HOME

巳の日に引っ越しをすると縁起がいい?日取りの決め方は?

巳の日に引っ越しをすると縁起が良いのか気になりませんか?

巳の日はあまり知られていませんが、吉日の一つです。

それなら巳の日の引っ越しは縁起が良いのでは?と思いますよね。

そこで今回は、巳の日の引っ越しについて調べてみました。

引っ越しの日取りの決め方も、併せてご紹介していきます。

スポンサーリンク

巳の日に引っ越しをすると縁起がいい?


巳の日に引っ越しをするのは縁起が良いと言えます。

なぜなら、巳の日は吉日だからです。

日本で吉日と言えば、一般的には大安ですよね。

大安は六曜という暦注(暦に掲載される吉凶占い)の一つで、入籍や結婚式と言った重要なお祝い事の日取りに選ばれています。

引っ越しの日取りとしても人気で、縁起の良い日に引っ越しをするなら大安、というのが常識となっています。

それに対し、巳の日はあまり知られていない吉日のため、引っ越しに縁起の良い日というイメージがないかも知れませんね。

さらに、巳の日は昔から金運アップの効果があると言われているヘビの日という意味なので、どちらかと言うとお金に関することを行う日取りに選ばれやすいです。

このようなことから、巳の日に引っ越しをするのは縁起が良いと言えるものの、実際に「巳の日だから験を担いで引っ越しをする」と言っても、周囲では大安よりもピンと来ない方が多いのが現状と言えるでしょう。

引っ越しの日取りの決め方は?


引っ越しの日取りの決め方には、どのような方法があるのでしょうか。

引っ越しすることが決まっても、日取りの決め方に悩んでいる方も多いようです。

そこでここでは、引っ越しの日取りの決め方をいくつかご紹介します。

吉日

引っ越しはお祝い事ではないものの、人生において新しい出発や門出となる出来事と連動している場合が多いので、縁起の良い日に行いたいと思う方が多いようです。

日本で一般的な吉日は六曜の大安や友引などで、引っ越しの日取りで選ばれる吉日も大安や友引が多いでしょう。

そのため、必然的に大安は引っ越しの予約が早くから埋まりやすくなります。

土日

平日は仕事などで引っ越しができない方は、土日に引っ越しを考える場合が多いです。

土日は引っ越しの予約が埋まりやすいので、土日しか引っ越しができないという方は早めに予約をするのがお勧めです。

家賃の支払いが発生するタイミング

賃貸契約の内容によりますが、アパートやマンションによっては月の途中で引っ越しをしても日割り計算がされず、一ヵ月の家賃を払う必要があるところもあります。

その場合、都合がつくなら月末まで旧住居に住んでいた方が家賃で損はしませんよね。

また、新しく入居する住居が月の途中からの入居であっても、一ヵ月分の家賃が発生するなら、月初に入っていた方がお得と言えますよね。

巳の日以外に引っ越しに縁起が良い吉日は?


巳の日以外に引っ越しに縁起が良い吉日を知りたいですよね。

そこでここでは、巳の日以外に引っ越しにおすすめの吉日をご紹介します。

大安

六曜の中で最も縁起の良い日で、一日を通じて吉となります。

日本で一般的に吉日と言えば大安を指すことから、大安の引っ越しはとても人気があります。

絶対に大安に引っ越しをしたいという場合は、かなり早い段階で予約を入れておいた方がよいでしょう。

友引

六曜の中で大安に次いで2番目に縁起の良い日になります。

大安の人気が大きいので、予約できなかった人が友引に流れることも多いのですが、友引も人気の日取りとなっています。



なお、友引は午前11時~午後1時のみ凶に転じるので、その時間帯から引っ越しをするのは避けた方がよいでしょう。
(午前11時より前、もしくは午後1時以降に引っ越しを開始すれば問題はないと言われています)

一粒万倍日

撰日という暦注の一つで、一粒の籾(もみ)が万倍に実り稲穂になるという意味がある吉日です。

この日に始めたことは後に大きな収穫を得ると言われているので、入籍や結婚式などのお祝い事の日取りを始め、引っ越しや宝くじの購入、銀行口座の開設などにおすすめの日となります。

天赦日

暦注下段という暦注の一つで、暦の上で最上の大吉日になります。

天赦日以上に縁起の良い日はないので、とにかく縁起の良い日に引っ越しをしたいという場合は天赦日を選ぶのがよいでしょう。

引っ越しをしない方がいい縁起の悪い凶日は?


引っ越しをしない方がよい縁起が悪い凶日はあるのでしょうか。

結婚や転職、転勤など、人生において新しい出発となる引っ越しは、縁起の悪い日は避けたいですよね。

そこでここでは、引っ越しは避けた方がよい縁起の悪い日をご紹介します。

赤口

六曜の中の凶日の一つで、赤という字から血や火を連想させることから、刃物による怪我や事故、火事に注意をする日と言われています。

引っ越しの日取りとして、火事をイメージさせる日は避けたいと思う方は多いようです。

仏滅

六曜の中で最も縁起の悪い日で、仏も滅するほどの凶日という意味があります。

葬儀以外は凶となる日なので、引っ越しも避けた方がよいでしょう。

不成就日

撰日の一つで、言葉の通り何も成就しない日という意味がある凶日です。

引っ越し自体は上手くいかない、成就しないということは稀だと思いますが、引っ越しをする理由によっては避けたい日となるかも知れません。

受死日

暦注下段の一つで、暦の上で最悪の大凶日になります。

葬儀以外は大凶の運気で、「死」という字が入っているのでとても不吉な日です。

引っ越しの日取りとして、あえて選ぶ方はいないのではないでしょうか。

引っ越しの料金が安い日や時期は?


引っ越しの料金が安い日や時期はいつなのでしょうか。

縁起の良し悪しにこだわりがなく、急いで引っ越しをする必要のない方であれば、引っ越しするタイミングを自由に選ぶことができますよね。

その際、少しでも安く引っ越しをしたいという方も多いでしょう。

そこでここでは、一年の中で最も引っ越しが安くなる日や時期をご紹介します。

赤口、仏滅

引っ越しの日取りは多くの場合、六曜の吉凶を元に決められます。

そして、凶日である赤口と仏滅は予約が埋まりにくいなどの理由から、引っ越し業者各社では大安に比べて料金を割引している場合があります。

週の中日

土日は引っ越しの予約が埋まりやすいですが、反対に週の中日となる火曜、水曜、木曜は引っ越し件数が少ない傾向にあるため、割引設定をしている業者が多いです。

11月~12月中旬

この時期は一年で最も引っ越しの件数が少ないと言われています。

そのため、一年を通じて料金が最も安く設定されている時期でなります。

ただし、12月中旬を過ぎると年末年始を前に引っ越しの予約が埋まりやすくなるので、12月の中旬までに予約をするようにしましょう。

このようなことから、一年の中で最も引っ越し料金が安いのは『11月~12月中旬の週の中日の赤口か仏滅』ということになりますね。

まとめ

巳の日は吉日なので引っ越しをすると縁起が良いと言えます。

しかし、日本では一般的に日の吉凶を決めるのは六曜を元にしており、縁起の良い日に引っ越すなら大安や友引が選ばれやすいです。

そのため、巳の日だから引っ越しの縁起が良いとはなかなか結び付かないのが現状と言えそうです。

ただし、日によっては大安、友引と巳の日が重なることもあります。

そのような場合は吉日と吉日が重なっているので、引っ越しの日取りとしてはとても縁起が良い日となりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました