HOME

正月飾りの玄関ドアへの付け方や位置と飾る時のルール!

正月飾りの玄関ドアへの付け方

新年を迎えるにあたり、多くの方が「正月飾りの玄関ドアの付け方」について悩まれることでしょう。

どの日に飾るのが最適なのか、どの位置に飾れば良いのか、風水にも配慮したいけれど、どうすればいいのか。

そんな疑問を解決するために、この記事では、正月飾りを飾る際のルールやポイントを詳しくご紹介します。

伝統を守りつつ、おしゃれで心地よい玄関作りのためのヒントをお届けしますので、新年の準備を楽しみながら、ぜひ参考にしてみてください。

  • 正月飾りを飾り始める適切な時期と、避けるべき日について
  • 玄関ドアに正月飾りを飾る最適な位置とその理由
  • 風水を考慮した正月飾りの飾り方
  • 玄関ドアに飾りを取り付ける際の便利なフックの種類
  • 正月飾りの処分方法とその重要性

正月飾りを飾る時のルール!いつから飾る?

新年を迎える準備として、正月飾りを飾ることは日本の伝統的な文化の一つです。

この美しい習慣には、いくつかのルールや慣習があります。

特に、いつから飾るかという点は、多くの方が気になるところでしょう。

まず、正月飾りを飾り始める時期についてですが、一般的には12月13日以降とされています。

12月13日は「正月事始め」や「松迎え」と呼ばれ、古くからお正月を迎える準備の始まりとされてきました。

この日は、昔の人々が門松に使う松や、おせち料理の調理に必要な薪を山から取りに行く日だったと言われています。

そうした背景から、12月13日はお正月の準備を始める象徴的な日となったのです。

しかし、実際には多くの家庭では、大掃除が終わり家がきれいになってから正月飾りを飾ることが多いようです。

そのため、12月28日までに飾る家庭が一般的です。

また、クリスマスの飾りを片付けた後に正月飾りを飾るという家庭もあり、その場合は12月25日から27日の間に飾ることが多いです。

近年では、12月13日から正月飾りを飾るという習慣は少なくなってきています。

しかし、この伝統を大切にすることで、新年を迎える心の準備をするという意味合いもあります。

正月飾りを飾ることは、新しい年の幸運と繁栄を願う日本の美しい文化の一つと言えるでしょう。

このように、正月飾りを飾る時期にはいくつかの選択肢がありますが、大切なのはその飾りが持つ意味を理解し、新年を心から迎える準備をすることです。

家族や友人と一緒に飾り付けを楽しむことで、新年の喜びをより一層深めることができるでしょう。

正月飾りを飾る際に避けるべき日

正月飾りを飾る際に避けるべき日があることは、意外と知られていないかもしれません。

正月飾りを避けるべき日

12月29日

この日に飾りをつけることは避けられています。

なぜなら、「29」は「二重苦」と聞こえ、不吉な意味を持つとされているからです。

日本では、言葉の語呂合わせによる縁起を重んじる文化があります。

このため、29日は避けるのが一般的です。

12月31日

大晦日に飾り付けをすることは「一夜飾り」と呼ばれ、これもまた避けるべきとされています。

なぜなら、歳神様を迎えるための準備としては、一日だけでは不十分であり、失礼にあたると考えられているからです。

正月飾りを飾るのに適した日

では、いつ飾るのがベストなのでしょうか。

一般的には、12月28日までに飾り付けを完了するのが望ましいとされています。

特に、12月28日は「八」が「末広がり」を意味し、縁起が良いとされています。

この日に飾り付けをすることで、新年に向けての幸運を願うことができるのです。

正月飾りの意味と重要性

正月飾りは、新年を迎えるための準備としてだけでなく、家族の幸福や健康、豊作を願う意味も込められています。

日本の伝統的な家庭では、門松やしめ縄、鏡餅などを飾り、新年を祝います。

これらの飾りは、歳神様を迎え、良い年になることを願うためのものです。

正月飾りは、日本の文化と伝統を象徴する大切な要素です。

しかし、その飾り付けには、特定の日を避けるという重要なルールがあります。

12月29日と31日は避け、28日までに飾り付けをすることで、新年を迎える準備が整います。

この美しい習慣を守ることで、新年の幸運と繁栄を家族にもたらすことができるでしょう。

正月飾りは玄関ドアのどの位置に飾るのがベスト?

正月飾りを飾る際の最適な位置については、玄関や門口の外側が理想的です。

これは、新年を迎える神様、歳神様をお迎えするための目印として機能するためです。

歳神様は、新年の幸運をもたらすとされる神様で、彼らが家を訪れる際には、家族に幸福と繁栄をもたらすと信じられています。そのため、彼らが容易に見つけられるよう、目立つ場所に飾ることが推奨されています。

以下に、正月飾りを飾る際のポイントを詳しく整理してみましょう。

正月飾りの意味

  • 歳神様のお迎え:新年を迎える神様である歳神様をお迎えする目印として機能します。
  • 幸運と繁栄の象徴:歳神様は家庭に幸福と繁栄をもたらすとされています。
  • 魔除けと防御:悪霊や不幸を遠ざけ、家庭を守る力があると信じられています。

飾る位置の選び方

  • 玄関や門口の外側:歳神様が容易に見つけられるよう、目立つ場所に飾ります。
  • 目線より少し高め:飾りが美しく見えるとともに、神様が見つけやすい位置です。
  • 玄関ドアの上部や横:これらの位置は、飾りを目立たせるのに適しています。

飾り方のポイント

  • 伝統的なデザインを選ぶ:日本の伝統に則ったデザインを選ぶことが大切です。
  • 環境に合わせて調整:玄関の大きさや形状に合わせて、飾りのサイズや形を選びます。
  • 清潔な状態を保つ:正月飾りは神聖なものとされるため、清潔に保つことが重要です。

新年を迎えるにあたり、正月飾りを適切な場所に飾ることは、伝統を守るだけでなく、家族の幸福と繁栄を願う大切な行事です。

この美しい風習を通じて、新年の始まりを祝い、希望に満ちた一年を迎える準備をしましょう。

玄関のドアの真ん中に正月飾りを飾るのは風水的にNG?

新年の訪れと共に、玄関を華やかに彩る正月飾り。

しかし、風水を重視する方々にとって、その飾り方には少し注意が必要かもしれません。

特に、玄関ドアの正面に正月飾りを飾ることは、風水上の観点からは避けた方が良いとされています。

では、どのように飾れば良いのでしょうか?

玄関と風水の関係

風水では、玄関は家の「気」の入り口とされ、その配置やデザインが家全体の運気に大きく影響します。

玄関ドアの正面に直接物を飾ることは、この「気」の流れを妨げると考えられているのです。

そのため、正月飾りを含む装飾品は、玄関ドアの脇や壁に控えめに飾ることが推奨されます。

飾りの種類と風水

風水では、生きた植物や自然素材を使った飾りが良いエネルギーをもたらすとされています。

一方で、ドライフラワーや造花などの人工的なものは、風水的にはあまり好ましくないとされています。

正月飾りを選ぶ際には、自然素材を用いたものを選ぶと良いでしょう。

文化の違いと風水

風水は元々中国の文化であり、日本の正月飾りとは根本的に異なる背景を持っています。

また、欧米ではクリスマスリースを玄関に飾る習慣がありますが、これも風水の観点からは異なる文化の表れです。

文化によって異なる習慣を尊重しつつ、風水を取り入れる際にはその文化的背景も考慮することが大切です。

風水を意識することは、運気を良くするための一つの方法ですが、文化や習慣も大切にしながら、自分にとって心地良い飾り方を見つけることが重要です。

新年を迎える準備をしながら、風水の知識も取り入れて、幸運を呼び込む玄関作りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

正月飾りを飾る場所は玄関の内側でもOK?

玄関ドアの内側に正月飾りを飾ることは適切なのでしょうか?

まず、正月飾りには二つの大切な意味が込められています。

一つは、新年を迎えるにあたり、幸運と繁栄をもたらすとされる「歳神様」をお迎えするためのもの。

伝統的には、門松やしめ飾りを玄関や門に飾ることで、歳神様を歓迎し、新たな年の幸福を願います。

もう一つの意味は、家そのものの浄化。新年を清らかな状態で迎えるために、家の中を飾り付けることで、家族の健康や幸せを願うのです。

では、玄関ドアの内側に飾ることについてはどうでしょうか。

実は、正月飾りの配置に関しては、厳格なルールは存在しません。

大切なのは、歳神様への敬意と感謝の気持ちを表すこと。

したがって、玄関ドアの内側に飾ることも、その意味を理解し、心を込めて行えば問題はないのです。

ただし、正月が終わった後の正月飾りの処分には注意が必要です。

自宅での処分や地域のゴミ出しルールに従うことはもちろん、マンションやアパートにお住まいの方は、地域の規則にも留意する必要があります。

正月飾りは、一年の始まりを祝う大切なもの。その取り扱いには、敬意を持って行いましょう。

このように、正月飾りは日本の伝統として大切にされています。

その飾り方一つをとっても、日本の文化や精神性が反映されているのですね。

新年を迎える際には、これらの点を心に留めて、素敵な飾り付けを楽しんでみてはいかがでしょうか。

新春の玄関を彩る!市販フックで簡単おしゃれな正月飾り

新年を迎える準備として、玄関に正月飾りを飾るのは日本の美しい伝統です。

しかし、壁に穴を開けたり、飾りを固定するのに苦労したりすることも。

そんな時、市販のフックを活用すると、手軽に美しく飾ることができますよ。

今回は、玄関の材質に合わせた便利なフックの種類をご紹介します。

マグネットタイプのフック

磁石が付く玄関扉には、マグネットタイプのフックが最適です。

強力な磁力を持つフックなら、風雨にも負けずに飾りをしっかりと支えてくれます。

例えば、「the reset」ブランドのマグネットフックは、その小さくシンプルなデザインが玄関に溶け込み、目立ちません。

耐荷量2キロというのも、正月飾りを吊るすには十分な強度です。

また、取り付けが簡単で、玄関扉を傷つける心配も少ないのが魅力。

万が一の傷防止のために、扉に触れる部分に保護テープを貼るのも一案です。

粘着タイプのフック

粘着タイプのフックは、跡が残らずに貼り直しが可能なものを選びましょう。

耐荷量が8キロと強力なので、大きなクリスマスリースなども安心して飾れます。

防水性能があるため、雨に濡れても問題ないのも嬉しいポイント。

10個セットなどで販売されていることが多く、様々な用途に使えるので、一家に一セットあると便利です。

吸盤タイプのフック

ガラスやツルツルした表面には、吸盤タイプのフックが適しています。

傷をつける心配がなく、取り付けや取り外しが簡単なのが特徴です。

一般的な吸盤とは異なり、ロック機能付きで空気が入りにくいタイプを選ぶと、より安定して飾りを支えられます。

耐荷量5キロのものなら、大きめのリースも安心。

ただし、吸着面の汚れは吸着力を低下させるので、取り付け前にはしっかりと掃除をしましょう。

リースフック&ドアハンガー

ドアの上部に引っ掛けるタイプのフック、リースフックやドアハンガーも便利です。

これらは室内でハンガーや帽子を掛けるのに使われることが多いですが、玄関の外側にも活用できます。

取り付けが簡単で、使用しない時はすぐに外せるので、ドアを傷つける心配が少ないです。

ただし、ドアの厚みや閉まり具合を確認してから選ぶことが重要です。

ドアの材質に左右されずに使えるので、どんな玄関にもマッチします。

これらのフックを上手に活用して、新年を迎える準備を楽しみましょう。

玄関を美しく飾ることで、訪れる人々にも喜びと幸せを分かち合えるはずです。

正月飾りはいつ片付けるといいのか?処分の仕方は?

正月飾りはいつ玄関ドアから外しますか?

正月飾りは、その地域によって片付ける時期が異なります。

例えば、関東地方では1月7日の七草粥を食べた後に門松やしめ飾りを取り外すのが一般的です。

一方、関西地方や他の一部地域では、1月15日の小正月や1月20日の二十日正月まで飾り続ける習慣があります。

また、鏡餅に関しては、1月11日の鏡開きが終わるまで飾るのが普通ですが、こちらも地域によっては1月15日や1月20日まで飾る場合があります。

正月飾りはいつからいつまで飾ればいいの?
お正月飾り【しめ縄・門松・鏡餅】はいつからいつまで飾るのか?飾り始める時期と片付ける時期! 12月は師走と呼ばれるように...

正月飾りの処分の仕方は?

正月飾りは、神聖なものとして扱われるため、処分する際には特別な注意が必要です。

まず、塩やお酒でお清めを行い、感謝の気持ちを込めてから処分することが望ましいです。

お清めの方法が分からない場合は、地元の神社で行われるどんど焼きや納札所へ持っていくと良いでしょう。

これらの方法は、お正月飾りを神聖に扱い、新しい年への感謝を表す日本の美しい伝統です。

正月飾りの正しい処分方法と自宅の塩で処分する時は燃えるゴミでもOK?
新年を彩る正月飾りの処分に頭を悩ませていませんか? お正月が過ぎ、家の中に残る門松やしめ飾り。 これらをどのように、いつ...

正月飾りの玄関ドアへの付け方のまとめ

新年を迎える玄関ドアに正月飾りを飾る際は、いくつかのポイントを押さえると良いですね。

一般的には12月13日以降に飾り始め、12月28日までに飾るのが望ましいです。

29日と31日は避けましょう。玄関の外側、特に目線より少し高めの位置が理想的です。

風水を気にする方は、玄関ドアの正面ではなく、脇や壁に控えめに飾ると良いでしょう。

市販のフックを利用すると、穴を開けずに簡単に飾れます。

正月飾りは、新年の幸運と家族の幸福を願う大切な伝統。

この美しい習慣を楽しんで、素敵な新年を迎えましょう。

この記事のポイントをまとめますと

  • 正月飾りは12月13日以降に飾り始めるのが一般的
  • 12月28日までに飾ることが望ましい
  • 12月29日と31日は飾り付けを避ける
  • 玄関の外側、目線より少し高めの位置に飾る
  • 風水を考慮する場合、玄関ドアの正面ではなく脇や壁に控えめに飾る
  • マグネットタイプや粘着タイプのフックを利用して簡単に飾れる
  • 自然素材を用いた飾りが風水的に好ましい
  • 玄関ドアの内側に飾ることも可能
  • 正月飾りの処分は塩やお酒でお清めしてから行う
  • 地域の神社で行われるどんど焼きや納札所へ持っていくのも一つの方法
  • 正月飾りは新年の幸運と家族の幸福を願う伝統

コメント

タイトルとURLをコピーしました