HOME

芒種の意味や由来を教えて!2019はいつ?

芒種の意味や時期について!

芒種という言葉をご存知でしょうか。

一瞬、見ただけでは読めない方も多いのではないかと思いますが、芒種は日本の四季や季節を彩る言葉として古くから親しまれているものです。

日本語は、同じ意味なのに違う言葉がたくさんあることから、世界一難しい言語だとも言われていますが、現代に生きる私達も知らない言葉というのは多数存在しています。

芒種もその中の一つと言えるかも知れませんが、意味を知ると「なるほどな」と思うと同時に、実はとても身近に感じられる言葉だということもわかります。

では、芒種とは一体どのような意味を持つ言葉なのでしょうか。

また、古くから関わりがあったとはどういうことなのでしょうか。

今回は、芒種の意味や由来、時期について掘り下げて調べてみようと思います。


Sponsored Link


そもそも「芒種」って何?

bousyu3
芒種は、ぼうしゅと読み、二十四節気の九番目にあたります。

「芒」は、稲や麦などのイネ科の植物の先端にある、棘のような突起がある部分のことを言うことから、芒種とは稲や麦などの種蒔きに適した時期、という意味があります。

また、種蒔きが始まると農家は忙しいシーズンに入ると言われていることから、農家の方にとっては「これからはゆっくりする暇がなくなる」と言った意味合いもあったようです。

芒種の意味や由来について

bousyu4
芒が、イネ科の植物のことを指すことから、稲や麦の種を植える時期を芒種と言いますが、現在においては早稲の種類も多いため、必ずしもこの時期に籾撒きをするわけではないようです。



しかし、二十四節気をさらに細かく分けた七十二候で言うと、芒種の初候は「螳螂生」、次候は「腐草為蛍」、末候は「梅子黄」となっており、螳螂生はカマキリが生まれる時期と言う意味で、腐草為蛍はホタルが舞う時期、梅子黄は梅の実が黄色く色付く時期ということになります。

以上のことから、芒種の時期は新しい生命の誕生や成長が多く見られる頃となります。

芒種の時期はいつ?

bousyu2
芒種は、太陽黄径が75度となる日で、毎年6月6日頃です。

ちなにみ、2019年の「芒種」は、6月6日です。

また、この日から次の節気である夏至の前日までの期間を指す場合もあり、6月6日頃から6月20日頃にあたります。

芒種は、それまでの初夏らしさから蒸し暑さを感じる時期になり、同時に梅雨入りもする頃です。

旧暦では五月を指していたので、この時期に降る雨を五月雨(さみだれ)、雨の合間に晴れることを五月晴れ(さつきばれ)と呼んだりします。

紫陽花が咲き、梅の実が青から黄色に色付き、百舌鳥が鳴き始めるのも芒種の時期あたりと言われています。

ちなみに、梅雨と書くのは梅の実が熟す時期に降る雨だから、なのだそうです。

 

夏至はいつ?日照時間や意味や由来は?

 

まとめ

芒種は、稲作中心だった日本において、欠かせない日だったということがわかりました。

また、稲や麦に限らず、芒種の時期には多くの生命が息吹き、その命の輝きを私達の前に見せてくれる時期とも言えます。

梅雨が明けるとやがてやってくる本格的な夏を前に、芒種にちなんでホタル見物や梅酒作りを楽しんでみるのはいかがでしょうか。

 


Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました