HOME

六曜で引っ越しに良い日はどれ?日取りの決め方はどうしたらいい?

進学や就職、転勤、結婚など、引っ越しは様々な理由で行われますが、多くの方にとって同時に人生の転機になるタイミングではないかと思います。

そのため、引っ越しは縁起の良い日に行いたいと思う方も多いでしょう。

一般的に縁起の良し悪しを見極める時には六曜が用いられますが、それでは六曜で引っ越しに良い日はどれなのでしょうか。

また、引っ越しの日取りはどのように決めるのがよいのでしょうか。

スポンサーリンク

六曜で引っ越しに良い日はどれ?


六曜は中国が発祥の吉凶占いです。

六曜をよく知らないという方でも、大安が縁起の良い日、仏滅は縁起の悪い日ということは何となく知っているのではないでしょうか。

また、カレンダーを見ると日付や曜日の他に、先勝、友引、先負・・と文字が並んでいるのを見たことがあると思いますが、あれがまさしく六曜になります。

六曜は中国から日本へと伝わってから、入籍や結婚式などのお祝い事の日取りを決める際に六曜は欠かせないものとなりましたが、現在ではお祝い事だけではなく引っ越しや納車、契約などでも利用されることがあります。

そこでここでは、六曜それぞれの名称や意味と、引っ越しにお勧めの日を合わせてご紹介します。

先勝

先勝は、先んずればすなわち勝ちが語源で、何事も早く行うのが良いとされる日です。

そのため午前中が吉、午後からは凶となります。

引っ越しを行うなら午前中に行うのがよいでしょう。

友引

友引は、勝負がつかないという意味の共引きが転じて友引となったもので、六曜の中では2番目に縁起の良い日になります。

ただし、午前11時~午後1時は凶になるため、引っ越しを行うならこの時間帯は避けた方がよいと言われています。

先負

先負は、先んずればすなわち負けが語源で、先勝とは反対に物事を急いで行うのは避けた方がよいと言われています。

午前中は凶、午後から吉となるので、先負に引っ越しを行うなら午後からがよいでしょう。

仏滅

仏滅は、六曜の中で最も縁起が悪い日で、入籍や結婚式などのお祝い事の他、引っ越しや納車なども避けられることが多い日となっています。

しかし最近は、仏滅は物滅と書いていたことから、「一旦物が滅び、0になって新しく始める」という解釈がされるようになり、むしろ引っ越しには向いている日と捉える方も少なくありません。

また、大安や友引と言った縁起の良い日は人気があるので引っ越しの予約がすぐに埋まってしまいますが、仏滅は予約がしやすいことや、大安に比べて料金を割り引いている業者もあり、あえて仏滅の引っ越しを選ぶ方も増えています。

大安

大安は、六曜の中で最も縁起が良い日であり、終日吉のため、引っ越しの時間帯を気にする必要はありません。

ただし、人気の日のため、予約がなかなかできなかったり、他の日と比べて引っ越し費用が高い場合があります。

赤口

赤口は、仏滅と並ぶ凶日ですが、午前11時~午後1時のみ吉となります。

赤口に縁起の良いタイミングで引っ越しを行うなら、上記の時間帯を選ぶことになりますが、荷物が多かったり移動距離が長い場合などでは2時間以内に作業を終えることが難しいことがあります。

また、赤口の赤が血や火を連想させるため、刃物による怪我や事故、火事などに注意をした方がよい日とされていることから、仏滅よりも不吉で縁起が悪い日として避ける方もいます。

引っ越しの日取りの決め方は?


引っ越しの日取りの決め方は、縁起をとるか、料金をとるかで変わってきます。

人生の転機となる日は縁起の良い日がよいということであれば、六曜なら大安、友引、先勝、先負の4つの吉日から選ぶことになります。



なお、大安は業者によっては一年先まで予約がとれないということもあるそうなので、引っ越しの予定がある場合は早めに予約を行うのがよいでしょう。

大安の予約が難しくても、友引や先勝(先負も吉日ですが、負けという字が縁起が悪いと感じる方が多いようです)も吉日なので縁起が良いと言えますが、時間帯によっては縁起が悪くなってしまうので注意が必要です。

一方で、縁起は全く気にならないというのであれば、赤口と仏滅を選ぶのがお勧めです。

赤口と仏滅は大安に比べて予約がしやすく、さらに業者によっては料金の割引サービスを行っているところもあります。

自分の都合に合わせて引っ越しの日を決めたい、できるだけ料金を安く抑えたいというのであれば、赤口と仏滅を狙ってみるのがよいでしょう。

引っ越しに向いている縁起のいい日!


一般的に縁起の良し悪しは六曜による吉凶日を示すものですが、実は六曜以外にも暦に掲載される吉凶日があります。

そこでここでは、六曜以外で引っ越しに向いている縁起の良い日をご紹介します。

一粒万倍日

一粒万倍日は、撰日という歴注(暦に掲載される吉凶占い)の一つで、一粒の籾(もみ)が万倍に実り稲穂になるという意味がある日です。

この日に始めたことはやがて大きな収穫を得ると言われており、入籍や結婚式などのお祝い事の他、引っ越しや納車、契約、宝くじの購入、財布の新調などにもお勧めの日となっています。

天赦日

天赦日は、撰日の一つで、百神が天に昇り、万物の罪を許すという意味のある日です。

この日はどのような罪を行っても神様が許してくれるとされるので、何をしても上手くいく、成功する日と言われています。

暦に掲載される吉日の中で最上の日になります。

引っ越しを避けたほうがいい縁起の悪い日!


六曜以外にも縁起の良い日があるのと同様に、六曜以外の縁起の悪い日もあります。

そこでここでは、六曜以外の引っ越しを避けた方がよい縁起の悪い日をご紹介します。

不成就日

撰日の一つで、言葉の通り何をしても成功しない、成就しない日と言われています。

お祝い事はもちろん、引っ越しなども避けた方がよいと言われています。

十方暮

撰日の一つで、日の干支が甲甲から癸巳までの10日間は、十方の気が塞がって何をしても上手くいかない期間と言われています。

十方暮は60日ごとにあるので、約2ヵ月に一回の割合で訪れます。

引っ越しをする時のコツ!


引っ越しを行う時、多くの方が悩むのが梱包作業ではないでしょうか?

何から手をつけたらいいのかわからない、と引っ越し日ギリギリまで放置してしまい、結局引っ越しの前日になって慌てて梱包を始めるということはよくある話です。

引っ越しの荷物は、まずは部屋をブロックごとに分け、ブロックの中で「しばらく使わないもの」「毎日は使わなくても引っ越しまでにまだ使うもの」「毎日使うもの」に分けます。

そして、「しばらく使わないもの」からダンボールに詰めていき、ガムテープを貼って梱包します。

「毎日は使わなくても引っ越しまでにまだ使うもの」はダンボールに入れるだけにしておき、封は閉じません。

使い終わったらその都度、ダンボールに戻しておけば当日に片付ける手間がなくなりますし、完全に使わなくなったら封をすればOKなので楽に作業を終えることができます。

また、引っ越し当日は「毎日使うもの」の封をするという手順を頭に入れておくだけで、引越しの作業が楽になります。

まとめ

縁起が良い日に引っ越しをしたいなら、六曜なら大安、友引、先勝、撰日なら一粒万倍日、天赦日がお勧めです。

ただし、大安は人気があるので引っ越しをしたい日に、必ず予約ができるわけではありません。

一方で選ぶと縁起が悪くなってしまうのは赤口、仏滅、不成就日などがありますが、赤口、仏滅の引っ越しは予約がとりやすい、料金の割引サービスがあるなどのメリットもあります。

縁起と料金、どちらを選ぶかはそれぞれなので、自分にとってよりよいと思える日を選んで引っ越しをするのがよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました