HOME

二十八宿とは何?宿の一覧とその意味や吉凶について!

二十八宿

あなたは、日々の暮らしの中で、何気なくカレンダーを眺め、今日が吉日か凶日かを気にされたことはありませんか?

結婚式や引っ越し、大切な行事を控えている時、良い日を選びたいと思うのは自然なことですよね。

そんな時、多くの方が参考にされるのが六曜ですが、実はもう一つ、古くから日本に伝わる暦注があります。

それが「二十八宿」です。

しかし、「二十八宿って何?」と疑問に思われる方も少なくないでしょう。

この記事では、二十八宿の起源から、それぞれの宿の意味、さらには吉凶まで、わかりやすく解説しています。

日々の生活に役立つ知識として、また、日本の伝統文化への理解を深める一助として、ぜひこの記事をお読みください。

二十八宿とは?

二十八宿とは、遥か古代中国から伝わる28の星座の集まりです。

この「宿」という言葉、実は星や星座を指すんですよ。

それぞれの星座には、例えば「角宿(かくしゅく)」や「亢宿(こうしゅく)」のように、個性的な名前が付けられています。

この二十八宿、実はただの星座ではありません。

古代の人々は、これらの星座を通じて天の動きを読み解き、農耕や日々の生活に大きく役立てていたのです。

それぞれの宿が持つ特徴や意味は、今にも色褪せることなく、私たちの生活に深く根差しています。

例えば、「角宿」は春を告げる星座とされ、新しい始まりや成長の象徴とされています。

一方で、「亢宿」は、龍の首を表し、力強さや勇気の象徴とされていたんですよ。

十二直と二十八宿どっちを参考にしたらいい?違いは何?
十二直と二十八宿は日の吉凶を占う暦注の一つです。 暦注とは暦に掲載される吉凶占いのことで、一般的によく知られているのは六...

二十八宿の起源と発展

二十八宿の起源は、古代中国の深い歴史の中に根ざしています。

天文学と占星術は、古代中国の人々にとって、ただの学問ではなく、生活の指針でした。

彼らは星々の動きを通じて、農業の時期を決定し、国の安寧や危機を予測していました。

このような背景の中で、二十八宿という独特の天文学的システムが生まれ、発展しました。

このシステムでは、天の赤道近くにある星々を二十八の区画に分け、それぞれに特定の名前と意味を与えました。

これらの宿は、古代中国の暦や占星術において重要な役割を果たし、農業の時期や天候の変化、さらには国家の運命までを読み解く鍵となりました。

この二十八宿のシステムは、やがて中国からインドへと伝播しました。

インドに伝わると、このシステムはインド独自の文化や宗教観の影響を受け、変化を遂げます。

インドでは、二十八宿は「二十七宿」として独自の形を成し、日々の吉凶を占う暦注として広く使われるようになりました。

インドの占星術においては、これらの宿が人々の運命や性格を決定づける要素として重視されました。

その後、この星々の物語は再び中国を経由して日本に伝わります。

日本においては、二十八宿はさらに独自の発展を遂げ、日本固有の文化的要素と融合しました。

日本では、これらの宿は占星術や暦の知識としてだけでなく、文学や芸術の題材としても用いられるようになりました。

例えば、古典文学作品においては、登場人物の運命や性格を象徴するモチーフとして二十八宿が用いられることがあります。

二十八宿は、単なる星々の配置を超え、文化や歴史、人々の生活や心に深く根差した存在となっています。

それぞれの宿が持つ独特の物語や意味を知ることで、私たちは古代の人々の智慧や、星々が語る神秘的なメッセージに触れることができます。

現代においても、この古代の星々のシステムは、私たちに多くのことを教えてくれる貴重な遺産なのです。

二十八宿の構造と特徴

二十八宿とは何かというと、これは月が地球を一周する約27.3日の周期を基に、月が通過する28の星群を指します。

この星群は、古代中国で生まれた天文学の知識が基となっています。

それぞれの宿は、月の動きに合わせて夜空に現れ、古代の人々にとっては日々の生活の指針となっていたのです。

では、具体的に各宿はどのような意味を持っていたのでしょうか。

例えば、「角宿」は新しい始まりや活力を象徴し、何かをスタートさせるのに適した時期を示していました。

一方で、「壁宿」は障害や困難を意味し、物事を進めるにはあまり良くない時期を暗示していたのです。

古代の人々は、これらの宿の意味を日々の生活に取り入れ、農作業や旅行、結婚などの重要な決断をする際の指針としていました。

また、占いにも用いられ、各宿が持つ特性を基に、その日の吉凶を判断していたのです。

このように、二十八宿は古代の暮らしに深く根ざした、星々の物語なのです。

今を生きる私たちにとっても、星空を見上げる時、それぞれの星が持つ物語を思い浮かべることで、日々の生活に新たな視点をもたらしてくれるかもしれませんね。

星々の輝きには、古代の知恵が今も息づいているのですから。

二十八宿の文化的・歴史的重要性

歴史のページをめくると、日本の古代文化において星々がどれほど重要な役割を果たしていたかが見えてきます。

特に、奈良県明日香村にあるキトラ古墳の天井に描かれた二十八宿の星座図は、その最たる例です。

この星座図は、日本古代の天文学と文化の交差点を示す貴重な証拠として、今も多くの人々を魅了しています。

二十八宿とは、もともと中国の古代天文学に由来するシステムで、天の赤道近くを二十八の区分に分け、それぞれの区分に星座を割り当てたものです。

このシステムは、後に日本にも伝わり、古代日本人の生活や文化、さらには政治にも大きな影響を与えました。

キトラ古墳の星座図は、これらの星座がどのように描かれ、解釈されていたかを物語る貴重な資料です。

この図は、天井全体に広がる壮大な星空を表現しており、当時の人々が星々に込めた思いや信仰を感じ取ることができます。

また、この星座図は、当時の日本人が中国の文化をどのように取り入れ、独自の文化として発展させたかを示す証拠とも言えます。

さらに、二十八宿に関する記述は、『日本書紀』や『古事記』などの歴史的文献にも散見されます。

これらの文献に記された二十八宿の解釈や利用の仕方は、時代ごとの文化や社会の変遷を映し出しています。

たとえば、農業や漁業の時期を決める際の指標として、または方位を定める際の重要な手がかりとして、二十八宿は古代日本人の生活に深く根ざしていたのです。

このように、キトラ古墳の星座図や歴史的文献に見られる二十八宿の記述は、日本の古代文化がいかに星々と密接に関わっていたかを物語っています。

今日においても、これらの貴重な遺産は、私たちが古代の人々の生活や文化を理解するための重要な鍵となっています。

現代における二十八宿

現代において、特に占星術や風水では、個人の運勢や方位学において重要な役割を果たしているんです。

日々の運勢を占う際にも、二十八宿のそれぞれの特性を考慮に入れることで、より詳細で個別化されたアドバイスが可能になります。

また、歴史や天文学の分野では、古代の人々がどのように星々を観察し、それを日常生活に活かしていたのかを理解する上で、二十八宿は貴重な手がかりを提供しています。

天文学的な観点から見ると、古代の星座の知識や、星々の動きに関する理解を深めることができるのです。

このように、二十八宿は古代から現代に至るまで、私たちの文化や生活に大きな影響を与え続けています。

単なる占いの道具としてだけでなく、歴史や天文学の研究においてもその価値は計り知れないものがあります。

日々の生活の中で、ふと空を見上げたとき、古代の人々が同じ星々を眺めていたことを思い出してみるのも、一つの楽しみ方かもしれませんね。

二十八宿の一覧


二十八宿は四方を守る獣神を基本に、それぞれの方位が7つずつの宿に分かれています。

そこでここでは、基本となる獣神とそこに属する宿について名称や意味をご紹介します。

東方七宿

東方七宿について、少し掘り下げてみましょう。この星座は、青龍という獣神を中心に構成されており、私たちの生活に深く関わっています。

それぞれの宿には、独特の意味があり、日々の行動や決断に影響を与えるとされています。

それぞれの宿が持つ特性と、吉とされる行事や凶とされる行事をまとめますね。

宿の名称説明吉とされる行事凶とされる行事
角宿(すぼし)建築や新しい始まりに関連する宿建築関連、婚礼、神仏祭祀、開店など葬儀
亢宿(あみぼし)結婚や学びの始まりに良い影響を与える宿婚礼、結納、習い事の開始など不動産・物品の購入
氐宿(ともぼし)新しい環境への移行を助ける宿婚礼、見合い、新改築、移転、開店など水辺への近づき
房宿(そいぼし)お祝い事や新しい旅立ちに関連する宿お祝い事全般、建築、旅行、新しい事の始め訴訟
心宿(なかごぼし)精神的な行事や変化に関連する宿神事、仏事、移転、旅行など婚礼、金銭の出費
尾宿(あしたれぼし)新しいスタートや学びに吉とされる宿旅行、移転、婚礼、新しい事の始め、勉強葬祭、布の裁断
箕宿(みぼし)物事を育てる、成長させることに関連する宿水路・池作り、種まき、商品仕入れ、契約など婚礼、葬式

東方七宿のそれぞれが持つ意味や、日々の生活において吉凶を判断する際の指針になることでしょう。

古来から伝わる星座の知識は、現代においても私たちの生活に深く関わっているのですね。

西方七宿

白虎を獣神とするこれらの宿は、私たちの日常生活における様々な行動や決断に影響を与えるとされています。

それぞれの宿が持つ特性と、吉とされる行事や凶とされる行事をまとめてみます。

宿の名称説明吉とされる行事凶とされる行事
奎宿(とかきぼし)建築や新しい始まりに関連する宿柱建て、棟上げ、井戸掘り、婚礼、神仏祭祀新規開店、訴訟、交渉
婁宿(たたらぼし)結婚や契約に関連する宿婚礼の相談、婚礼、契約、取引、造園訴訟、改革
胃宿(えきえぼし)新しいスタートに関連する宿就職、開店、移転造園、私事、葬儀(大凶)
昴宿(すばるぼし)お祝い事や新しい事業に関連する宿お祝い事、新規開店、神仏祭祀増改築、争いごと、布の裁断
畢宿(あめふりぼし)家庭や建築に関連する宿棟上げ、家の増改築、新築、婚礼、神事投資、仕入れ、返済
觜宿(とろきぼし)新しい学びや移転に関連する宿棟上げ、入学、稽古始め、転居、神仏祭祀投資、開店、新規事業
参宿(からすきぼし)商売や旅行に関連する宿物品の仕入れ、買付、販売、旅行、開業、婚礼転居、賭け事

西方七宿のそれぞれが持つ意味や、日々の生活において吉凶を判断する際の指針になることでしょう。

古来から伝わる星座の知識は、現代においても私たちの生活に深く関わっているのですね。

南方七宿

南方七宿に関して、朱雀を獣神とするこれらの宿は、私たちの日常生活における様々な行動や決断に影響を与えるとされています。

それぞれの宿が持つ特性と、吉とされる行事や凶とされる行事をまとめてみます。

宿の名称説明吉とされる行事凶とされる行事
井宿(ちちりぼし)建築や不動産に関連する宿建築、井戸掘り、不動産売買、神事、婚礼葬儀、争いごと、布の裁断
鬼宿(たまおのぼし)二十八宿の中で最も縁起が良いとされる宿公の行事(式典など)婚礼
柳宿(ぬりこぼし)物事を断つことに関連する宿物事を断つ婚礼、新規事業、布の裁断
星宿(ほとおりぼし)治療や改築に関連する宿治療始め、運転始め、種まき、改築婚礼、葬儀、お祝い事
張宿(ちりこぼし)成長や新しい始まりに関連する宿種まき(大吉)、新築、開業、事業拡張、就職布の裁断、樹木を切る
翼宿(たすきぼし)農耕や建築に関連する宿種まき、建築、土木、草刈り、植木植え替えお祝い事、祭事、婚礼(離婚の兆し)
軫宿(みつかけぼし)建築や神仏祭祀に関連する宿棟上げ、地鎮祭、建築、神仏祭祀、落成式旅行、衣類の裁断(火の難)

南方七宿のそれぞれが持つ意味や、日々の生活において吉凶を判断する際の指針になることでしょう。

古来から伝わる星座の知識は、現代においても私たちの生活に深く関わっているのですね。

北方七宿

北方七宿に関して、玄武を獣神とするこれらの宿は、私たちの日常生活における様々な行動や決断に影響を与えるとされています。

それぞれの宿が持つ特性と、吉とされる行事や凶とされる行事をまとめてみます。

宿の名称説明吉とされる行事凶とされる行事
斗宿(ひきつぼし)土を動かす作業に関連する宿土掘り(大吉)、井戸掘り、造園、婚礼、不動産売買
牛宿(いなみぼし)全般的に吉とされる宿全ての行事
女宿(うるきぼし)美容や芸能に関連する宿稽古始め、美容、芸能関連婚礼、訴訟、争いごと、移転
虚宿(とみてぼし)学問に関連する宿入学、習い事始め(特に学問)婚礼、建築、葬儀、お祝い事
危宿(うみやめぼし)レジャーや出張に関連する宿壁塗り、レジャー、出張婚礼、高所、布の裁断
室宿(はついぼし)建築や神仏祭祀に関連する宿柱建て、井戸掘り、婚礼、神仏祭祀葬式、遠出
壁宿(なまめぼし)建築や神仏祭祀に関連する宿柱建て、棟上げ、井戸掘り、婚礼、神仏祭祀訴訟、新規事業

北方七宿のそれぞれが持つ意味や、日々の生活において吉凶を判断する際の指針になることでしょう。

古来から伝わる星座の知識は、現代においても私たちの生活に深く関わっているのですね。

二十八宿の獣神について


二十八宿には、四方を守る獣神がいます。

ここでは、それぞれの獣神についてご紹介します。

東の青龍

古来より、青龍は東方の守護神として、多くの人々に親しまれ、敬われてきました。

この神秘的な存在は、中国の伝説や神話に深く根ざしており、「蒼竜」とも呼ばれることがあります。

その名の通り、鮮やかな青色の体を持ち、長く伸びた舌が特徴的です。

この舌は、言葉を超えたコミュニケーションの象徴ともされ、青龍の知恵と慈悲を表していると言われています。

青龍の起源は、古代中国の神話にまで遡ります。

四神の一つとして、東方を司る存在とされていました。

四神とは、青龍の他に、西の白虎、南の朱雀、北の玄武があり、それぞれが天の四方を守護しています。

青龍はこれらの中でも、特に力強さと知恵を象徴する存在とされ、春の訪れと共に生命力を司るとされています。

また、青龍は風水においても重要な役割を果たします。

建物や土地の配置を考える際、青龍の力を借りることで、良い気の流れを作り出し、繁栄や健康をもたらすとされています。

このため、多くの寺院や宮殿では、東側に青龍の象徴を配置することが一般的です。

さらに、青龍は芸術作品にも多く登場します。

絵画や彫刻、さらには文学作品においても、その威厳ある姿が描かれ、物語に深みを加えています。

青龍をモチーフにした作品は、見る者に勇気や希望を与え、心を癒やす力があると言われています。

このように、青龍は単なる伝説上の存在ではなく、文化や芸術、さらには日常生活においても、深い意味を持ち続けているのです。

その神秘的な魅力は、今もなお多くの人々を魅了し続けています。

南の朱雀

朱雀は、南方を守るとされる獣神で、その存在は中国の古い伝承に深く根ざしています。

この美しい神獣は、炎のように赤く燃える体を持ち、その姿はまさに圧巻。

長く、黄金色に輝く尾が特徴的で、見る者を魅了します。

朱雀は、ただの神獣ではなく、その姿は多くの文化や芸術作品に影響を与えてきました。

特に興味深いのは、中国の福建省における朱雀の表現です。

ここでは、朱雀は赤虎として描かれることが多いのです。

これは地域によって神話がどのように異なるかを示す興味深い例であり、文化の多様性を感じさせます。

朱雀は、南方の守護神としての役割も担っています。

古代中国の哲学では、宇宙は五行(木、火、土、金、水)で成り立っているとされ、朱雀はその中の「火」を象徴しています。

火は変化と再生を意味し、朱雀はこの力強いエネルギーを体現しているのです。

また、朱雀は四神の中でも特に情熱や活力を象徴する存在とされています。

そのため、朱雀をモチーフにしたアートやデザインは、人々に勇気や希望を与える力があると言われています。

このように、朱雀は単なる伝説上の生き物ではなく、私たちの文化や精神性に深く関わる存在です。

その美しさと力強さは、今もなお多くの人々を魅了し続けています。

朱雀の物語は、私たちにとって永遠のインスピレーションの源なのです。

西の白虎

西方の守護神、白虎についてのお話をしましょう。

白虎は、中国の古代神話に登場する、神秘的な存在です。

この美しい白い虎は、西方の守護神として古来より崇拝されてきました。

その姿は、普通の虎とは異なり、白く輝く毛並みを持ち、時には長い尾や羽根を持つとされることもあります。

白虎は、中国の四神の一つとしても知られています。

四神とは、東西南北を守護する四つの神獣のことで、白虎は西を守る神獣とされています。

他には、東の青龍、南の朱雀、北の玄武がいます。

これらの神獣は、それぞれ異なる季節や自然現象を象徴しており、白虎は秋と金属を象徴しています。

また、白虎は、武勇と力の象徴としても尊敬されてきました。

古代中国の軍では、白虎の旗を戦場に掲げることで、勝利と力強さを示していたと言われています。

このように、白虎は単なる伝説上の生き物ではなく、文化や歴史に深く根ざした存在なのです。

白虎にまつわる物語や伝説は、中国だけでなく、日本や韓国などの東アジアの国々にも広がっています。

それぞれの国で少しずつ異なる解釈や物語が生まれ、豊かな文化的背景を形成してきました。

このように、白虎はただの伝説の生き物ではなく、東アジアの文化や歴史において重要な役割を果たしてきた神秘的な存在なのです。

その美しさと力強さは、今も多くの人々に愛され、尊敬されています。

北の玄武

北方を見守る神秘の守護者、玄武についてお話ししましょう。

玄武は、中国の伝統的な四神の一つで、北方を司る神秘的な存在です。

この神秘的な生き物は、亀と蛇が一体となった姿で描かれることが多いのですが、その姿はただの装飾ではありません。

亀は長寿の象徴、蛇は繁殖力と再生の象徴とされています。

この二つの生き物が組み合わさることで、玄武は強力な生命力と守護の力を持つとされているのです。

さて、玄武にまつわる興味深い地域的な変化があります。

例えば、中国の福建省では、玄武は亀と蛇ではなく、「黒虎」として表現されることがあります。

これは地域によって異なる文化的な解釈や伝説の影響を受けているためでしょう。

黒虎もまた、力強さと守護の象徴として尊ばれています。

このように、玄武はただの神話上の生き物ではなく、文化や地域によって多様な意味を持つ、深い歴史と伝統を持つ存在なのです。

それぞれの地域で異なる解釈や象徴が生まれることは、その地域の文化や価値観を反映しているとも言えるでしょう。

玄武にまつわる話は、私たちにとっても、過去と現在をつなぐ大切な文化的遺産なのです。

二十八宿の吉凶について!


二十八宿はそれぞれに吉と凶となる事柄がありため、一重に「この日は吉日である」「この日は凶日になる」とは言えない側面があります。

そのため、吉となる事柄、凶となる事柄に注意をして、縁起を担ぎたい場合は吉となる事柄と合う日を選ぶのがよいと言えますが、ここでは大吉となる事柄があり凶が少ない宿と、大凶となる事柄がある宿をそれぞれご紹介します。

大吉

鬼宿 万事に良い日で特に丑の時刻は大吉

張宿 種まき

斗宿 土掘り

大凶

胃宿 葬儀

虚宿 相談事

二十八宿のまとめ

二十八宿とは、月が地球を一周する間に巡る恒星による吉凶占いのことを言います。

日本では飛鳥時代に中国から伝わったとされ、一般的によく知られている六曜よりも長い間、活用されていた暦注になります。

最近は二十八宿によって縁起の良し悪しをはかることは少なくなってきますが、縁起を担ぎたいお祝い事などがある時は、二十八宿を参考になさってみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました