HOME

一粒万倍日と不成就日が重なると縁起的にはどうなの?

一粒万倍日と不成就日は、どちらも撰日という暦注の一つです。

暦注とは簡単に言うと暦に掲載される吉凶占いのことで、日本で特に有名なのは六曜と呼ばれるもの。

六曜はよく知らないという方でも、大安は縁起の良い日、仏滅は縁起が悪い日というのは知っているのではないでしょうか?

日本では昔から、暦注を元に日の吉凶を占い、冠婚葬祭などの日取りを決めていました。

一粒万倍日と不成就日も日取りを決める時の判断材料になり、一粒万倍日は吉日、不成就日は凶日になります。

それでは、一粒万倍日と不成就日が重なる日は縁起的にはどうなるのでしょうか。

そこで今回は、一粒万倍日と不成就日が重なった場合について詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

一粒万倍日と不成就日が重なると縁起的にはどうなの?


一粒万倍日は、一粒の籾(もみ)が万倍に実り稲穂になるという意味があり、この日に始めたことはやがて大きな収穫を得ると言われる吉日になります。

一方で不成就日は、書いて字の如く何も成就しない、成功しないという意味の凶日です。

つまり、一粒万倍日と不成就日が重なる日というのは、縁起の良い日と縁起の悪い日が重なっているということになります。

そうなると気になるのが、一粒万倍日と不成就日が重なると、縁起が良いのか悪いのかということになりますよね。

結論を言うと、一粒万倍日と不成就日が重なった場合、一粒万倍日の縁起の良さが不成就日によって半減します。

反対に言えば、不成就日のみであれば凶日だったのに、一粒万倍日が重なったおかげで縁起の悪さが良くなったとも言えます。

とは言え、一粒万倍日のみの日と比べると縁起の良さは劣ってしまうので、しっかりと縁起の良い日を選びたい方にとっては避けるのがよい日と言えるでしょう。

一粒万倍日と不成就日が重なった場合、どちらの日を重要視したほうが良いの?


一粒万倍日と不成就日が重なった時、どちらを重要視するかはその人それぞれ違います。

しっかりと縁起を担いで日取りを決めたい方にとっては、例え一粒万倍日であっても不成就日が重なっていれば避けるのが必須と考えるでしょう。

しかし、そもそも縁起にあまりこだわらない人であれば、一粒万倍日に不成就日が重なっていても「全くの凶日でなければ問題がない」と考えるかも知れません。

ただし、不成就日が重なっているけれど一粒万倍日の日でもあるし、縁起的には大丈夫だろうと思って日取りに選んだとして、自分にとっては失敗だったと思う出来事が起こったとします。

そうすると多くの場合は、「やっぱり不成就日が重なっていたからだ」と思うのではないでしょうか。

一粒万倍日が重なっていたから、これくらいの失敗で済んだのだと前向きになれる方は少ないと思うので、特に大事な行事においてはできるだけ後悔をしないように、不成就日を始めとした凶日が重ならない日を探して選ぶのがよいでしょう。

2022年で一粒万倍日と不成就日が重なる日は?


2022年に、一粒万倍日と不成就日が重なるのは次の6日になります。

4月17日

7月4日

7月28日

7月31日

10月20日

11月28日

一粒万倍日と不成就日が重なる日がない月もあれば、7月のように3日もある月もあります。

一粒万倍日と不成就日は同じ撰日という暦注の一つですが、日の決め方のルールはそれぞれに違います。

一粒万倍日の場合は、「節切り」と言って二十四節気の「節」で区切り、節気から次の節気までを一ヵ月とする方法を用いています。

二十四節気とは、現在の春夏秋冬の他に季節を表すために使われていたもので、立春や夏至、秋分などがあります。



例えば、二十四節気の立春から啓蟄の前日までを正月、啓蟄から清明の前日までを二月、清明から立夏の前日までを三月として月を区切っていました。

ここからさらに、一粒万倍日であれば次のルールで日が決まります。

・正月 丑・午の日

・二月 酉・寅の日

・三月 子・卯の日

・四月 卯・辰の日

・五月 巳・午の日

・六月 酉・午の日

・七月 子・未の日

・八月 卯・申の日

・九月 酉・午の日

・十月 酉・戌の日

・十一月 亥・子の日

・十二月 卯・子の日

「節切り」の元となる二十四節気は太陽の運行を元に、日が決まっています。

一方で、不成就日は同じ撰日でありながらも、「月切り」というルールに乗っ取って決められており、月の満ち欠けによって日が決まる旧暦に基いています。

不成就日は旧暦にとって日付が決まっており、次の通りになります。

・1月と7月 3・11・19・27日

・2月と8月 2・10・18・26日

・3月と9月 1・9・17・25日

・4月と10月 4・12・20・28日

・5月と11月 5・13・21・29日

・6月と12月 6・14・22・30日

これを、現在採用されている新暦に直して不成就日が決まります。

一粒万倍日は一ヵ月に5~6日、不成就日は一ヵ月4日ほどありますが、この2つが重なる日は年に6日程度と多いわけではないことがわかりますよね。

吉日と凶日が重なる理由は?


吉日と凶日が重なるのは、暦注それぞれの日の決め方が違うからです。

例えば、一般的に縁起の良し悪しを決めるものとして有名な六曜は、基本的には「先勝」→「友引」→「先負」→「仏滅」→「大安」→「赤口」の順番を繰り返しますが、旧暦の1月と7月の1日は「先勝」、2月と8月は「友引」、3月と9月は「先負」、4月と10月は「仏滅」、5月と11月は「大安」、6月と12月は「赤口」と決まっています。

また、七曜は五惑星(木星、火星、土星、金星、水星)と太陽、月を合わせたもので、現在私達が使っている新暦の週はこの七曜が元になっていますよね。

さらに、十二直は北斗七星の柄杓の先端が向いている方位を、十二支に当てはめたものになります。

日の吉凶占いは六曜が有名ですが、昭和初期頃までは六曜ではなく十二直が庶民に浸透し、重要視されていたとも言われ、今でも建築儀礼の日取りは六曜よりも十二直を元に決める建築業者も少なくありません。

このように、暦注は種類によって日の決め方が異なるため、六曜の大安と撰日の不成就日が重なるということが起こります。

吉日や凶日は気にした方がいい?


今回ご紹介した一粒万倍日や不成就日を始めとした様々な暦注は、それぞれの起源や由来、日の決め方などが異なるだけではなく、そもそも科学的根拠のない迷信に過ぎません。

吉日だから必ず良いことが起こるとは限らず、反対に凶日だから必ず不幸なことが起こるわけでもありません。

日本人にとって身近な六曜で例えるとすれば、吉日の大安に結婚式を挙げたからといってどの夫婦も平和に暮らしているわけではないでしょう。

同様に仏滅に結婚したからといって離婚しているということもありません。

つまり、吉日や凶日という区切りには絶対的な効力はないということです。

とは言え、お祝い事を行う日は天気が晴れている方が清々しく感じるように、吉日の方が何かと気持ちが前向きになれるものです。

吉日や凶日にこだわりすぎてしまい、身動きが取れないほど悩んでしまうのは避けた方がよいですが、入籍、結婚式、七五三、引っ越し、納車、契約、宝くじの購入など、人生の節目となる行事や自分にとって大切な出来事は縁起の良い日に行いたいと思うのは何も変ではありません。

一粒万倍日や大安など、吉日を選んで素敵な一日にしましょう。

まとめ

一粒万倍日と不成就日が重なると、一粒万倍日の縁起の良さが半減すると言われています。

しかし、見方を変えると不成就日の縁起の悪さが半分マシになるということ。

どのように捉えるかは人それぞれですが、日の吉凶にこだわりすぎず、「縁起が悪い日だけど気を付けて慎重に生活しよう」と前向きになる切っ掛けとすることが何より大切だと言えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました