HOME

残春の候を使う時期はいつまで?意味や読み方と使い方や例文と結びも!

この記事では、残春の候を使う時期や使い方と読み方、例文と結び文をまとめています。

残春の候はいつ使うのが正しいのでしょうか。

時候の挨拶を使うタイミングを誤ってしまうと、相手からマナーのない人だと思われてしまいます。

特にビジネス関係者や目上の人へ送る手紙やはがきには注意をしたいですよね。

そこで今回は、残春の候について詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

残春の候を使う時期はいつからいつまで?


残春の候は4月下旬から5月上旬まで使える時候の挨拶になります。

下旬は21日~31日(月末)の期間なので、残春の候は4月21日から使えるということになりますね。

また、例年5月5日頃は立夏となり暦の上では夏となります。

残春の候は春の時候の挨拶になるので、立夏を過ぎると使えないことから、4月21日~5月4日頃まで使える時候の挨拶となりますよ。

残春の候の意味や読み方は?


残春の候は「ざんしゅんのこう」と読みます。

残春とは春の名残、春の終わりという意味になりますよ。

候は時候や気候、季節などの意味があることから、残春の候は「もう少しで春が終わってしまう時期」という意味になりますね。

残春の候の正しい使い方は?


残春の候は晩春に使う時候の挨拶になります。

旧暦では春を初春(春の初め)・仲春(春の半ば)・晩春(春の終わり)と分けていて、晩春は春が終わってもうすぐ夏がくる時期を指していますよ。

そのため、本来であれば残春の候は二十四節気の清明(例年4月5日頃)から立夏(例年5月5日頃)の前日まで使える時候の挨拶になります。

しかし、4月上旬や中旬は多くの地域が桜の開花・満開を迎えており、春が終わるというよりも、春真っ盛りのイメージを持っているのではないでしょうか。

4月上旬や中旬に使っても間違いではないのですが、時候の挨拶は手紙やはがきを送る地域の気候や状況に合わせて使うのがよいとされているので、残春の候は桜が散った後の4月下旬から使うことをおすすめします。

残春の候を使った例文


ビジネスで使う場合や、目上の人に送る手紙やはがきの時候の挨拶の使い方に悩むことはないでしょう。

誤った使い方をしてしまうと相手に失礼になってしまうので、慎重に行いたいものですよね。

そこでここでは、残春の候を使った例文をご紹介します。

ビジネスで使う場合

・謹啓 残春の候、貴社にはますますご清栄の由大慶に存じます。毎々格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
・拝啓 残春の候、貴社におかれましてはなお一層のご発展のことと大慶至極に存じます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
・拝啓 残春の候、貴社におかれましては益々ご盛栄の御事慶賀の至りに存じます。日頃は格別のお引き立てをいただき、ありがたく御礼申し上げます。

目上の人に使う場合

・謹啓 残春の候、〇〇様におかれましては、ますますお元気でご活躍の段、なによりに存じます
・拝啓 残春の候、○○様には一段とご健勝のこととお慶び申し上げます。

親しい人に使う場合

・残春の候、新年度を迎えましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
・残春の候、木々の芽も膨らみ始め季節の変わり目を感じる今日この頃、ご無沙汰しておりますがお元気でお過ごしのことと思います。

残春の候の結び文


文章を締めくくる結び文には、季節に関係なく使える定型文がありますが、時候の挨拶に季節感を合わせることで文章全体に統一感や風情が出るのでおすすめですよ。

ここでは、残暑の候を時候の挨拶に使った場合の、結び文の例文をご紹介します。



・花冷えの季節、ご自愛専一にてのご活躍をお祈り申し上げます。
・新天地での〇〇様のいっそうのご活躍を心よりお祈りいたしております。
・連休もすぐそこです。楽しい毎日をお過ごしください。

残春の候を使うときに注意すること


残暑の候は時候の挨拶の中でも漢語調といい、それ自体が丁寧な表現になります。

そのため、親しい人や知人への手紙やはがきでは、文章の始まりが残暑の候でも問題はないでしょう。

しかし、ビジネス関係者や目上の人など、より丁寧さが求められる相手に送る手紙やはがきでは、マナーとしてNGとなります。

ビジネス関係者や目上の人への手紙やはがきには、必ず頭語をつけるようにしましょう。

頭語とは「拝啓」や「謹啓」などのことで、これらには「つつしんで申し上げます」という意味があります。

相手に敬意を表す表現のため、「拝啓 残暑の候~・・・」のように書き出すのがよいでしょう。

また、頭語をつけたら文章の終わりは結語で締めてください。

「拝啓」の結語は「敬具」または「敬白」、「謹啓」の結語は「謹言」もしくは「謹白」になりますよ。

残春の候以外の時候の挨拶はある?


残春の候は使える期間が短いため、4月に使える他の時候の挨拶を知っていると安心ですよね。

ここでは、残春の候以外の4月に使える時候の挨拶をご紹介します。

春暖の候

3月中旬から4月中旬まで使える時候の挨拶になります。

春暖は春の暖かさと書きますが、春半ばというよりも少しずつ春に近づいている様子を表したものになりますよ。

そのため、まだ比較的気温が低い3月中旬くらいから使うことができる時候の挨拶になりますね。

桜花の候

3月下旬から4月中旬まで使える時候の挨拶です。

桜花とは文字通り桜の咲いている時期を指す言葉のため、すでに桜が散っている地域へ送る手紙やはがきには使うことができません。

南の方は開花が早い分、散る時期も早くなるので使用するときは注意してください。

陽春の候

4月初めから終わりまで使える時候の挨拶になります。

陽春とは春の麗らかな陽気という意味なので、春らしい気温が続くようになったタイミングで使うのがよいでしょう。

春爛漫の候

4月中に使える時候の挨拶です。

春爛漫とは春の花が咲き乱れる様子を表す言葉になるため、北の地方など気温がまだ低く、花があまり咲いていない地域に手紙やはがきを送る場合は、使うタイミングに注意必要ですね。

麗春の候

4月下旬から5月上旬に使える時候の挨拶になります。

麗春とはひなげしのことで、地域によって4~6月と開花時期が変わります。

手紙やはがきを送る地域の状況に合わせるのがよいでしょう。

晩春の候

二十四節気の清明(例年4月4日頃)から立夏(例年5月4日頃)の前日まで使える時候の挨拶になります。

立夏を過ぎると暦の上では夏となるので、晩春の候は使えません。

Wordであいさつ文や定型文を挿入する方法

仕事上で取引先の相手にあいさつ文を送る、目上の人に手紙やはがきを出す時などに、「書き出しに悩んでしまい、なかなか作業が進まない」なんてことはよくあるのではないでしょうか。

そのような時はWordを利用してみましょう。

Wordにはあいさつ文のテンプレートがあるので、参考にすると作業が捗りやすくなりますよ。

ここではwordを使ったあいさつ文や定型文の挿入方法をご紹介します。

手順

①Wordを開きます

②挿入タブをクリックします

③テキストのところにある「あいさつ文」をクリックします

④あいさつ文の挿入を選びます

⑤何月のあいさつ文を作成するのか、最初に月を選びましょう

⑥月のあいさつ、安否のあいさつ、感謝のあいさつをそれぞれ選びます

⑦選んだら「OK」をクリックしてください

⑧Wordに選んだ文章が表示されます

ポイント

Wordではあいさつ文だけではなく、あいさつ文の後に続ける「起こし言葉」や「結び言葉」も選ぶことができますよ。

挿入タブ→テキストのあいさつ文をクリックした後、起こし言葉もしくは結び言葉を選んでください。

まとめ

残春の候は4月下旬から5月上旬まで使える時候の挨拶です。

具体的には4月21日から例年5月5日頃の立夏の前日までとなりますよ。

残暑は晩春に使える季語のため、4月上旬や中旬に使っても間違いではないのですが、これくらいの時期はまだ春真っ盛りの地域が多いことから、一般的には4月下旬から使うのがよいとされています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました