HOME

大安に納車をすると縁起がいい?オススメの時間帯は?

「結婚式は大安に」「友引の葬式は避ける」など、冠婚葬祭でよく聞くのが『六曜』を基準にした日取りの決め方。

車の納車も縁起にこだわって大安にした方がよいのでは?と、悩む方も多いのではないでしょうか。

車の運転は事故が不安になるので、縁起の良い日に納車をした方が事故を避けられるのではないかと思ってしまいますよね。

そこで今回は、大安の納車について調べてみました。

納車の日取りだけではなく、納車にお勧めの時間帯なども合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

大安に納車をすると縁起がいい?


大安は六曜の中で最も縁起が良いとされる日です。

六曜は中国が発祥の歴注の一つで、歴注とは暦に掲載される吉凶占いのことを指します。

カレンダーに日付や曜日以外に、大安や仏滅などと書かれているのを見たことがあると思いますが、それが六曜です。

よく「結婚式は大安がよい」と言われますが、これは大安が六曜における最上の吉日であり、なおかつ一日中、吉となるので(凶に転じる時間がない)、物事を行うに当たって時間帯を選ぶ必要がないことなどが理由になります。

そのため、大安に納車をするのは縁起が良いと言えるでしょう。

六曜における吉凶を元にした日取りの決め方は、入籍や結婚式、お宮参り、七五三などのお祝い事を中心として考えられます。

納車は入籍や結婚式などのお祝い事とは違いますが、大金を支払って購入した車が届く日は、お祝いと言えるくらい嬉しく待ち遠しい日ですよね。

カーディーラーでも、顧客側から別途要望がない場合には、基本的には大安に納車ができるように日程を調整することが多いと言われているので、納車=大安という考え方は一般的と言えるのかも知れません。

オススメの納車の時間帯は?


六曜には大安の他に、友引、先勝、先負が吉日になりますが、友引は午前11時~午後1時の時間帯は凶、先勝は午前中のみ吉、先負は午後のみ吉となるので、縁起を担いで納車をする場合には吉となる時間を選ぶ必要があります。

しかし、大安は先ほども触れた通り終日吉なので、どの時間に納車をしても縁起が良いので、時間帯を気にする必要はありません。

ただし、あまり遅い時間になってしまうと、周囲が暗くなり、車についた傷などを見落としてしまう可能性があります。

納車の確認が済んだ後は、後日になって傷などを見つけても保証の対象とならないことがあるので、できれば明るい時間帯にしっかりと車を確認するのがよいでしょう。

納車の日取りの仕方


注文した車がカーディーラーに届いて、必要な確認や装備を取り付ける作業が終われば、納車することができます。

そのため、カーディーラー側からおおよその日程を教えてもらえば、基本的には自分の都合に合わせて納車日を決めることができます。

また、カーディーラーによっては、「納車=おめでたいことなので大安」として、あらかじめ大安の納車日を提案してくれる場合もあります。

ただし、納車できる台数には限りがあるので、直近の大安が空いていなければ、以降の大安に予定を組むことになり、車はあるのに納車の日にちは遅くなってしまいます。

縁起の良し悪しが気にならず、とにかく一日でも早く納車して欲しいのであれば、その旨を営業担当者に伝えてみましょう。

納車にオススメの縁起のいい日!


縁起の良い日に納車がしたい場合、大安の予約がなかなか取れずに納車日が希望よりも遅くなってしまうということが起こり得ます。



しかし、吉日は大安以外にもあるので、どうしても大安に納車して欲しいというわけではないのでしたら、大安以外の吉日を納車日に考えてみるのはいかがでしょうか。

そこでここでは、納車にお勧めの縁起の良い日をご紹介します。

友引

友引は、六曜では大安に次いで2番目に縁起が良い日となり、納車日に向いていますが、午前11時~午後1時の時間帯は凶となるので、縁起を担いで納車したい場合はこの時間帯は避けた方がよいでしょう。

ただし、友引は「共引き=引き分ける、勝負がつかない」という意味なのですが、友を引く(轢く)と解釈できることから納車日にはふさわしくないと考える方もいるようです。

先勝

先んずればすなわち勝ちの意味で、物事は早く動いた方がよいと言うことから、午前中が吉、午後からは凶となる日です。

六曜では午後2時までは午前、午後2時からが午後となるので、先勝の納車は午後2時までに行うのがよいでしょう。

先負

先んずればすなわち負けの意味で、先勝とは反対に午前中は凶、午後からは吉となります。

先負に納車をする場合には午後2時以降がよいですが、遅い時間になると暗くなってしまい、車の傷などを見逃してしまう可能性があるので注意して下さい。

一粒万倍日

一粒万倍日は撰日という歴注の一つで、一粒の籾(もみ)が万倍に実り稲穂になるという意味があり、この日に始めたことは後に大きな収穫を得るという意味がある吉日です。

天赦日

百神が天に昇り、万物の罪を許すという意味があり、撰日の一つになります。

暦の上で最上の吉日となる日ですが、一年に5~6日しかない貴重な日となっています。

納車に向かない縁起の悪い日!

赤口

六曜の中では凶日となりますが、午前11時~午後1時の時間帯は吉となります。

そのため、赤口に縁起の良い時間に納車をしたい時は、午前11時~午後1時がお勧めとなりますが、赤口の赤が血や火を連想させ、車による事故や怪我に注意をした方がよい日として、人によっては仏滅よりも不吉な日と捉える方もいます。

仏滅

六曜の中で最も縁起が悪い日であり、終日凶となります。

仏滅は元々は物滅と書いていたことから、廃車のイメージが浮かんでしまうので避ける方もいます。

不成就日

撰日の一つで、言葉の通り、何事も成就しない、成功しない日になります。

撰日と六曜はそれぞれ別の歴注のため、暦の上で重なることがあります。

例えば、六曜では大安でも撰日では不成就日と言った具合です。

大安と不成就日が重なると大安の縁起の良さが半減すると言われているので、縁起にこだわる方は不成就日などの凶日が重なっていないか確認するのがよいでしょう。

納車は縁起を気にしたほうがいい?


おおよそになりますが、車の契約から納車までは一ヵ月ほどの時間の猶予があります。

そのため、日ごろはあまり縁起を気にしないという方でも、大安などの縁起の良い日を納車日として選ぶことが多いようです。

しかし、六曜は言ってしまえば星座占いや血液型占いと同じで、必ず当たるものではありません。

大安に納車をしても事故に遭ってしまうこともあれば、仏滅に納車をしても事故なく過ごせる方もたくさんいます。

このようなことから、納車では縁起にこだわりすぎる必要はないと言えるでしょう。

一方で、普段から六曜の吉凶日によって行事の日取りを決めている方であれば、仏滅に納車したことがずっと気がかりになってしまい、運転に集中できない、車に乗るのが怖いと感じてしまう可能性があります。

安全、安心に運転するために、縁起の良い日を選んで納車をしてもらいたいということであれば、大安に納車をするのがお勧めと言えるでしょう。

まとめ

カーディーラーによっては、車の納車日はあらかじめ大安になるように日程を調整してくれるところもあるようですが、それだと納車の日が遅くなってしまう可能性もあるため、一日でも早く納車をしてもらいたい場合はその旨を伝えておくのがよいでしょう。

大安は六曜の中で最も縁起の良い吉日なので、大安の納車は縁起が良いと言えますが、そもそも縁起が気にならない方であれば絶対に大安に納車しなければいけないということはありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました