暑気払いの時期や意味や食べ物は?楽しみ方はコレ!

暑気払いの時期や意味や食べ物は?楽しみ方はコレ!

暑気払いの意味や時期と食べ物!

暑気払い、という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

では、暑気払いという言葉は知らなくても、うだるような暑さが続く夏の最中に、仕事終わりに皆でビールでも飲みに行かない?と誘われたことならあるのではないでしょうか。

実は、それこそが暑気払いなのです。

とは言え、これだけでは暑気払いが何なのかまだよくわかりませんよね。

そこで今回は、暑気払いの意味や時期、食べ物について詳しく調べてみました。


Sponsored Link


暑気払いとは?暑気払いの意味は?

syokibarai2
暑気払いとは、書いて字の如く「暑さや体に滞った熱気を払う」という意味があります。

気温が高いと体が怠く疲れやすくなりますが、夏の暑さというのは一週間やそこらでは去って行ってはくれません。

そこで、夏の暑さを逆手にとって、昔は冷たい食べ物や飲み物を飲んで体温を下げたり、川や海に入って暑さを凌ぎ、心身共にリセットすることで元気を取り戻していました。

この他に薬湯や漢方薬を飲んで暑気払いをしていたこともあったそうです。

しかし近年では、暑気払い=飲み会というイメージの方が強いのではないでしょうか。

ですが、会社の同僚や仲間内と飲食を共にし、話をすることはリフレッシュになりますから、これも立派な暑気払いと言えると思います。

 

夏バテを解消する方法【症状・原因・予防・食材・食べ物】

 

暑気払いの時期は?

syokibarai3
暑気払いの明確な時期というのは決まっていません。

しかし暑気払い、というくらいですから当然、暑い時期に行うものでしょう。まだ半袖にならない時期や、逆に風が冷たいと感じるようになる季節では暑気払いとはなりません。


Sponsored Link


昔、日本では二十四節気や雑節で季節の変わり目を知り、体調の管理に役立ててきました。

このことから夏至(6月21日頃)や土用(7月20日頃)大暑(7月23日頃)や、旧暦では夏が終わり秋が始まるとされる立秋(8月7日頃)や処暑(8月23日頃)などは、暑気払いを行う目安になるのではないでしょうか。

 

夏至はいつ?日照時間や意味や由来は?

夏の土用の丑の日はいつ?うなぎの意味や由来は?

大暑はいつ?意味や食べ物について教えて!

処暑はいつ?意味や食べ物について教えて!

 

暑気払いの時の食べ物色々!楽しみ方はコレ!

syokibarai4
普段はビールをそれほど飲まない方でも、暑気払いの時にはビールを頼んでしまうという場合が多いのではないでしょうか。

何となくどんよりした体や心に、ビールの苦みや炭酸がぴりっと効いてくれる気がするからだと思いますが、実は暑気払いにビールはとても理にかなっているのです。

と言うのも、6~7月に収穫される麦は旬の食べ物になりますので、体調を整えてくれる効果が期待できます。

これと同様に、暑い夏にそうめんを食べるのも同じ理由からよいものとされており、お中元の品物にそうめんが多いのも「暑い夏に麦で作ったそうめんを食べて乗りきって下さい」という暑気払いの意味が込められているのです。

この他、きゅうりに代表される夏野菜やかき氷も、暑気払いに適した食べ物だとされています。

 

夏バテに効く食べ物や食材!夏はコレで乗り切れ!

うなぎの日はいつ?土用の丑の日の由来や意味!

 

暑気払いのまとめ

粋な暑気払いの飲み物として、甘酒はいかがでしょうか。

甘酒と言うと寒い冬に温かい物を飲むイメージがあると思いますが、実は夏の飲み物なのです。

甘酒は飲む点滴と言われているほど栄養価の高い飲み物なので、ビールやかき氷で胃腸が疲れたと思ったら甘酒を飲んでみてはいかがでしょうか。


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)