HOME

年の瀬の意味や使い方!いつからいつまでを言うの?

年の瀬とはいつからいつまで?その意味や使い方!

一年の最後の月となる年の瀬12月。

昔は、お盆だけではなくお正月にも先祖の霊を供養していたことから、お坊さんがお経を上げるため西へ東へと走り回っていた様子から「師走」と呼ばれるようになったほど、忙しくなる時期ですよね。

また、大掃除を始めとしておせち料理の用意や、クリスマスのプレゼントなど、お金を使う機会も増えてきますが、12月に入ると周囲から聞こえ始めるのが「年の瀬」という言葉。

何となく雰囲気からして年末に近付く時期のこと、12月のこと、というのはわかるものの、年の瀬とはそもそもどのような意味があるのでしょうか。

また、12月になるとよく聞くようになりますが、年の瀬とはいつからいつまでを指すのでしょうか。

そこで今回は、年の瀬について調べてみました。



年の瀬の以外な意味や使い方についてもご紹介したいと思います。

tsns2
年の瀬の意味や語源は?

年の瀬には、年末や年の暮れ、という意味があります。

実際に「年の瀬が近づく」のように使用したことがある方も多いと思いますが、ではどうして「年末が近づく」や「年の暮れが近付く」ではなく、年の瀬と言うのでしょうか。

実は、年の瀬の〝瀬〟には、川の浅い箇所、流れの速い場所という意味があります。

船で通る際に急流や激流が行く手を阻む困難な場所を指しているのですが、この様子を「支払いがたまって困っている状態」や「支払いをすると食事や暖をすることができなくなる」ことになぞらえているのが、語源と言われています。

つまりは、単純に一年の末や暮れが近付いているというよりは、鬼気迫った状況を洗わす言葉が「年の瀬」なのです。



年の瀬とはいつからいつまで?

tsns3
年の瀬は、一般的には12月に入ると使われる言葉のようですが、中旬を過ぎたあたりからは特に「年の瀬」の意味を実感される方も多いことから、12月15日頃から挨拶文に「年の瀬」という言葉を入れる方が多いようです。

「年の瀬迫る」「良い年の瀬」「年の瀬を迎える」の意味や使い分けは?

tsns4

年の瀬が、年末や年の暮れという意味であることから、

  • 年の瀬迫るは年末が迫る、
  • 良い年の瀬は良い年末、
  • 年の瀬を迎えるは年の暮れを迎える、

という言葉にそれぞれ変換できます。

ただし、年の瀬は年末や年の暮れに比べて、もっと慌しく押し詰まっている様子に捉えられることは念頭に置いて使用するのがよいかも知れません。

年の瀬の言葉の使い方

tsns5
年の瀬という言葉は、年末や年の暮れという意味で使うことができます。

ここでは、年の瀬を用いた挨拶文をご紹介します。

「年の瀬も押し迫って参りました」

「何かと慌しい年の瀬ではございますが・・」

「年の瀬の寒さもひとしおでございます」

年の瀬が含まれる言葉は、12月であれば使用しても問題はないようですが、言葉の意味からすると12月後半に使用される方が多いようです。

まとめ

年の瀬の瀬が、川からきている言葉とは驚きでした。

しかも、年末や年の暮れのように時期を表すだけではなく、12月の忙しない雰囲気そのものも含めた言葉だと知って、やはり日本語は奥が深いなと再認識したところです。

このように、普段何気なく使っている日本語には私達が知らない隠れた意味があることも多く、調べることで新しい知識を得ることができます。

これから、年の瀬という言葉を見聞きするたび、脳裏には川の浅くて流れが急な部分が思い浮かぶと思いますが、言葉と連動して情景が想像できるのも日本語の素晴らしさと言えますよね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました