七五三の時期や年齢はいつなの?数え年?満年齢?

七五三の時期や年齢はいつなの?数え年?満年齢?

七五三のお参りをする時期はいつ頃?

七五三は、主に11月15日の『七五三の日』に神社へお参りやお祝いをする行事です。

近年では、両親の仕事の都合などもあり、必ずしも11月15日ではなく、10月中旬から11月前半(11月15日より前)の吉日や土日祝日などを利用してお祝いがされることが多くなってきています。

もちろん、11月15日の七五三の日にお祝いをされる方もたくさんいらっしゃいます。

11月15日やその前の土日、祝日などはとくに七五三で神社が込み合いますので、お祝いをする日は、上手に日程を組む必要があります。

ご両親の仕事の都合や、おじいちゃん・おばあちゃん・親戚の都合のつきやすい日で、お参り・お祝いの予定を組まれるのがいいかと思います。


Sponsored Link


七五三をする時期は、何月何日~何月何日までと決まっているの?

1115いつからいつまでと決まっていません。

最近は、11月15日にこだわらず、10月から11月の休日など、ご家族が揃うのに都合の良い日に行われています。

また、七五三に六曜(大安や友引など)は関係ないと言われていますが、それでもやはり「大安の土・日曜・祝日」にはお参りの参拝客が集中しやすく、総本社的な大きく有名な神社ではお日柄のいい日には、境内が七五三の参拝客で埋まってしまうほどの状況になります。

七五三の年齢は、数え年?それとも満年齢?

七五三は、3歳、5歳、7歳の時にお祝いをします。

  • 男の子は、3歳と5歳
  • 女の子は、3歳と7歳

です。

昔は数え年の時に、七五三を行っていましたが、現在は満年齢が一般的です。


Sponsored Link


ですから、どちらでもお祝いしても大丈夫です。

数え年:生まれた年を一歳として計算

満年齢:生まれた翌年の誕生日を一歳として計算

ただ、その地域やご家庭での「慣例」もあるでしょうから、ご家族やご近所の方に、事前に聞いてみてはいかがでしょうか。

2016年に、満年齢でお祝いするとなると

  • 満七歳(女の子)  平成21年生まれ (2009年生まれ)
  • 満五歳(男の子)  平成23年生まれ (2011年生まれ)
  • 満三歳(女の子・男の子)  平成25年生まれ (2013年生まれ)

のお子様が七五三を行う年になります。

七五三は家族の大切な行事、なるべく皆が参加できるように日程を考えて、記憶に残るお祝いにしたいですね。

 

※その他、七五三に関する記事はコチラ

七五三にかかる費用や相場そして内訳について

七五三の初穂料の相場や書き方

七五三の神社の選び方とお参りのポイント

七五三は、なぜ、3歳・5歳・7歳という年齢で祝うのか?

七五三のお祝い返しのマナー

七五三の贈り物は、何が喜ばれるの?渡す時期はいつ?

千歳飴の由来や意味

七五三のお祝い金!相場の金額はどれくらいなの?

七五三の母親の服装は?失敗しない服装選びのコツ!

 


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)