HOME

【2020-2021年】郵便局の年末年始の営業はいつ?窓口や配達は?

2020-2021年の郵便局の年末年始の休みはいつからいつまで?

年末年始は多くの方々がお休みとなるタイミングですが、その中でも休みになるとちょっと困る業界や職種も存在します。

その一つが郵便局の営業であり、2020-2021年の年末年始の日程はどうなっているのか、窓口や配達は機能しているのか、ATMだけでもきちんと動いているのかがその時期が近づくと気になる人も多いでしょう。

今回は年末年始における郵便局の対応やいつからいつまでお休みになるのかを調べて参ります。



2020-2021年の年末年始のお休みはどうなりそう?


基本的に年末年始のお休みは行政機関では12月29日から1月3日の6日間としているところが多いです。

2019年から2020年の年末年始は12月28日が土曜日で29日が日曜日とうまく休みの一セットになったので12月28日から1月5日までという長めの年末年始を楽しむことができました。

しかし、2020年から2021年の年末年始はお正月の三が日が金・土・日に被ってしまっているので、年末年始のお休みは少なくなりそうです。

つまり、行政機関のお休みとなっている12月29日から1月3日が2020年から2021年における年末年始のお休みの基準になるでしょう。

福利厚生に手厚い大企業や大規模工場の生産ラインをストップさせることが必要な企業では12月28日をお休みとする可能性が高く、この場合は12月26日から1月3日までがお休みとなる可能性もあります。

2020-2021年の郵便局の年末年始の営業はいつ?


一般的な年末年始のお休みは12月29日〜1月3日となっていますが、銀行や郵便局の年末年始のお休みの基本は銀行法により12月31日から1月3日の4日間と決まっておりちょっと短いです。

この12月31日から1月3日の4日間がお休みなるという情報を踏まえた上でご確認ください。

窓口

基本的に郵便窓口は郵便局が営業していれば同じく営業するというスタイルになっているので、新型コロナなどの要請や命令などが発生しない限り「年末年始は2020年12月30日まで通常営業かつ最終日で、2021年1月4日から営業再開」となるでしょう。

窓口を利用されるという方でなかなか有休を取得することもできないという人は12月29日や30日に駆け込みで訪れることになるかもしれません。

ただし、確実に年賀状を元旦に届けたいという方はそれでは遅いというケースもありますので、12月25日までにポストに投函するか窓口で渡した方が良いです。

配達

窓口業務は郵便局の営業に依存しますが、配達はその限りではありません。

郵便物の配達は日曜日と1月2日の土曜日がお休みというスタイルなので、「年末年始の郵便物配達は2021年1月2日と3日以外は行っている」となります。

ただし、ゆうぱっくや書留や速達という例外はこのお休みの期間もきちんと配達されるとのことなので、どうしてもその時期に配達してもらいたいという方はそちらを利用することになるでしょう。

ATM

ATMはATMが設置されている場所に依存していますので、明確な営業日は言えません。

なので、ATMの稼働状況を知りたいという方は「店舗・ATM-ゆうちょ銀行(https://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/access/kj_acs_index.html)」を使って、自分が利用しているATMの稼働状況をチェックすると良いでしょう。

基本的にATMがおいてあるお店はATMの営業日時がいつになるのか、年末が近づくと案内表示してくれるようになりますので、よく利用しているという方は自分の目で確認するというスタイルもありです。

コンビニが近くにあるという方は、ネット銀行を利用してコンビニでATMを用いるというスタイルもありだと思います。



2020-2021年の郵便局の年末年始の休みはいつからいつまで?


2020年の年末、2021年の年始の郵便局の日程は12月31日から1月3日がお休みではありますが、例外も存在します。

それが「365日郵便窓口」や「土曜日営業郵便窓口」といったお休みの日が通常とは異なっている郵便局です。

365日郵便窓口

365日郵便窓口は名前の通り、365日年中無休で窓口を営業を行っている特殊な郵便局の一つで、年末年始もしっかりと対応してくれます。

逆に言えば休みはありません。

ただし、12月31日〜1月3日までは15時までの営業といったように時間が短縮されているところが多いので、注意しましょう。

東京での具体的な郵便局をリストアップすると、東京中央郵便局・渋谷郵便局・新宿郵便局・豊島郵便局・神田郵便局・小石川郵便局・玉川郵便局・中野郵便局・杉並郵便局・葛西郵便局・目黒郵便局・世田谷郵便局などが該当します。

この365日対応してくれる郵便窓口を探す方法は「日本郵便株式会社(https://www.post.japanpost.jp/index.html)」の公式ホームページにある、「郵便局を探す」の項目にある「ゆうゆう窓口を探す」から行えます。

この「ゆうゆう窓口」はかつて「時間外窓口」と呼ばれていた窓口なので、こちらの名前の方が馴染みがあるという人も多いでしょう。

ただし、この窓口は各地域の総合拠点に設置されるので、数は少なめです。

2007年に行われた郵政民営化によってこのゆうゆう窓口は一気に数が少なくなり、郵便局を利用している方にとってはちょっと不便に感じてしまったでしょう。

ゆうゆう窓口が行っているサービスは保管郵便物等の受け渡し・私書箱の設置・切手やハガキの販売・ゆうパックの差し出し・郵便物の差し出し・各種書類の届け出や受付となっており通常の窓口と同じような対応をうけることが可能となっています。

配達窓口のみ小規模郵便局

いわゆる小規模な郵便局がこちらに該当し、一般的な郵便局はこの「配達窓口のみ小規模郵便局」に該当します。

こちらでは集配業務を停止し窓口業務だけとなっており、このタイプの郵便局はほとんどが平日のみ稼働していて、年末年始は12月31日から1月3日までお休みとなっているところがほとんどです。

土曜日営業郵便窓口

土曜日営業郵便窓口は土曜日は稼働しますので、1月2日は営業をしています。

年末年始のお休みは12月30日と1月1日、そして1月3日となるでしょう。

平日のみ営業郵便窓口

平日のみの営業窓口は12月31日から1月3日がお休みとなりますので、2020年から2021年の年末年始は12月30日から1月3日までお休みとなると考えましょう。

ATM

ATMは設置されている場所に依存するので、いつ休みとは言えません。

そのお店の年末年始の日程をしっかりと確認した上で利用しましょう。

基本的に年末年始が近づくと営業日や営業時間のお知らせが張り出されるので、そちらで確認するのが安全となります。

配達

年末年始でも配達は休みにならず、きっちりと年賀状が届きます。

ただし、1月2日だけは配達がお休みになるのでここだけが年末年始のお休みと言えるかもしれません。

レターパックや速達は例外で年中無休で配達してくれるので、配達する人達は年末年始でもお休みが無い可能性があります。

個人的な意見になりますが、年末年始でも寒い時期でもしっかりと同じ時間に配達をし続ける人はかなりキツイ肉体労働と感じますし、本当にありがたいと感じております。

ネット通販を利用することが多い身としてはいつも助かっています。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は郵便局の年末年始の日程を調べました。

こうやって見てみると郵便局は年末年始でも稼働しているところがいくつかあるのでありがたいと感じる人も多いでしょう。

しかし、ゆうゆう窓口の営業縮小が行われるようになっているので、もしかすると365日年中無休の郵便局でも対応時間が短くなる可能性があります。

年中無休はキツイとは思いますが、やはり何かあったときに利用できないのは困りますのでなんとか続けてもらいたいです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました