HOME

白寿祝いとは?祝い方やプレゼントの選び方は?

白寿祝いについて!プレゼントの金額相場は?メッセージは?

白寿とは長寿祝いの中でもある程度有名なものとなっていますが、具体的にどのようなお祝いをすればいいのかわからない人も多いでしょう。

そこで、白寿の意味や祝い方、プレゼントの選び方や金額相場、白寿祝いのポイントは何なのかを調べてまいります。

メッセージカードの文章についても調べますので、メッセージカードをかけないという人も必見です。



白寿祝いの意味は?


白寿祝いとは「99歳のご長寿祝い」となります。

漢字で「白」は「百」から数字の「一」をマイナスしたことで、99歳の長寿祝いとなっているのです。

基本的には数え年で99歳になったときのお祝いだったのですが、満年齢を基準にお誕生日を祝うということが当たり前になった現代日本では数え年でのお祝いはほとんど無くなりました。

また、長寿祝いには還暦の赤や古希喜寿の紫、傘寿米寿の黄色といったその長寿祝い向けのカラーが存在しているのですが、白寿は文字通り白色となっているのもポイントです。

由来は先ほど記載したように漢字で「白」は「百」から数字の「一」をマイナスしたことにありますが、別の説もあります。

それは中国における道教の教えに「99歳になると世俗の垢が抜け落ちて仙人になる」といったものがあるので、その年齢を特別視していたというものもあります。

仙人の姿は白髪と白髭が特徴的なので、特別な99歳を白寿として扱うようになったという説です。

祝い方はどうしたらいい?


お祝い方もいろいろとありますが、基本的にはテーマカラーが白なので白にちなんだ何かをプレゼントするというスタイルになります。

そしてその内容は家族や親族が食事会を開いてプレゼントを渡すというものです。

昔はこのような長寿祝いになると親戚一同を集めてかなり大々的なイベントとして扱っていたのですが、昨今の日本では大々的にお祝いされることそのものを毛嫌いする人も多いので大々的には行わないケースも増えました。

なので、このような長寿祝いを行う前にお祝いされる側がどのような人物なのかを明確に理解したうえで行動する必要があります。

「家族や親せきと一緒にお食事会をして白にちなんだものをプレゼントする」と文字にするのは簡単ですが、99歳になった方のお祝いなので年齢もしっかりと考慮してください。

60歳の還暦のお祝いならばがっつりとしたお食事や旅行もしっかりと楽しんでくれるでしょうが、99歳になるとそれはほとんど不可能です。

白寿祝いのプレゼントの選び方は?


白寿などの長寿祝いでプレゼントされる品物は食器・健康グッズ・座椅子・洋服・マグカップ・傘・似顔絵・ワイン・日本酒などいろいろとありますが、それ以外にもちょっと特殊なものも存在します。

例えば名前が入っている食器やマグカップなども大人気ですし、長寿祝いの贈り物ランキングで上位に入っていることが多々あります。

名前入れのお酒も存在していますので、そちらをプレゼントする方もかなり多いようです。

99年分の写真の中からベストチョイスを行いフォトブックをプレゼントするといいでしょう。

ただし、本人が写真嫌いだとなかなか良い写真が見つからないので注意してください。

また、ちょっとした珍しいプレゼントとして「お誕生日新聞」をお渡しするというものもあるのです。



これはその人のお誕生日にまつわる新聞を取り寄せたり生年月日にまつわる新聞を取り寄せてプレゼントとして渡すというものなのですが、過去を懐かしむためにはかなり役立つアイテムで高評価を多くの方々からいただいているようです。

プレゼントの金額相場はどのくらい?


プレゼントの金額相場は5千円から3万円ですが、実の父親や母親をお祝いするときは相場が2万円から3万円とかなりあがります。

白寿となると99歳のお祝いとなるので、孫がいたとしてもその人達が30代や40台になっている可能性も高くプレゼント金額の相場が高くなりがちです。

個人的な意見になりますが、金額でプレゼントではなくその人が気に入るものを選んでから金額を見たほうがいいと思っています。

長寿祝いはその人がより健康的になって元気に長生きしてもらうという意味がありますので、多少高いプレゼントでもその人の生きる活力につながるのであれば、用意するのも正解なのではないでしょうか。

白寿の前の長寿祝いは90歳の卒寿なので9年間もありますし、奮発するのも問題ないと思われます。

平均寿命が延びた日本ではありますが、それでも男性は81歳で女性は87歳と99歳とはかなり離れているので、その意味でも奮発できるイベントとなっています。

どんなメッセージを贈ればいいの?


白寿のメッセージのポイントは文字を大きく書くこと、出来る限り年を召したことを意識させる言葉をチョイスしないこと、その人とのエピソードを盛り込むことです。

ただし、長すぎる文章を毛嫌いする人もいるので文章そのものを短くする努力も必要になるでしょう。

そもそも、文字を大きくすることであまり長く書けなくなるため圧縮する力が必要になります。

例えば文章の基本として「白寿おめでとう!お父さんの子供であることを誇りに思っています。これからも体に気をつけてもっともっと長生きしてください」といった文章を用意します。

ここに今まであったちょっとしたエピソードを用意したり、プレゼントにかかわることを記載するのもポイントでしょう。

「記念にお誕生日の新聞を贈ります」などの言葉を文章に加えればそれだけでもかなりの特徴となるので、何をプレゼントするのかを先に考えてから文章を作りましょう。

白寿祝いのポイントは?


長寿祝いとは人生の区切りとなるお祝いであり、感謝の気持ちと長生きしてほしいという願いを込めて行うのです。

なので、白寿祝いをするときは「感謝の気持ちと長生きしてほしいという願い」の部分をより強調してください。

プレゼントは白をベースにするとか「苦」や「死」を連想させるものは避けるといるちょっとした風習もありますが、その風習にのっとった結果「感謝の気持ちと長生きしてほしいという願い」が薄れるのならその風習は忘れてしまいましょう。

例えば、お茶は弔事で用いられるから長寿祝いでは避けるべきという意見もありますが、そのお茶が大好きとわかっているけど本人はかなり高額でなかなか飲むことができずプレゼントとしてまさに最適ということがわかっているのなら、そんな意見は無視してプレゼントとして用意するべきです。

なぜならそれが「感謝の気持ちと長生きしてほしいという願い」に直結するからとなります。

このように、風習や文化やマナーなどを優先するのではなく「感謝の気持ちと長生きしてほしいという願い」に直結するものを用意する気概でプレゼントを選んでください。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は白寿のお祝いについて詳しく解説いたしました。

白寿は99歳とかなり高齢の方向けの長寿祝いとなりますので、年齢をしっかり考慮しないといけません。

還暦の60歳よりも39歳も年上となりますので、肉体的な弊害がかなり出るようになっています。

それをしっかりと組んでプレゼントを厳選しましょう。

その地域や日本独自の風習が出やすい長寿祝いですが、そちらを優先しすぎてその人にぴったりなプレゼントができないでしょう。

必ず、お祝いされる側の気持ちを最優先してプレゼントを選ぶようにしてください。



コメント

タイトルとURLをコピーしました