納涼の候を使う時期はいつ?意味や読み方と使い方や例文と結びも!

納涼の候

納涼の候を使う時期や読み方、使い方と例文、結びについて解説しています。

納涼は割とよく耳にする言葉ですが、納涼の候はいつ使える時候の挨拶なのか分からないという方は多いのではないでしょうか。

時候の挨拶を使うタイミングを間違えてしまうと、相手の方に失礼になりますし、マナーがない人だと思われてしまいますよね。

そこで今回は、納涼の候の使い方を詳しく調べてみました。

目次

納涼の候を使う時期はいつ?


納涼の候は8月中に使う時候の挨拶です。

ですが、8月ならいつでも使ってよいかと言えばそうではありません。

納涼の候が使える具体的な時期は、納涼の候の意味が大きく関わってくるので、詳しくは次の「納涼の候の意味や読み方は?」と「納涼の候の正しい使い方」で説明します。

納涼の候の意味や読み方は?


納涼の候は「のうりょうのこう」と読みます。

納涼を「のうりょう」と読むのは難しく感じない方が多いと思いますが、候はそうろうと読んでしまいますよね。

時候の挨拶は音読みすることが多く、納涼の候は「のうりょうのこう」が正しい読み方になりますよ。

納涼とは夏の暑さを避けるために涼しさを取り入れること、涼しくなるように工夫をすること、という意味があります。

候には時期や時候などの意味があるので、納涼の候は「夏の暑さを凌ぐために涼しさを求める時期ですね」という意味になりますよ。

夏の盛りでは木陰に入ったりうちわで仰いでも暑さが緩和されませんが、ピークが少し過ぎた時期になると朝夕の太陽が出る前は過ごしやすくなったり、木陰が涼しく感じるようになりますよね。

このようなことから、納涼の候は暑さが厳しい8月上旬よりも、暑さがやや和らいでくる8月中旬以降に使うのがよいとされています。

納涼の候の正しい使い方は?


時候の挨拶は旧暦の時代に作られているので、二十四節気にちなんだものが多いですよね。

二十四節気は現在の新暦では季節感にズレがあり、例えば二十四節気の秋の始まりである立秋は、新暦では8月7日頃になります。

8月7日頃に「今日から秋ですね」と言われても、多くの方は「いやいや、夏真っ盛りです」と思うのではないでしょうか。

しかし、時候の挨拶は基本的には二十四節気(旧暦)に倣って使うため、違和感があっても決められた期間にしか使うことができません。

それが、納涼の候の場合は少し違います。

納涼の候は、新暦に合わせて作られた言葉で夏の季語です。

そのため、季節感に合わせて使うことができる、数少ない時候の挨拶と言えるでしょう。

納涼の候を使った例文


納涼の候のような〇〇の候は、時候の挨拶の中でも漢語調といってそれ自体が丁寧な表現になります。

普段はあまり使い慣れていないという方は多く、いざ使おうと思ってもどのように書き出したらよいのか悩んでしまうのではないでしょうか。

そこでここでは、納涼の候を使った例文を3つのケース別に合わせてご紹介します。

例文を参考にして、オリジナルの挨拶文を考えてみて下さい。

ビジネスで使う場合

・謹啓 納涼の候、貴社にはますますご清栄の由大慶に存じます。毎々格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
・拝啓 納涼の候、貴社におかれましてはなお一層のご発展のことと大慶至極に存じます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
・拝啓 納涼の候、貴社の皆様におかれましては、ますますご活躍のことと存じます。日頃は格別のお引き立てをいただき、ありがたく御礼申し上げます。

目上の人に使う場合

・謹啓 納涼の候、〇〇様におかれましてはますますご壮健のことと拝察いたしお慶び申し上げます。
・拝啓 納涼の候、〇〇様にはいよいよご清祥のことと存じます。

親しい人に使う場合

・納涼の候、盆踊りのにぎやかな音色が聞こえる季節になりました。いかがお過ごしでしょうか。
・納涼の候、夏休みに入り、連日子ども達とプールに出かけています。〇〇さんは元気にしていますか。

なお、親しい人には納涼の候(漢語調)を使う必要はありません。

丁寧な表現なので、相手によってはよそよそしさを感じてしまうことがあるからです。

親しい人には漢語調よりもカジュアルな口語調を使うのがよいでしょう。

納涼の候を口語調で書くなら、「木陰の涼しさが嬉しい季節になりましたね」「夕暮れになるとやや暑さが収まり、過ごしやすくなりました」のような書き出しでよいでしょう。

納涼の候の結び文


結び文とは文章の締めくくりに書く文です。

結び文には季節に関係なく使える定型文がありますが、時候の挨拶の季節感に合わせた結び文にすることで、文章全体に統一感や締まりが出るのでおすすめですよ。

ここでは、納涼の候を使った場合の結び文の例文をご紹介します。

・残暑凌ぎ難き候、ご自愛専一にご精励ください。謹白
・炎暑の折から、ご自愛のほどお祈り申し上げます。敬具
・夏の疲れが出やすい時期です。お体を大切にお過ごし下さいね。かしこ

納涼の候を使うときに注意すること


納涼の候を使うときに注意したいのは、手紙やはがきなどを送る相手に合わせて頭語をつける、ということです。

納涼の候はそれ自体が丁寧な表現なので、文章の書き出しが納涼の候であれば問題がないと思うかも知れません。

しかし、特にビジネス関係者や目上の人に送る手紙やはがきなどでは、いきなり時候の挨拶から入る書き出しはマナー的にNGになります。

頭語には様々な種類がありますが、一般的によく使われているのは「謹啓」と「拝啓」です。

これらには「謹んで申し上げます」という意味があり、相手への敬意を表す言葉となります。

また、文章に頭語をつけたら、最後は結語で締めるのもマナーになりますよ。

頭語と結語は対になっていて、「謹啓」の結語は「謹言」もしくは「謹白」、「拝啓」の結語は「敬具」または「敬白」と決まっているので、こちらも間違えないように注意して下さい。

なお、女性のみですがどの頭語でも結語に「かしこ」を使うことができますが、「かしこ」はややカジュアルな印象を与えるため、ビジネス関係者や目上の人に送る手紙やはがきなどでは使わない方がよいでしょう。

納涼の候以外の8月の時候の挨拶はある?


納涼の候は夏の厳しい暑さがやや鎮まり始めた時期に使うのがよい時候の挨拶です。

まだまだ暑さが厳しい場合や、反対にすっかり秋の気配が感じられるなど、状況に合わせて使う時候の挨拶を選びたいですよね。

そこでここでは、納涼の候以外に8月に使える時候の挨拶をご紹介します。

立秋の候

立秋の候は8月7日頃から22日頃まで使える時候の挨拶です。

立秋は二十四節気の一つで、旧暦では秋の始まりとなる日(期間)になります。

残暑の候

残暑の候は8月7日頃から9月7日頃まで使える時候の挨拶です。

残暑見舞いという言葉を聞いたことがある方が多いと思いますが、残暑とは立秋を過ぎて暦の上では秋になったものの、夏のような暑さが続く時期という意味になりますよ。

早涼の候

早涼の候は8月上旬から下旬に使える時候の挨拶です。

早涼は秋の季語になるので8月7日頃の立秋を過ぎないと使うことができません。

初秋の候

初秋の候は8月7日頃から9月7日頃まで使える時候の挨拶です。

初秋とは秋の初めという意味で、立秋から1ヵ月間(二十四節気の立秋から白露まで)を指す言葉になります。

処暑の候

処暑の候は8月23日頃から9月7日頃まで使える時候の挨拶になります。

処暑は二十四節気の一つで、暑さが収まる時期という意味があり、「暑さが少しずつ収まって秋らしくなってきましたね」という意味になりますよ。

Wordであいさつ文や定型文を挿入する方法

仕事上で取引先の相手にあいさつ文を送る、目上の人に手紙やはがきを出す時などに、「書き出しに悩んでしまい、なかなか作業が進まない」なんてことはよくあるのではないでしょうか。

そのような時はWordを利用してみましょう。

Wordにはあいさつ文のテンプレートがあるので、参考にすると作業が捗りやすくなりますよ。

ここではwordを使ったあいさつ文や定型文の挿入方法をご紹介します。

手順

①Wordを開きます

②挿入タブをクリックします

③テキストのところにある「あいさつ文」をクリックします

④あいさつ文の挿入を選びます

⑤何月のあいさつ文を作成するのか、最初に月を選びましょう

⑥月のあいさつ、安否のあいさつ、感謝のあいさつをそれぞれ選びます

⑦選んだら「OK」をクリックしてください

⑧Wordに選んだ文章が表示されます

ポイント

Wordではあいさつ文だけではなく、あいさつ文の後に続ける「起こし言葉」や「結び言葉」も選ぶことができますよ。

挿入タブ→テキストのあいさつ文をクリックした後、起こし言葉もしくは結び言葉を選んでください。

納涼の候のまとめ

納涼の候は8月中に使える時候の挨拶ですが、8月上旬の使用は避け、中旬以降に使うのがよいでしょう。

納涼の候は二十四節気にちなんだ時候の挨拶とは違い、実際の季節感に合わせて使える時候の挨拶と言えます。

木陰に入ると涼しさを感じる時期になったら、納涼の候を使って手紙やはがきなどを送ってみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次