HOME

新茶の候を使う時期はいつまで?意味や読み方と使い方や例文と結びも!

この記事は、新茶の候を使う時期や読み方、使い方と例文、結びについて解説しています。

「今年も新茶の季節がやってきました」とよく聞きますが、新茶とはいつ収穫されたお茶のことを言うのでしょうか。

新茶の期間がわかれば、新茶の候を使う時期もわかるかも知れませんよね。

そこで今回は、新茶の候の使い方を詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

新茶の候を使う時期はいつからいつまで?


新茶の候は5月上旬に使える時候の挨拶になります。

一般的に上旬とは1日から10日までを指す言葉のため、新茶の候は5月1日から10日まで使える時候の挨拶ということになりますよ。

詳しい説明は次でしていますが、新茶は立春(例年2月3日頃)から88日後は5月1日以降に摘まれた茶葉のことを指すため、新茶の候は5月上旬に使うのがよい時候の挨拶ということになります。

新茶の候の意味や読み方は?


新茶の候は「しんちゃのこう」と読みます。

時候の挨拶は音読みが多いのですが、新茶を「しんちゃ」と読むのは難しくないので覚えやすい方が多いでしょう。

お茶の葉は一年に4回収穫ができますが、その年の最初に摘んだ茶葉で作られる一番茶を新茶と言います。

そして、昔は一番茶が摘まれるのは立春から88日後の八十八夜と決まっており、この期間に摘んだ茶葉で作るお茶を新茶と言っていました。

また、候には時期や時候などの意味があります。

このようなことから、新茶の候は「新茶のおいしい時期になりましたね」という意味になりますよ。

新茶の候の正しい使い方は?


現在、新茶の収穫時期は地域によって異なり、暖かい南の地域では4月中旬頃から始まり、少しずつ北上して5月中旬くらいまで行われています。

ですが、新茶の候を4月中旬や5月中旬に使うことはできません。

先ほども触れましたが、昔は新茶を立春から88日目の八十八夜に摘んでいました。

八十八夜は雑節といい、節分や彼岸などと同じ季節を表す名称の一つです。

旧暦が使われていた時代に作られた雑節や二十四節気は、現代の暦と季節感が合わないこともありますが、基本的には今もそのままで使われています。

そのため、例え実際に新茶の収穫が4月中旬や5月中旬に行われているとしても、新茶の候は5月上旬にしか使うことができません。

新茶の候を使った例文


新茶の候のような時候の挨拶は、使い慣れていないと書き出しに悩んでしまうものですよね。

そこでここでは、新茶の候を使った例文をご紹介します。

手紙やはがきなどを送る相手によって文章は変わるため、ビジネスで使う場合、目上の人に使う場合、親しい人に使う場合の3つのケース別に掲載しています。

ビジネスで使う場合

・謹啓 新茶の候、貴社におかれましてはなお一層のご発展のことと大慶至極に存じます。平素は格別のご高配をいただき心から感謝申し上げます。
・拝啓 新茶の候、貴社にはますますご隆盛の由、大慶に存じます。毎々格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
・拝啓 新茶の候、貴社にはご清栄の段、何よりと存じます。日頃は格別のお引き立てをいただき、ありがたく御礼申し上げます。

目上の人に使う場合

・謹啓 新茶の候、〇〇様にはますますご壮健のことと拝察いたしお慶び申し上げます。
・拝啓 新茶の候、皆様にはご清祥にお過ごしのことと存じます。

親しい人に使う場合

・新茶の候、五月晴の空を大小の鯉のぼりが泳ぐこのごろ、お元気にしていますか。
・新茶の候、花屋の軒先にカーネーションが並ぶ季節となりましたね。お久しぶりですが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。

時候の挨拶には漢語調と口語調の2種類があり、新茶の候などの〇〇の候は漢語調になります。

漢語調は丁寧な表現になるため、親しい人には必ずしも使う必要はありません。

かしこまった挨拶をする間柄ではないと思う場合は、漢語調よりもカジュアルな口語調を使うとよいでしょう。

口語調の例文としては、「新茶のおいしい季節になりましたね、お元気にしていますか」のような書き方で構いません。



新茶の候の結び文


結び文とは文章の締めくくりに書く文です。

結び文には季節に関係なく使える定型文がありますが、新茶の候を書き出しに使った文章であれば、結び文の季節感を合わせることで全体に統一感が出るのでおすすめです。

ここでは、新茶の候を使った時の結び文の例文をご紹介します。

・風薫る爽やかな時節、貴社のますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。謹言
・梅雨入りも間近でございます。体調を崩されませぬよう、〇〇様のご健康を心よりお祈り申し上げます。敬具
・暦の上ではもう夏です。次第に暑くなりますが、どうかお体大切にしてくださいね。かしこ

新茶の候を使うときに注意すること


新茶の候を使って文章を書く時は、親しい人に送る場合を除いて基本的には最初に頭語をつけるのがよいでしょう。

頭語には様々な種類がありますが、ビジネス関係者や目上の人に使うものとして一般的なのは「謹啓」と「拝啓」です。

これらには「謹んで申し上げます」という丁寧な意味があるので、新茶の候などの時候の挨拶の前につけて使います。

なお、頭語には結語が対となり、「謹啓」の結語は「謹言」もしくは「謹白」、「拝啓」の結語は「敬具」または「敬白」になりますよ。

文章の最後に頭語に合った結語を入れるようにしましょう。

女性のみ、どの頭語でも結語に「かしこ」を使うことができますが、「かしこ」はややカジュアルな印象を与えるため、ビジネス関係者や目上の人に使うには不向きと言えます。

新茶の候以外の5月の時候の挨拶はある?


新茶の候は5月上旬しか使えない時候の挨拶のため、5月中旬や下旬に使える時候の挨拶が知りたい方は多いでしょう。

ここでは、5月に使える新茶の候以外の時候の挨拶をご紹介します。

立夏の候

5月5日頃から19日頃まで使える時候の挨拶です。

立夏とは二十四節気の一つで、旧暦では夏の始まりという意味がありますよ。

小満の候

5月21日頃から6月5日頃まで使える時候の挨拶になります。

小満は二十四節気の一つで、太陽の光を浴びて万物がすくすくと成長するという意味があります。

小満や立夏など二十四節気にちなんだ時候の挨拶は、使える期間が明確に決まっています。

軽暑の候

5月全般に使える時候の挨拶です。

軽暑には春の穏やかな日差しが夏らしい強さに変わり、少しずつ暑さが増してくるという意味がありますよ。

ただし、暖かい南の地域ではすでに夏本番の暑さを迎えていたり、寒い北の地域では暑さを感じられない天候の可能性もあるので、そのような場合は使わない方がよいでしょう。

新緑の候

5月全般に使える時候の挨拶になります。

本格的な夏を前に、木々や草の若葉の瑞々しさを感じられる時期になりましたね、という意味があります。

すでに本格的な夏を迎え、緑が濃くなっている地域に送る手紙やはがきには使わない方がよいでしょう。

薫風の候

5月全般に使える時候の挨拶になります。

薫風とは若葉の香り混じった風のことで、「葉の青々とした香りが風に漂う時期になりましたね、」という意味になりますよ。

Wordであいさつ文や定型文を挿入する方法

仕事上で取引先の相手にあいさつ文を送る、目上の人に手紙やはがきを出す時などに、「書き出しに悩んでしまい、なかなか作業が進まない」なんてことはよくあるのではないでしょうか。

そのような時はWordを利用してみましょう。

Wordにはあいさつ文のテンプレートがあるので、参考にすると作業が捗りやすくなりますよ。

ここではwordを使ったあいさつ文や定型文の挿入方法をご紹介します。

手順

①Wordを開きます

②挿入タブをクリックします

③テキストのところにある「あいさつ文」をクリックします

④あいさつ文の挿入を選びます

⑤何月のあいさつ文を作成するのか、最初に月を選びましょう

⑥月のあいさつ、安否のあいさつ、感謝のあいさつをそれぞれ選びます

⑦選んだら「OK」をクリックしてください

⑧Wordに選んだ文章が表示されます

ポイント

Wordではあいさつ文だけではなく、あいさつ文の後に続ける「起こし言葉」や「結び言葉」も選ぶことができますよ。

挿入タブ→テキストのあいさつ文をクリックした後、起こし言葉もしくは結び言葉を選んでください。

まとめ

新茶の候は5月上旬に使える時候の挨拶です。

新茶は八十八夜に摘む茶葉を指すため、立春から88日後となる5月1~2日から10日ほどまで使える時候の挨拶となりますよ。

4月中旬や5月中旬に新茶の収穫を行っている地域でも、新茶の候は使えないので注意しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました