HOME

寒の入りとは?2020はいつ?意味や由来を教えて!

寒の入りの意味や時期について!

「寒の入り」という言葉を聞いたことがあるのでしょうか。

ニュースを見ていると、時々「寒の入りを迎えました」と気象予報士が言っているのを聞くことがありますが、寒の入りとは一体何のことなのでしょうか。

ちなみに読み方は「かんのいり」です。

寒さに入る、と読めることから、何となく冬を表す言葉だということが推察できますが、実際にはどうなのでしょうか。

そこで今回は、寒の入りについて詳しく説明したいと思います。



そもそも「寒の入り」って何?

kannoiri3
季節を表す言葉と聞いて思い浮かぶのは、やはり四季ですが、実はそれだけではありません。

特に農家の方などは、微妙な季節の移り変わりを把握する必要があったことから、古くから中国より伝わった「二十四節気」を元に、田植えの時期や収穫の時期を見極めていました。

この二十四節気は、今もカレンダーに記されている場合が多く、「立春」や「夏至」「秋分」などは見たことや聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

二十四節気は、一年を24に分けてそれぞれに季節を表しています。そのため、四季よりもより正確に季節を知ることができました。

そして、この二十四節気の中に、「小寒」と「大寒」があります。

小寒と大寒は使われている字を見てもわかる通り冬を表す季語で、一年の中で寒さが最も厳しくなり始める時期~最も寒くなる時期を指しています。

そして、この2つを合わせて「寒(かん)」と呼んでいます。



このようなことから、寒の入りとは寒(かん)に入る時期のこと、すなわち小寒にあたる日ということになります。

寒の入りの時期はいつ?

kannoiri2
季節を表す言葉・節気の中の、「小寒」から「立春」の前日までの1ヶ月の期間のことを「寒(かん)」と呼びます。

2020年の場合、小寒は1月6日、立春が2月4日ですから、1月6日から2月3日までが寒中となるのですが、その寒の期間に入る日のことを「寒の入り」と言います。

つまり、寒の入りとは小寒の日ということになり、2020年であれば1月6日が寒の入りとなります。

ちなみに、立春の2月4日は「寒の明け」といいます。

寒の入りの意味や由来について

寒の入りとは、寒(かん)の時期に入る時、つまりは小寒の日ということになります。

ちなみに、寒(かん)が終わって次の節気である「立春」になることを、「寒(かん)明け」と言います。

テレビなどで寒さの中、薄着で海や川に入るいわゆる寒中禊や、水着だけで泳ぐ寒中水泳のニュースを目にすることがあると思いますが、この時の「寒中」とは小寒と大寒の期間である寒(かん)の中で行うことから、寒中(かんちゅう)と呼ばれています。

また、身内に不幸があったなどして新年の挨拶や年賀状が出せなかった場合、寒中見舞いを送ることがあると思いますが、この場合の寒中もやはり小寒と大寒を合わせた期間を指しています。

ちなみに、立春以降に出す寒中見舞いは寒中見舞いとは呼ばずに余寒見舞いと言うので注意しましょう。

まとめ

寒の入りの寒(かん)が、寒中水泳や寒中見舞いに繋がっているとは知りませんでした。

このように、知らずして過ごしたきた言葉であっても、実生活において深く関わって過ごしていた場合というのはたくさんあります。

普段、何げなく見ているカレンダーには寒の入りを始めとした季節を表す言葉が多数載っているので、わからない言葉の意味を調べてみるのも面白いかも知れませんね。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました