HOME

立冬とは?2019はいつ?意味や由来を教えて!

立冬の意味や時期について!

立冬は「りっとう」と読み、冬を表す言葉となっています。

冬が立つ、という字から何となく意味が推察できそうですが、実際に立冬とはどのような意味があるのでしょうか。

また、同じ季節を表す言葉として立春や立秋がありますが、この2つに比べて立冬はややマイナーなイメージがありませんか?

では、なぜ立冬は立春や立秋ほどの認知度がないのでしょうか。

と言うわけで、今回は立冬について調べてみました。

立冬の意味や時期について、これまで余り知られてなかった立冬を詳しく解説したいと思います。



そもそも「立冬」って何?

立冬は二十四節気の19番目の節気です。

二十四節気を簡単に説明すると、1年を24に分け、それぞれに季節の節目となる言葉をあてはめたものです。

これを節気というのですが、節気は約15日となっており、半月ごとに季節の変化を表していることから特に農業に携わる方の目安として重宝されてきました。

とは言え、二十四節気は元は中国の黄河地方で発案されたものなので、気候が日本と異なることから、節気と実際の季節感に違いを感じることもあるようです。

立冬の場合にも、二十四節気では冬の訪れを感じる日となっていますが、11月7日頃はまだ紅葉が始まっていない場合もあるので、冬を実感するに至らないことが多くなっています。

また、暦上では立冬から立春の前日までを冬としています。

立冬の時期はいつ?


立冬は、毎年11月7日頃、もしくは11月7日から次の節気である「小雪」までの期間を指します。



ちなみに、2019年は11月8日です。

冬が立ち上がると書く通り、立冬は冬の始まりを言いますが、実際には冬ではなく秋の到来を感じる時期であり、紅葉がちょうど始まるシーズンであるため、立冬の意味と世間との間には大きなズレを感じることも多いようです。

立冬の意味や由来について

ritto1
立つ、という字には新しい季節が始まるという意味があることから、立冬は冬が始まる日とされています。

しかしながら、立冬は立春や立秋ほど詩歌の題材として使われなかったことから、この2つに比べていまいち知名度が低いと言われています。

しかし、立冬を含めた立春立夏立秋は四立(しりゅう)と言われ、季節の大きな節目とされています。

また、この時期に上司や知人に手紙を出す時、書き出しに「立冬の候」を覚えておけば、季節の挨拶として使えますから、この機会を切っ掛けにして是非「立冬」を覚えておきましょう。

まとめ

冬と呼ぶにはまだ何か足りない時期ではありますが、立冬を過ぎると霜が降り始め冬の様相が色濃くなってきます。

立冬は、冬支度を行うにはちょうどよい時期だと思いますので、本格的な寒さの前に冬の準備を進めていきましょう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました