HOME

正月三が日の意味や由来は?オススメの過ごし方を紹介!

正月三が日にやってはいけないことはなに?

新年となる元日から三日間は、正月三が日と言って家族や親戚が集まっておせち料理を食べたり、初詣や書き初め、お年玉を渡すなど、特別な行事が目白押しですが、正月三が日とはどのような意味や由来があるのでしょうか。

また、近年は福袋を買いに行くために前日から並ぶという人もいますが、正月三が日のおススメの過ごし方などはあるのでしょうか。

そこで今回は、正月三が日について調べてみました。

正月三が日にやってはいけない事などを解説します。



正月三が日の意味や由来


正月三が日とは、元日である1月1日、翌日の2日、翌々日の3日のことを言います。

そもそも1月を正月と呼ぶのは、正月の「正」の字に年の初め、改めるという意味があるからです。

つまり、正月は新しい年になった最初の月という意味になり、昔は1月全体を正月と呼んでいました。

しかし、現在では正月と言えば三が日、もしくは松の内までと考える方が大半ですよね。
(松の内は地方によって期間が異なりますが、一般的には1月7日までの門松などの正月飾りを飾っておく期間のことを言います)

これは、多くの会社が1月1日~3日までを休みとしているためで、土日との関係にもよりますが、三が日明けの4日から仕事が始まることから、正月=休みが確定している三が日、と捉えている場合がほとんどです。

正月三が日のオススメの過ごし方


年末年始は、『大晦日に紅白歌合戦を見て、そのまま除夜の鐘を聞きながら新年を迎え、初日の出を拝む・・』このようなスケジュールで過ごす方も多いと思いますが、その他の正月三が日のおススメの過ごし方をご紹介します。

初詣に行く

初詣は、それまでの一年間の感謝と新年の健康や幸せを願って、氏神様が祀られている神社にお参りに行く風習です。

元々は除夜詣と元日詣に分かれており、除夜詣は大晦日に神社やお寺を参拝するもの、元日詣は元日に神社やお寺を参拝するもので、両方を参拝することを二年詣と呼んでいましたが、元日詣の風習が残り、大正時代に元日詣を初詣と呼ぶようになったのが現在まで続いています。

また、本来は氏神様(その地域に祀られている神様)のいる神社にお参りするものでしたが、近年は有名な神社やお寺にお参りに行く方が増えています。

福袋を買いに行く

福袋とは年始の初売りの際に、価格以上の商品を詰めた袋を売り出すもので、正月の楽しみは福袋という方も多く、一日に何軒も回って戦利品を持ち帰る人の光景がニュースなどで流れます。

以前までは、買って開けてみるまで中に何が入っているかわからなかったのですが、最近は事前にホームページなどで福袋に入っている商品が提示されていたり、中身が透けていて商品がわかるものも多くなっています。

家族と一緒に過ごす

正月は日本人にとって数ある行事の中でも、最も重要な日と捉えられていることもあり、「正月くらい正月らしいことをする」と言う方が多く、家族とおせち料理やお雑煮を食べたり、書き初めや福笑いなどのイベントをして過ごすことが多いようです。

正月限定のバイトをする

正月はおせち料理を食べたら他にすることがなく、三が日はお店も閉まっていることから時間を持て余すという方が案外多いようです。

そのような方の中には時間を有効に使うために、年賀状の仕分けや配達、お店の初売りの準備や販売など、正月限定のバイトを行う方も多くいるようです。

また、この時期ならではの巫女さんのバイトや、年末年始をスキー場などのリゾート地で過ごす方が増えていることから、ホテルや観光業などでのバイトも人気となっています。



正月三が日にやってはいけないことは?


正月(とお盆)は、歳神様や先祖が帰省する日です。

そのため、正月三が日にはやってはいけないと言われていることがありますが、ご存知でしたか?

火を使う

火には荒神様と呼ばれる火の神様がいると考えられているため、正月三が日に火を使うと荒神様が休めずに怒ってしまうと言われています。

正月に日持ちのするおせち料理を食べるのも、火を使わずに済むためです。

また、煮炊きをすると灰汁(あく)が出ますが、この灰汁が悪に繋がることから縁起がよくないと言われています。

刃物を使う

包丁やはさみなどを使って切る動作が縁を切るに繋がることから、正月三が日は刃物を使うのはNGとされています。

また、正月三が日に刃物を使わずに無事に過ごせば、その年一年は健康で過ごせるとも言われています。

掃除をする

正月は歳神様がやってくる日です。

それにも関わらず掃除をしてしまうのは、失礼に当たることから掃除はしてはいけないと言われています。

家事をして忙しくしていたら、歳神様をしっかりとおもてなしできなくなるため、ゆっくりと新年を迎えましょうという意味もあるようです。

水仕事や洗濯をする

水を使うのは縁を流すことになるので、正月三が日は水回りの家事は一切行わない方がよいと言われています。

お金を使いすぎる

正月三が日に散財すると、その年はお金が貯まらないと言われているため、お金を使いすぎるのは止めましょう。

ただし、神社へ参拝に行って賽銭を入れるのは問題ありません。

喧嘩をする

正月三が日に限らず、いつでも喧嘩は避けた方がよいですが、新年の始まりに喧嘩をしてしまうとその年の運にケチがついてしまうと考える方が多く、喧嘩はしないに越したことはありません。

四つ足歩行の動物のお肉を食べる

四つ足歩行の動物には、牛や豚、馬などがあり、仏教の教えが由来する風習で、昔のおせち料理には肉を使わないものが多かったそうですが、現在はそこまで気にしている方がいないのが現状のようです。

ただし、今でも一部の地域では四つ足歩行の動物を食べることを避けているところもあります。

また、この機会を切っ掛けに正月三が日は四つ足歩行の動物は食べないとする方でも、二足歩行の鶏肉なら大丈夫ですので、おせち料理のメニューを考える時のヒントにしてみて下さい。

正月三が日にオススメの料理は?


12月はクリスマスや忘年会など何かとご馳走を食べる機会が多く、そのまま正月へと突入しておせち料理を食べると、豪華な食事に飽きてしまい、違う物を食べたいと思う方も多いのではないでしょうか。

とは言え、正月三が日は食事の支度もできるだけせずに、休んだ方がよいと言われているので、手の込んだ料理は避けた方がよいでしょう。

そこでおススメなのが鍋です。

鍋なら切った野菜や肉を用意するだけなので準備も簡単ですし(最近はあらかじめカットされた野菜も売っているので、そちらを利用するともっと手軽になります)、味や具材を変えたら毎日でも食べ飽きすることはありません。

また、残った汁で翌日は簡単なうどんや雑炊もできるので、おせち料理に飽きたら鍋料理にチェンジしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

正月三が日とは、1月1日~3日のことを指す言葉です。

多くの会社が休みとなり、仕事などで都会に出ている方も年末年始に帰省をして、家族水入らずで過ごすことが多く、おせち料理やお雑煮を食べたり、書き初めなどの正月らしい行事を楽しむのが一般的です。

なお、正月は歳神様や先祖をお迎えする日のため、火を使うことや水を使うことは慎み、ゆっくりと過ごすのがよいと言われています。

日ごろ家事に追われているお母さんも、正月三が日はしっかりと休んで、英気を養って下さいね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました