蛍(ホタル)の時期や季節、種類は?鑑賞できる時間帯は?

蛍(ホタル)の時期や季節、種類は?鑑賞できる時間帯は?


5月の後半から梅雨の季節にかけて、蛍の観賞の時期になります。

毎年、この時期になるとホタルがどこで見るれのか気になり始めます。

また、蛍の成虫になってからの寿命は、1週間から2週間ほどですので、その期間に、ほたるが見れるベストな時期や時間帯や種類、そして、各地の蛍祭りを紹介します。

蛍の時期や季節は?

一般的にホタルの見頃は「初夏」や湿度の高い梅雨の時期に、ホタルの成虫はきれいな光を出して飛び交うといわれていますが、南に行くほど時期が早いといわれています。

九州では5月頃に鑑賞できる地域もあります

ゲンジホタルの観賞時期は、5~7月、ヘイケホタルは、6~8月が一般的です。

ホタルが飛ぶ時期は、地域や場所で違います。暖かい年には早く出現する傾向があります。

ホタル乱舞

 蛍が見れる時間帯は?

蛍観賞ができるのは、夜の7時から9時頃で、月明かりがない・雨上がりで湿度が高い・風がないなどの条件が揃うと活発に活動します。

午後9時を過ぎると飛んでいるホタルの数がだんだん減ってきて草の葉や樹木などにとまり、光を出すのを休むようになります。


Sponsored Link


ホタルは夜、3回飛び交います。1回目が、7~9時、2回目が、11時前後、3回目が、午前2時前後です。

蛍がよく見られる条件

  • 風がなく、むしむしするような湿度の高い暖かい日
  • 雨が降っていないこと
  • 月明かりがなく、曇っている日
  • 夜8時~9時頃(この時間帯が最も出ます)

また、川面や田んぼの水面付近だと観測しやすいです。

蛍の発生や発生数は、期間中の気象状況と深くかかわっています。その日の気象状況をよく調べて見に行きましょう。[/deco_bg]

 蛍の種類

日本全国各地で鑑賞できるホタルでは、源氏蛍(ゲンジボタル)、平家蛍(ヘイケボタル)、姫蛍(ヒメボタル)などが有名です。

<ゲンジボタル>
genjibotaru
ゲンジボタルが最も活発に活動する気候条件は、気温が高く月明かりのない曇った日で風のない夜と言われていますが、生息地の物理的環境によって違います。

開けた谷戸田などでは、上記のような日に沢山飛びますが、渓流の周囲が森林で覆われている生息地では、気温18度、快晴で風の強い夜でも沢山乱舞しています。

5月~7月にかけて流水のあるところでみられるといわれています。

ゲンジボタルが一番大きく光も明るいです。

この光は、オスがメスとめぐり合うための合図で、お互いに相手をまちがえないように、種によって光の色がちがっているだけでなく、光が点滅するパターンもちがっています。

滅の間隔は同じゲンジボタルでもちがっていて、東日本では4秒に1回、西日本では2秒に1回、東西の境界あたりでは3秒に1回光ることが知られています。

ゲンジボタルの見分け方は赤い前胸部斑紋がくっついているかどうかを見ます。

斑紋がくっついていたらゲンジボタルです。

主に、本州、四国、九州に生息しています。

[deco_bg image=”paper1″ width=”580″]●ゲンジボタル
分布   鹿児島県~青森県
体長   雄(オス)約1.5㎝ 雌(メス)約2.0㎝
発生時期 6月中旬~7月中旬
発光   強い
食べ物  カワニナ
産卵数  500個~1000個
生息場所 河川、水路などの流水域[/deco_bg]

<ヘイケボタル>
heikebotaru
ヘイケボタルは、南西諸島を除く日本、朝鮮半島、中国東北部、東シベリア、サハリン、千島列島に生息しています。

発光パターンは複雑で雌雄間で様々な発光パターンのやり取りを行っています。

ヘイケボタルは、光ってから次に光るまでの間隔が約1秒です。

ヘイケボタルは、江戸時代までコメボタルとよばれていました。

しかし、もうひとつの代表的な種であるゲンジボタルと対比するため、わかりやすく源平の合戦からとってヘイケボタルと名づけられた、というわけです。

6月~9月にかけて各地の川や田で見られます。

ゲンジボタルと異なり、幼虫は田んぼなどの止水で生活するが、越冬地などよくわからない部分もあります。

ゲンジボタルが終了する頃から発生が始まり、9月末まで見られる。

発光は余り強くなく、揺れるような光を出しながら飛ぶことがあり、ほかのホタルと簡単に区別できます。

[deco_bg image=”paper1″ width=”580″]●ヘイケボタル
分布   沖縄を除く日本全域
体長   雄(オス)約0.8㎝ 雌(メス)約1.0㎝
発生時期 7月~8月
発光   ゲンジボタルより弱い
食べ物  モノアラガイ、カワニナ、タニシなど
産卵数  50個~100個
生息場所 流れの少ない河川、水田や池などの止水域でも確認されている
ことから多少の水の汚れでも生息可能とみられます。[/deco_bg]


Sponsored Link


<ヒメボタル>
himebotaru
ヒメボタル(姫蛍)は、コウチュウ目ホタル科の昆虫の一つです。

日本本土において、成虫がよく光るホタルの一つですが、ゲンジボタル、ヘイケボタルに比べると知名度ははるかに低いです。

5月~6月の間の比較的短期間に、林の中で見られます。

ゲンジボタル・ヘイケボタルと違い幼虫が陸上に住み、カタツムリの仲間を食べることから、水が全くない場所でも見られます。

明滅は短い間隔でフラッシュをたいているような発光でヘイケボタルに比べると強く感じます。

発光の色はゲンジボタル、ヘイケボタルと比べてやや黄色がかっています。

蛍豆知識

蛍はなぜ光るの?

hotaru1
すべてのホタルが発光するわけではなく、発光するホタルはゲンジホタルとヘイケボタルなどです。

一番大きく明るい光を出すのがゲンジホタルです。

ホタルは、おしりを光らせながら、なかまどうしで会話をしているのです。

たとえば、ゲンジボタルやヘイケボタルは、なかまどうしで自分のいる場所を知らせる合図(あいず)に使っています。

また、おすとめすの合図に使われることも多いのです。

このように、おしりを光らせて、あいさつをしているのです。

夜、光りながら飛んでいるゲンジホタルは、ほとんどがオスです。

メスは草や木の葉にじっととまって、小さな光を出しています。

光り方には、プロポーズのための光、刺激された時の光、敵を驚かせるための光の3種類あると言われています。

蛍は何を食べるの?

ゲンジホタルはカワニナしか食べません。ヘイケホタルはカワニナ、タニシ、モノアラ貝などを食べます。

なお、ゲンジホタルが成虫になるまでに約100匹のカワニナを食べます。

飛び交うようになってからは、何も食べず、夜露だけで生きています。

蛍はどれくらい生きられるの?

成虫では、雄(オス)が5日前後、雌(メス)が7日前後と言われています。

この5~7日と言うのは、生態的寿命。生理的寿命に関しては、もっと長く、オスは約14日、メスは16日なんですね。

蛍はどんな場所にいるの?

きれいで流れがゆるやかな水場で、水温は15~20度が、蛍にとって最適な場所です。

また、エサになるカワニナが棲んでいて、アルカリ性・有機毒物が少ない水であることも重要な条件です。土の岸辺があることなど、川辺と陸に質の良い自然があることが重要です。

蛍の観賞マナー

  • 懐中電灯などで照らさないでください
  • フラッシュをたいて、写真を撮らないでください
  • 捕まえて、連れて帰らないでください
  • 絶対に川や田んぼにタバコなどを捨てないでください

自然繁殖したホタルのありのままの姿を楽しみましょう。ライトで照らしたり、フラッシュをたいたりしますと、ホタルは驚いて草の中に隠れてしまいます。

ホタルを採取したり、川を汚したりという行為は、絶対にしないようにしましょう。

ゲンジボタルとヘイケボタルという和名の由来

和名の由来としては、下記のような諸説があります。

  • ホタルが光ることを、『源氏物語』の主役である「光源氏」にかけて名づけられたという説。
  • 発光現象が修験者(山伏)の霊力を想像させることから、験者火垂(ゲンシャホタル)と付けられたものが訛ったという説。
  • 平家打倒の夢が破れ、無念の最期を遂げた源頼政の思いが夜空に高く飛び舞うホタルに喩えられて「ゲンジボタル」の名前がついたという説。
  • 「ゲンジボタル」とは異なる種類のホタルが「ゲンジボタル」よりも小さく、光が弱かったため、源氏に敗れた平家と対比する意味で「ヘイケボタル」と名づけられたという説。

 

日本各地の蛍が鑑賞できる名所(場所)

辰野ほたる祭り(長野県)

鎌倉鶴岡八幡宮ほたる祭り(蛍放生祭)

天城ほたる祭り

香月・黒川ほたる祭り

久我山ほたる祭り

保養村ほたる祭り

湯郷温泉ほたる祭り

福生ほたる祭り

岸和田相川町ほたる祭り

 


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)