初夏とはいつから?立夏との違いは何?

初夏とはいつから?立夏との違いは何?

初夏はいつからいつまで?初夏の候の意味!

草や木が新緑に覆われ、爽やかな風が吹くころ、人はそれを「初夏」だと感じます。

しかし、「初夏はいつから初夏と言うの?」と尋ねられると、明確な時期を答えられる方は少ないのではないでしょうか。

今現在、私達が日頃何となく使っている言葉には、それぞれ由来や理由が存在しています。

昔は、今のように人工衛星が発達しリアルタイムで天気や季節を知ることができなかったため、季節の節目をあらかじめ知ることはとても重要視されていました。

初夏もその一つと考えてよいでしょう。

では、初夏とは一体いつからいつまでを指すのか、さらには、「初夏の候」という言葉の意味は何なのかを調べてみましたのでご覧下さい。


Sponsored Link


初夏とは?いつからいつまでのことを初夏というの?

syoka2
初夏は、その字の通り夏の初めを指しますが、これはそのままの意味の他に、旧暦による「初夏」の区分も関係しています。

旧暦では、節分から数えて三ヶ月毎に季節を区切っていました。

そしてさらに三ヶ月の中で季節の呼び名を変えており、具体的に上げると以下の通りです。

  • 早春(一月)
  • 仲春(二月)
  • 晩春(三月)
  • 初夏(四月)
  • 仲夏(五月)
  • 晩夏(六月)
  • 初秋(七月)
  • 仲秋(八月)
  • 晩秋(九月)
  • 初冬(十月)
  • 仲冬(十一月)
  • 晩冬(十二月)

と、なっています。

この時、早春である一月は今の節分の時期を指しますから、新暦で言うと二月にあたります。

よって、初夏も旧暦の四月から一ヶ月ほどずれて五月となります。

加えて、春夏秋冬よりもさらに季節の節目を知る上で設けられた二十四節気で見ると、初夏とは「立夏」から「芒種」まで時期としていたことから、5月上旬から6月上旬までを初夏と呼ぶようです。



初夏の候とは?いつまで使えばいいの?

syoka3
初夏は5月上旬~6月上旬のことを指す、ということはわかりました。

では、この時期に手紙やはがきを書く場合に「初夏の候」という言葉を使うのはご存じでしょうか。

勿論、仲の良い友人にかしこまった言い方である「初夏の候」は使う場面はそれほど多くはないと思います。

「最近、初夏らしい天気が続いていますね」で構わないと思います。

しかし、社会人となり仕事の関係者や目上の方に手紙を送る場合には、必要となってくる言葉遣いです。

初夏の候の「候」というのは、〇〇の季節となりました、という意味があるので、初夏の候は、初夏になりました・初夏を迎えました、という意味になります。

そして、先ほど調べた通り初夏は5月上旬から6月上旬までを指す言葉なので、手紙やはがきで初夏の候を使えるのはこの時期に限定されていると言えます。

初夏と立夏の違いは何?

syoka4
立夏とは二十四節気の一つで、読んで字の如く「夏が立つ」すなわち、夏の始まりを指しています。

太陽黄径が45度になる日とされ、毎年5月5日頃が立夏です。また立夏はその日だけを指すのではなく、立夏から次の節気の小満までの期間を指す場合もあります。

小満が5月20日頃までなので立夏は5月5日頃から20日頃までになります。

そして初夏は、立夏から始まり芒種までを言うので、立夏とは初夏の始まる最初の日、ということになります。

 

関連記事:立夏とは?その意味や由来!

 

まとめ

似たような時期に似たような言葉がたくさんあるので、混乱してしまいますが、初夏は旧暦の四月を指し現代においては5月上旬から6月上旬を指す言葉です。

年によってはこの時期にすでに猛暑を感じさせる暑さとなるケースもありますが、一年で最も過ごしやすいとも言われるこの時期を、是非今年は堪能したいものです。

 


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)