と結びも!

残炎の候

残炎の候を使う時期や読み方、使い方と例文、結びについて解説しています。

残炎という字体から意味が推測できそうですが、正しい意味を知りたいですよね。

また、残炎の候はいつ使える時候の挨拶なのでしょうか。

時候の挨拶は使う時期が決まっているため、誤った時期に使うのはマナー違反となっています。

残炎の候を使うタイミングも正しく知りたい方は多いでしょう。

そこで今回は、残炎の候の使い方を詳しく調べてみました。

目次

残炎の候を使う時期はいつ?


残炎の候は8月上旬から下旬まで使える時候の挨拶になります。

ただし、8月上旬と言っても8月1日から6日頃までは使うことができません。

その理由については、次の「残炎の候の意味や読み方は?」「残炎の候の正しい使い方」でご紹介しています。

残炎の候の意味や読み方は?


残炎の候は「ざんえんのこう」と読みます。

『残』と『炎』はそれ自体の読み方は難しくないものの、残炎という言葉は聞き慣れない方も多く、どのように読むのか悩んでしまうのではないでしょうか。

時候の挨拶は多くの場合、音読みとなるので、残炎の候も「ざんえんのこう」が正しい読み方になりますよ。

残炎とは、秋になっても残る暑さを指す言葉で、候には時期や時候などの意味があることから、残炎の候には「秋となりましたがまだまだ暑い日が続く時期ですね」という意味があります。

残炎の候の正しい使い方は?


残炎の候が使える8月上旬から下旬は、秋というよりもむしろ夏の真っ盛りの時期ですよね。

どうしてこの時期に、残炎の候を使うのでしょうか。

それには、時候の挨拶が作られた時代が旧暦だったことが関係しています。

旧暦では7月が初秋の月であり、二十四節気の立秋が秋の始まりでした。

今でもニュースなどで「暦の上では秋となりました」とアナウンスされますが、これは旧暦の立秋を指す言葉となっています。

つまり、現在の新暦における秋や、実際に「秋になった」と感じたタイミングではなく、あくまでも旧暦の秋を以て秋となるのです。

このようなことから、残炎の候はまだまだ暑い盛りである8月上旬から下旬に使っても間違いではありませんし、反対に実感として残炎を感じる9月下旬や10月に使うことはできません。

残炎の候を使った例文


時候の挨拶は使い慣れていない方も多く、書き出しに悩んでしまうことがありますよね。

特にビジネス関係者や目上の人に送る手紙やはがきなどでは、失礼のない内容を送りたいもの。

そこでここでは、残炎の候を使った文章の書き出しを、ビジネスで使う場合、目上の人に使う場合、親しい人に使う場合の3つのパターン別に分けてご紹介します。

ビジネスで使う場合

・謹啓 残炎の候、貴社にはますますご清栄の由大慶に存じます。毎々格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
・拝啓 残炎の候、貴店にはご清栄の段、何よりと存じます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
・拝啓 残炎の候、貴社におかれましてはますますご清祥のことと存じます。日頃は大変お世話になっております。

目上の人に使う場合

・謹啓 残炎の候、貴殿いよいよご清福のことと拝察し、お慶び申し上げます。
・拝啓 残炎の候、〇〇様にはいよいよご清祥のことと存じます。

親しい人に使う場合

・残炎の候、暦の上では秋となりましたが、まだまだ暑さが続いております。お健やかにお過ごしでしょうか。
・残炎の候、虫の声に秋の気配を色濃く感じる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

なお、親しい人へ送る手紙やはがきなどでは、必ずしも残炎の候のような形(漢語調)を使う必要はありません。

漢語調はそれ自体がとても丁寧な表現になるので、親しい人に使うとよそよそしさを感じてしまう方も多いようです。

親しい人へ送る手紙やはがきなどでは、漢語調よりもカジュアルな口語調の時候の挨拶を使うのがおすすめですよ。

残炎の候を口語調にするなら、「暦の上では秋となりましたが、まだまだ厳しい暑さが続きますね。お元気にしていますか」のような書き出しでよいでしょう。

残炎の候の結び文


結び文とは文章の締めくくりに書く文です。

結び文には季節に関係なく使える定型文がありますが、時候の挨拶の季節感に合わせた結び文を入れると文章全体に統一感や締まりを出すことができますよ。

ここでは、残炎の候を使った場合の結び文の例文をご紹介します。

・残暑凌ぎ難き候、ご自愛専一にご精励ください。謹言
・土用明けの暑さはことのほかですが、皆様方のご無事息災を心よりお祈り申し上げます。敬具
・夏の疲れが出やすい頃です。健康にはくれぐれもご留意ください。かしこ

残炎の候を使うときに注意すること


残炎の候を使うときは、手紙やはがきなどを送る相手に合わせて頭語をつけましょう。

頭語には様々な種類がありますが、一般的によく使われるのは「謹啓」と「拝啓」になります。

これらには「謹んで申し上げます」という丁寧な意味があり、特にビジネス関係者や目上の人に送る手紙やはがきなどでは、必ずつけるようにしましょう。

頭語は時候の挨拶の前に入れ、文章の書き出しにします。

残炎の候を使った文章であれば、「拝啓 残炎の候」となりますね。

また、頭語には結語が対となるため、頭語をつけたら結語を入れるのもマナーになりますよ。

結語の入れ方は結び文の例文にもある通りで、「謹啓」の結語は「謹言」もしくは「謹白」、「拝啓」の結語は「敬具」または「敬白」と決まっています。

なお、女性のみですが、どの頭語でも結語に「かしこ」を使うことができるのですが、「かしこ」はややカジュアル印象を与える結語のため、ビジネス関係者や目上の人に送る手紙やはがきなどでは使わない方がよいでしょう。

残炎の候以外の8月の時候の挨拶はある?


残炎の候は8月上旬から下旬まで使えるので、比較的使いやすい時候の挨拶と言えます。

ですが、気候や天気の状況によっては、使いにくい時候の挨拶とも言えますよね。

そこでここでは、残炎の候以外に8月に使える時候の挨拶をご紹介します。

大暑の候

大暑の候は7月21日頃から8月7日頃まで使える時候の挨拶です。

大暑とは二十四節気の一つで、暑さが大きいと書く通り、一年で最も暑い時期を指す言葉になりますよ。

大暑の前の節気の小暑と合わせて暑中といい、暑中見舞いを出す時期になります。

立秋の候

立秋の候は8月7日頃から22日頃まで使える時候の挨拶になります。

大暑の次の節気が立秋なのですが、大暑が夏の名称なのに対し、立秋は秋の名称となりますよ。

立つには始まりという意味があることから、立秋とは旧暦における秋の始まりとされています。

残暑の候

残暑の候は8月7日頃から9月7日頃まで使える時候の挨拶です。

残暑の候には、「暦の上では秋となったものの、まだまだ厳しい暑さが続く時期ですね」という意味があるため、立秋を過ぎてから1ヵ月程度に使える時候の挨拶となりますよ。

初秋の候

初秋の候は8月7日頃から9月7日頃まで使える時候の挨拶です。

旧暦では季節をそれぞれ3つに分け、秋は初秋・仲秋・晩秋となります。

初秋は暦の上で秋の始まりとなる立秋から、白露までの節気の期間が該当するため、初秋の候も同期間に使うことができますよ。

処暑の候

処暑の候は8月23日頃から9月7日頃まで使える時候の挨拶です。

処暑も二十四節気の一つで、処には落ち着くという意味があることから、暑い夏から秋へと季節が移り替わる様子を表しています。

Wordであいさつ文や定型文を挿入する方法

仕事上で取引先の相手にあいさつ文を送る、目上の人に手紙やはがきを出す時などに、「書き出しに悩んでしまい、なかなか作業が進まない」なんてことはよくあるのではないでしょうか。

そのような時はWordを利用してみましょう。

Wordにはあいさつ文のテンプレートがあるので、参考にすると作業が捗りやすくなりますよ。

ここではwordを使ったあいさつ文や定型文の挿入方法をご紹介します。

手順

①Wordを開きます

②挿入タブをクリックします

③テキストのところにある「あいさつ文」をクリックします

④あいさつ文の挿入を選びます

⑤何月のあいさつ文を作成するのか、最初に月を選びましょう

⑥月のあいさつ、安否のあいさつ、感謝のあいさつをそれぞれ選びます

⑦選んだら「OK」をクリックしてください

⑧Wordに選んだ文章が表示されます

ポイント

Wordではあいさつ文だけではなく、あいさつ文の後に続ける「起こし言葉」や「結び言葉」も選ぶことができますよ。

挿入タブ→テキストのあいさつ文をクリックした後、起こし言葉もしくは結び言葉を選んでください。

残炎の候のまとめ

残炎の候は8月上旬(立秋を過ぎてから)から8月下旬に使える時候の挨拶です。

残炎の候には「暦の上では秋になったにも関わらず、夏のような厳しい暑さが続いていますね」という意味があり、残暑と同じ意味合いで使うことができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次