HOME

大安に引っ越しをすると良い理由とは?縁起が良いのは本当?

大安に引っ越しをするときの時間帯は?料金が高くなる?

新しい場所での新生活をスタートさせる時には、何となく縁起を担いでおきたいものですよね。

「お日柄」と言うと結婚式や入籍を思い浮かべますが、引っ越しの際に縁起を気にする人は少なくありません。

大安に引っ越しをすると良いと言われるのも、お日柄を気にする日本人の特性かも知れませんが、「どうして大安に引っ越しをすると良いの?」と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、大安の引っ越しについて調べてみました。

大安に引っ越しをする時の時間帯や、料金が高くなる理由、その他のデメリット、大安に引っ越しできない場合の対処法などをご紹介したいと思います。



大安に引っ越しをすると良い?その理由は?


大安に引っ越しをすると良いと言われているのは、大安が縁起が良い日とされているからです。

大安は六曜と呼ばれる中国が発祥の暦注の一つなのですが、その六曜の中で最も縁起が良いのが大安です。

六曜には他にも、先勝、友引、先負、赤口、仏滅の計6つがあり、結婚式や入籍を始め、お宮参りや納車、会社の登記、新装開店など、あらゆる場面で日取りを決める際の参考とされていますが、当然ながら最も縁起の良い大安は最高の日取りとして、特にお祝い事では多くの人が選ぶ日となっています。

引っ越しも、新しい場所で新しい生活がスタートするという点でお祝い事と捉える人が多いことから、引っ越し日を大安にする人が多いと言われています。

つまり、大安に引っ越しをすると良いというよりは、大安の縁起の良さにあやかって引っ越しをする人が多いのが実際のところと言えます。

引っ越しを大安にすると縁起が良い?


大安が縁起が良いと言われる理由については、上記でご紹介した通りですが、そもそも縁起とは一体なんなのでしょうか。

縁起の本来の意味は仏教用語で、「この世のあらゆる物は因縁によって成り立っている」という意味になります。

これは仏教の基本真理とされていますが、現在使われている縁起とは大きくかけ離れています。

私達が普段使う縁起は、縁起が良い、縁起が悪いというように、吉凶の前兆の意味として用いられています。

そのため、大安に引っ越しをすると縁起が良いというのは、言い換えれば、運気を吉とするために大安に引っ越しをするということになります。

しかし、実際には運気をそのように自分でコントロールすることはできません。

つまり、大安に引っ越しをしても、必ずしも運気が吉となるとは限らないのです。

このようなことから、明治時代には政府は「六曜は迷信である」として使用を禁止しましたが、慣習としてすでに庶民に浸透していたため、その後も受け継がれ今に至ります。

結論としては、六曜においては大安に引っ越しをすると吉とされているものの、大安に引っ越しをしたからと言って必ず運が吉に向くわけではない、ということになります。

ただし、いくら六曜が迷信と言われても、新しい生活を前向きに明るく過ごすための一つの手段として、大安に引っ越しをすることでモチベーションを上げるのはよいこととも言えます。

引っ越しの時間帯はいつが良い?


大安は終日吉日となっているので、引っ越しの時間帯については特に気にする必要はありません。

引っ越し先や荷物の量にもよりますが、多くの場合は朝から引っ越し作業を始め、夕方までかかることが多いので、大安は気持ちに余裕を持った行動ができるのではないかと思います。

というのも、他の六曜の場合は大安のように終日吉日とはなっていないからです。



例えば、大安の次に縁起が良いと言われる友引は、11~13時は凶でそれ以外は吉となっているので、11~13時は作業を一旦止める必要がありますし、先勝の場合は午前中は吉ですが午後は凶となるため、作業は翌日に持ち越しとなってしまいます。

このようなことから、一日仕事となる引っ越しは大安に行った方が時間を気にせずに行うことができると言えます。

引っ越し料金は高くなるって本当?


引っ越し料金の決め方は、「荷物の量」「距離」「日取り」と言われています。

荷物が少ないより多い方が持ち運ぶ手間がかかるので、料金が高くなるのはわかりますよね。

同様に引っ越し先が遠い場合も、移動距離が長くなるのでおのずと料金はアップするのは理解できますが、驚きなのは日取りによって料金に違いがあるということです。

大安は縁起が良い日として知られているので、引っ越し日としてとても人気があります。

そのため、予約が殺到しやすく、料金は割高となります。

これとは逆に、六曜の中で最も縁起が悪いと言われる仏滅は、大安と比べて料金は安く設定されていることも多く、引っ越しが平日であればなおのこと料金は下がります。

荷物の量、距離が同じ条件であっても、繁忙期(2~3月)の土日の大安と、閑散期の平日の仏滅では引っ越し料金が倍違う(大安の方が2倍程度高い)というデータもあるようなので、引っ越しを安く済ませたいという方は大安は避けた方がよいと言えます。

大安に引っ越しをするとデメリットもある?


大安は引っ越しの日取りとして人気があるため、希望の時期や日程があっても、その通りに予約ができるとは限りません。

特に繁忙期になると、早い人だと半年以上前から予約を入れていることもあるので、予約をとるのは困難でしょう。

引っ越しの日程に比較的余裕がある人や、繁忙期を避けて引っ越しができる人なら問題がないかも知れませんが、どうしてもその時期に引っ越しをしなければならない人にとっては死活問題です。

しかも最近は、繁忙期は大安以外であっても予約をとるのが難しいと言われています。

大安に引っ越したいという気持ちがありながらも、泣く泣く友引や先勝に替えたとしても、それすらも予約できない場合があるのです。

大安に引っ越しがどうしてもできないときの対処法は?


大安に引っ越しができず、大安以外の日に引っ越しにすることになった場合、特に仏滅や赤口は縁起が悪い日と言われているので、そのような日に引っ越しするなんて先行き不安・・と思う人もいるかも知れません。

しかし、大安にどうしても引っ越しができない場合でも、次の対処法を行うことで縁起の悪さを回避することができます。

① 先に荷物を運ぶ

引っ越し業者による引っ越しの前に、引っ越し先が近場であれば小さい荷物を新居に運び入れることで、その日を引っ越し初日とすることができます。

例えば、引っ越しするのが赤口の場合、その前日は大安なので日用品やすぐに使用しない衣服などを先に運び入れたとすると、引っ越し初日を大安にすることができるのです。

② 塩を盛る

引っ越し先が遠方で、前日などに荷物を運び入れることが出来ない場合は、引っ越し当日に作業を始める前に玄関に塩を盛ると厄払いになり、縁起が悪いことを気にする必要がなくなります。

まとめ

大安は結婚式や入籍のみならず、引っ越しの日取りとしても人気があります。

そのため、予約がとりずらい、料金が割高になるなどのデメリットもあるため、できるだけ希望の日に引っ越しをしたい場合は早めに予約をするのがよいでしょう。

なお、大安に引っ越しができなくても、引っ越しの前に荷物を運び入れたり、引っ越し当日に塩を盛ることで対処ができるので、大安の引っ越しにこだわりすぎて新生活の目途がなかなか立たないなど、支障が出ないように注意しましょう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました