早秋の候を使う時期はいつ?意味や読み方と使い方や例文と結びも!

早秋の候

早秋の候を使う時期や読み方、使い方と例文、結びについて解説しています。

早秋の候はいつから使える時候の挨拶なのか知っていますか?

早い秋と書くので9月や10月?と思いますが、時候の挨拶は正しいタイミングで使う必要がありますよね。

そこで今回は、早秋の候の使い方を詳しく調べてみました。

目次

早秋の候を使う時期はいつ?


早秋の候は、8月上旬から9月上旬に使える時候の挨拶です。

具体的には8月7日頃から9月7日頃までとなります。

時候の挨拶の中には使える期間が短いものがありますが、早秋の候は1ヶ月程度使うことができますね。

早秋の候の意味や読み方は?


早秋の候は「そうしゅうのこう」と読みます。

早秋の漢字自体は難しくありませんが、早秋を「そうしゅう」と読むことはあまりないのではないでしょうか。

そのため、読み方がわからない方は多いかも知れません。

時候の挨拶は音読みすることが多く、早秋の候も音読みで「そうしゅうのこう」と読みますよ。

早秋とは書いて字の如く、秋の始まりを意味する言葉です。

秋と言っても、実際に体感する秋ではなく旧暦の秋を指すので、二十四節気の立秋を過ぎた時期になります。

また、候には時期や時候などの意味があることから、早秋の候は「暦の上では秋になりましたね」という意味になりますよ。

早秋の候の正しい使い方は?


私達が暮らす現代は新暦が採用されていて、新暦の秋は9~11月となっています。

そのため、秋の始まりを意味する早秋の候は9月に使える時候の挨拶と思うかも知れません。

しかし、時候の挨拶は旧暦の時代に作られたもので、新暦の今でも旧暦に倣って使うのがルールです。

旧暦では秋は7~9月で、早秋は7月が該当しますが、旧暦を新暦に置き換えると1ヶ月程度ズレがあるので、早秋の候は主に8月に使うのが正しくなります。

なお、旧暦では秋を3つに分け、7月(新暦では8月)を初秋、8月(新暦では9月)を仲秋、9月(新暦では10月)を晩秋と言います。

早秋は初秋に該当し、二十四節気では立秋から処暑までの期間となりますよ。

早秋の候を使った例文


早秋の候を使って手紙やはがきなどを送るときに、書き出しに悩んでしまう方は多いですよね。

そこでここでは、早秋の候をビジネスで使う場合、目上の人に使う場合、親しい人に使う場合の3つのパターン別に、それぞれ例文をご紹介します。

手紙やはがきなどを送る相手に合わせて例文を参考にし、オリジナルの文章を完成させてみましょう。

ビジネスで使う場合

・謹啓 早秋の候、貴社にはますますご清栄の由大慶に存じます。毎々格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
・拝啓 早秋の候、貴店におかれましてはいよいよご盛業のことと拝察し、お慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
・拝啓 早秋の候、貴社の皆様におかれましては、ますますご活躍のことと存じます。日頃は格別のお引き立てをいただき、ありがたく御礼申し上げます。

目上の人に使う場合

・謹啓 早秋の候、〇〇様におかれましてはますますご壮健のことと拝察いたしお慶び申し上げます。
・拝啓 早秋の候、皆様ますますご清適のこととお喜び申し上げます。

親しい人に使う場合

・早秋の候、すがすがしい空を飛ぶ赤とんぼが目に映る季節になりました。お元気にしていますか。
・早秋の候、朝晩は涼しさを感じる今日この頃、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。

なお、親しい人に送る手紙やはがきなどでは、必ずしも早秋の候を使う必要はないでしょう。

早秋の候のような〇〇の候は、時候の挨拶の中では丁寧な表現になります。

仲が良い相手であれば、返って堅苦しさや距離を感じてしまうことがあるでしょう。

親しい人には早秋の候ではなく、「秋の始まりの時期になりましたね」のように、カジュアルな書き出しがおすすめです。

早秋の候の結び文


結び文とは文章の締めくくりに書く文です。

結び文には季節に関係なく使える定型文がありますが、時候の挨拶の季節感に合わせた結び文を入れると、文章全体に統一感や締まりが出るのでおすすめです。

早秋の候を時候の挨拶に使った文章の結び文の例文をご紹介します。

・実り多き秋、貴社のますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。謹言
・秋風吹きすさぶ折、○○様におかれましてはくれぐれもご自愛ください。敬具
・食欲の秋です。お互いに食べ過ぎにはくれぐれも気をつけましょうね。かしこ

早秋の候を使うときに注意すること


早秋の候を使って手紙やはがきなどを送るときは、送る相手に合わせて頭語をつけるようにしましょう。

ビジネス関係者や目上の人に送る手紙やはがきなどでは、頭語をつけるのはマナーになります。

一般的によく使われる頭語には「謹啓」と「拝啓」があり、どちらも相手に対する敬意を表すものとなっていますよ。

また、頭語には結語が対になっていて、「謹啓」の結語は「謹言」もしくは「謹白」、「拝啓」の結語は「敬具」または「敬白」になります。

結語は文章の最後につけ、文章全体を締めくくって下さい。
(結語のつけ方は結びの例文を参考にして下さい)

なお、女性のみですが、どの頭語でも結語に「かしこ」をつけることができますが、「かしこ」はややカジュアルな印象を与えるため、ビジネス関係者や目上の人に送る手紙やはがきなどでは使わない方がよいでしょう。

早秋の候以外の8月の時候の挨拶はある?


早秋の候は「暦の上では秋に入りましたね」という意味があるので、天候や天気に関係なく使える時候の挨拶になります。

便利で使い勝手がよい時候の挨拶と言えますが、9月に使える他の時候の挨拶も知っておくと、状況などに応じて細やかに活用することができますよね。

そこでここでは、早秋の候以外に9月に使える時候の挨拶をご紹介します。

納涼の候

納涼の候は8月中に使える時候の挨拶です。

納涼とは夏の暑さを避けるために涼しさを取り入れる工夫をすること、という意味があり、納涼の候には「夏の暑さを凌ぐために涼しさを求める時期になりましたね」という意味があります。

立秋の候

立秋の候は8月7日頃から22日頃まで使える時候の挨拶です。

立秋は二十四節気の一つで、旧暦では秋の始まりとなる日(期間)になります。

暦(旧暦)の上では秋になりますが、新暦の現代では夏の真っ盛りになりますね。

残暑の候

残暑の候は8月7日頃から9月7日頃まで使える時候の挨拶です。

暦の上で秋となる立秋を過ぎると、夏の暑さから残暑に変わります。

初秋の候

初秋の候は8月7日頃から9月7日頃まで使える時候の挨拶です。

初秋とは旧暦の秋の初めという意味で、二十四節気の立秋から白露までの期間が該当します。

処暑の候

処暑の候は8月23日頃から9月7日頃まで使える時候の挨拶になります。

処暑は二十四節気の一つで、暑さが収まる時期という意味がありますよ。

処暑の候は「暑さが少しずつ収まって秋らしくなってきましたね」という意味になりますね。

Wordであいさつ文や定型文を挿入する方法

仕事上で取引先の相手にあいさつ文を送る、目上の人に手紙やはがきを出す時などに、「書き出しに悩んでしまい、なかなか作業が進まない」なんてことはよくあるのではないでしょうか。

そのような時はWordを利用してみましょう。

Wordにはあいさつ文のテンプレートがあるので、参考にすると作業が捗りやすくなりますよ。

ここではwordを使ったあいさつ文や定型文の挿入方法をご紹介します。

手順

①Wordを開きます

②挿入タブをクリックします

③テキストのところにある「あいさつ文」をクリックします

④あいさつ文の挿入を選びます

⑤何月のあいさつ文を作成するのか、最初に月を選びましょう

⑥月のあいさつ、安否のあいさつ、感謝のあいさつをそれぞれ選びます

⑦選んだら「OK」をクリックしてください

⑧Wordに選んだ文章が表示されます

ポイント

Wordではあいさつ文だけではなく、あいさつ文の後に続ける「起こし言葉」や「結び言葉」も選ぶことができますよ。

挿入タブ→テキストのあいさつ文をクリックした後、起こし言葉もしくは結び言葉を選んでください。

早秋の候のまとめ

早秋の候は8月上旬の立秋(8月7日頃)から処暑(9月8日頃)まで使える時候の挨拶になります。

早秋には秋の始まりという意味がありますが、実際に秋を感じる時期や、新暦における初秋ではなく、あくまでも旧暦の初秋を指すものになります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次