洗濯機の大掃除!洗濯槽の垢や黒カビを驚くほどキレイに落とす方法

洗濯機の大掃除!洗濯槽の垢や黒カビを驚くほどキレイに落とす方法

洗濯機の大掃除はこれで決まり!酸素系漂白剤のパワー

本来であれば、汚れた物を綺麗にしてくれるはずの洗濯機

ところが洗濯機で洗濯したはずなのに、洗い終わった洗濯物に黒い点々とした汚れが付いていたり、カビ臭いようないやな匂いがする、なんて経験をした事がありませんか。

それはもしかしたら、洗濯機自体が汚れている可能性があります。

洗濯機は洗濯物を洗う洗濯槽(ドラム)の部分と洗濯機本体の間に隙間があり、そこには通常では目にする事がないカビが発生している事があるのです。

これが回転する事により剥がれ、洗濯物に付着してしまうのです。

では、洗濯機に発生してしまったカビはどのようにして撃退すればよいのでしょうか。


Sponsored Link


酸素系漂白剤で洗濯槽の掃除の動画

なぜ、洗濯槽の黒カビや垢は、できるのか?

洗濯機で洗濯をした後、一見すると洗濯槽には何も残っていないように見えますが、実は洗剤や汚れなどが完全には流れておらず、少量ながら残ってしまっています。

そしてそこに、空気中に漂っているカビの胞子が吸着し、その洗剤の残りかすを栄養分としてカビが発生するようになるのです。

また、洗濯機は水漏れを防ぐため湿度や温度の逃げにくい構造となっています。

そのため、洗濯槽の裏の湿度が温度が下がらないため、カビが増える絶好の場所となってしまうのです。

洗濯機の垢や黒カビの掃除方法

sentakuki2
それでは、具体的に洗濯機のカビを除去するための手順を見て行きましょう。

【準備するもの】

  • 酸素系漂白剤
  • ごみ袋
  • ごみをすくう網(小さいものでよい)

【洗濯槽を掃除する6つのステップ】

  1. 洗濯機の内側の細かい部分の掃除
  2. 洗濯機にお湯と酸素系漂白剤を入れる
  3. 洗濯機を3~5分ほどまわす
  4. 3時間~一晩程度浸け置きする
  5. 全自動洗濯フルコースで1回まわす(洗濯物入れないで)
  6. 洗濯槽を乾拭きし、蓋をあけてしっかり乾燥させる

洗濯機の掃除のまとめ

せっかくの洗濯も、カビや汚れがついてしまっては元も子もありません。


Sponsored Link


洗濯機の掃除は出来れば3ヶ月に1度はするのが好ましいと言われています。

また、洗濯機を掃除した後はなるべくカビが発生しないようにするのも大切です。

洗濯後の洗濯機は蓋を開けておいて湿気を逃がしたり、洗濯の際の洗剤の量をしっかりと守る事で洗剤の溶け残りを防止する他、洗濯機には洗濯物を入れて保管しないようにして下さい。

洗濯物はかごなどを用意し、そちらに入れておくようにしましょう。

 

お掃除や洗濯に関するその他の記事

排水口の臭いニオイと詰まりを解消する方法や掃除の仕方!

エアコンの掃除の仕方!自分でカビ除去する方法とコツ!

フローリングの大掃除方法!ピッカピカにする3つの掃除のコツ!

トイレ掃除のコツ!金運が上がるトイレ掃除のテクニック!

お風呂の天井や壁のカビをキレイに落とす掃除のテクニック!

窓やサッシの掃除のコツ!驚くほどピッカピカに仕上がる窓の拭き方!

大掃除で運気アップ!部屋別のポイントと掃除のコツ!

茶渋の簡単な取り方!湯呑みやマグカップがピッカピカに!

汚部屋をきれいに掃除できる片づけ術で心身スッキリ!

セスキ炭酸ソーダの使い方が凄い!【洗濯・掃除・入浴剤】

窓の結露を簡単に防止する3つの方法と日々の対策!

お風呂のタイルやゴムパッキンの黒カビをキレイに落とす方法!

換気扇の掃除や簡単お手入れ!汚れをスッキリ落とす方法!

キッチン周りの掃除!重層で簡単にピッカピカにする方法

大掃除はリスト作りと段取りで決まる!簡単チェック方法

フライパンの鍋の焦げの落とし方!気持ち良いくらい焦げを取り除く方法!

部屋干しの嫌な臭いを防ぐ洗濯のコツとテックニック!

梅雨時の洗濯物をニオイなく乾かすコツ【部屋干しなど】

梅雨のダニ対策!効果的なダニ除去の方法!

梅雨時の湿気対策のコツや部屋の除湿のポイント!

 


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)